大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「選ばれる基準」

      2017/10/10

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」とは、
日本の最高額紙幣に印刷されている福沢諭吉さんのおことば。

 

しかし、年齢、身長、体重、年収、偏差値、売り上げ、勤続年数…
人は、数字という「基準」を設け、

数値化できないことには、
「スタンダード」というアイディアを持ち込み、
それぞれを比較し合うことで、上下や優劣を決めたい生き物。

自分自身を省みても、複数の人の中から誰かを選び取るとき、
必ず、何らかの基準を持ち込んでいます。

今日は、音楽の世界で、ショービジネスで、
「選ばれる基準」について考えてみようと思います。

 

1. 「若さ」

認めたくない気持ちも、もちろんありますが、
しかし、これはもう決定的なことです。

実力とルックスが同じなら、絶対若い方がいい。

いや、若ければ、実力は、仕事をするうちに身につくから、
とりあえず、下手でもいい。

若さは七難隠すから、ルックスもそこそこでいい。。。

そんな風潮が、業界にはあります。
若さがあると、可能性があります。伸びしろがあります。
若い人に惹かれるのは、本能でもあります。

しかし、「若さ」という価値は、失うのも早いもの。
そして、残念ながら、一度失ったら二度と取り戻せないもの。

「若さ」を売りにしようと焦るよりは、
他の価値を高めた方がよさそうです。

 

2.「ルックスのよさ」

生まれながらにルックスのいい人というのがいます。

美人である。ハンサムである。スタイルがいい。
体格がいい。。。などなど、
なんにもがんばらなくっても、人の目を惹く人は、
どこの世界にもいるものです。

ルックスがいいものに、人はなぜ惹かれるのか?

ある研究によれば、それらはすべて、
健康で、優秀な遺伝子を残したいという本能によるものだそうです。
つまり、肌や髪、歯の美しさは健康の象徴。

華奢な女性であれば、支配的な男性の欲求を満たしますし、
肉感的な女性であれば、
元気で丈夫な赤ちゃんをたくさん産んでくれそうです。

身長の高い体格のいい男性は、外敵から守ってくれそうですし、
筋骨隆々のたくましい男性は、
獲物をたくさん捕って帰って来てくれそうでもあります。

ルックスは、ある程度、自分の努力で変えられます。

反対に、生まれながらにルックスがよくても、
不健康で怠惰な生活を送っていれば、
姿勢が悪くなったり、筋肉がなくなって太ってしまったり、
清潔感がなくなったり、艶感がなくなったりと、
「選ばれないルックス」になってしまうわけです。

あきらめないでがんばりたい領域です。

3. 「ユニークさ」

他の人と違う何かを持っているかどうかが、
選ばれる上で、一番大きなポイントでしょう。

たとえば、複数の圧倒的なセールスポイントがある。

歌も、ブレイクダンスも圧倒的にうまい。
ギターの名手で、ピアノもバリバリ弾ける。
作詞作曲だけでなく、打ち込みやアレンジができる。
誰よりも高い声が出るだけでなく、英語も堪能。

などなど。
たとえば、経歴がユニーク。

家族が有名人、
スポーツやビジネスなど、異業種で才能を発揮していた、
高学歴である、
ライブやSNSなどですでに多くの支持者を得ている・・・などなど。
たとえば、音楽家でありながら、他の才能もある。

モデルばりに美しい。
男性or女性の区別がつかない声とルックスを持っている。
バレエや日舞が鮮やかに踊れる。

などなど。

あきらめずに探せば、誰にでも、他の人にはない
ユニークなセールスポイントが絶対あるものです。

それを見つけて、磨き上げる。
わかりやすく、見せて行く。

そんな努力が大切ですね。

 

 

選ばれ続ける人になるためには、やっぱり不断の努力が必要。

大切なことはまだまだありそうですが、
長文になっちゃったので、今日はこんなところで!

14799969_s

 - The プロフェッショナル, 夢を叶える

  関連記事

最終判断は「直感」!

「ここまで歌えるようになったら、最低限の準備は整った」 「今の自分が歌える最高レ …

キラキラ✨してなんぼ。

最近あんまり聞かなくなりましたが、少し前まで、 SNSで自分の毎日の生活が充実し …

「作品」は、鮮度の高いうちに世に出す

食べるものに鮮度があるように、 人がクリエイトするものにも鮮度があります。 どれ …

「自分の感性をリセットする」

一昨日の『The ワークショップ Show』を振り返って、 今日は自分自身のこと …

「腕は良いのに仕事が来なくなる人」

音楽業界には、 「なんであの人に、あんなに仕事くるんだろうね〜?」と影で噂される …

どうせやるなら「ザ」のつくプロフェッショナルを目差せ!

先日、とある販売店でのこと。 まだまだ新米臭のある若者が、私たちの担当になりまし …

「才能」ってなんだ?

若かりし頃から、 「恵まれた人」に対する強烈なコンプレックスを抱えて生きて来まし …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

「もっと遊べ!」という謎のワード

「MISUMIちゃんは、もっと遊ばなくっちゃ。」 来る日も来る日も歌のことばかり …

「譜面がなくちゃだめ」と思ってしまう自分にまず疑問を持つ

「ボクは音楽は全然ダメですよ。そもそも譜面が全く読めないんだから」   …