大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

やる気が出ないときは、やっちゃダメ!

      2015/12/20

「なんか、どうもやる気がでなくって。
これじゃいけないと思うんですけど。。。」

人には「やりたくないとき」というのがあります。

疲れているとき、
体調が悪いとき、
寝不足なとき、など、身体がつらいときもあるでしょう。

人間関係で気になることがある、
悩み事がある、
恋をしている、
他に楽しいことがあるなどなど、気持ちが向かないときもあるでしょう。

また、これといった理由はないけれど、
なんだかやる気がでないなぁ、なんてときもあります。

「これじゃいけない!がんばらなくちゃ」と思うほど、
気持ちが落ち込んで、さらにやる気がでなくなる。

無理やりやろうとしても、全然集中できない。

そうなると、真面目な人ほど、思い詰め、
自分のやる気のなさと、自己嫌悪の板挟みになり、
ときには、食に走ったり、自暴自棄になってお酒に走ったりしてしまう。。。
さらには、余計だらだらしたり、遊んだり、買い物したりしてしまう。。。

こんなとき、私がするアドバイスはひとつです。

やる気が出ないときは、やっちゃダメ!

これだけです。

やる気が出ないのは、エネルギーレベルが下がっているから。

それは、「しばらく忘れて、ぼ〜っと過ごしなさい」というメッセージ。

そんなときに無理矢理がんばったって、ろくなことはありません。
能率は上がらないし、精度は低い。
時には、さらなる不調を招くこともあります。
嫌いになってしまうことさえあるでしょう。
まさに時間の無駄です。

だから、やらない。

時には学校だって、仕事だって、人に迷惑をかけない範囲で、
休んだっていいと思うのです。

そして、大切なのは、やらないことで、罪の意識を感じないことです。

やりたくないんだもん、やらなくていいんです。むしろ、やっちゃいけないんです。

他にやりたいことがあるなら、それを思いっきり楽しむ。
だらけたいなら、100%完璧に堕落する。

そこで、中途半端に、
「あぁ、でも、ほんとは、あれをやらなくちゃいけないのに、
こんなことしてて、いいのかなぁ。。。」
などと思うから、やる気のなさが後を引くのです。

堕落に堕落を重ねる。
遊ぶときは振り切って遊ぶ。
他のことをやるなら、徹底的に、飽きるまで楽しむ。

やがてまた、かちっと、スイッチが入ります。
そしたら、全力でがんばればいいのです。

そのまま一生スイッチが入らないなら、それまでのことだったということ。

さっさと忘れて、
他の、一所懸命やりたいことを、思いきりがんばってください。

28038470_s

 - Life

  関連記事

自分を好きになる10の方法

自己評価が低いと、なにをやっても心底楽しめないばかりか、 行動の精度もあがらない …

手っとり早く「オーラ」を身にまとう方法

「なんか、あの人、オーラがある。」 「あの人がいると、そこだけが輝いて見える。」 …

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

風邪に克つ方法

普段、どんなに目の前でゲホゲホやられても、 「そんな風邪は絶対にうつらない」、と …

やりたいことを、「はじめるコツ」

人は「はじめられない」生き物です。   何かをはじめるということは、自 …

けなし上手 vs. 誉め上手

「MISUMIは音痴だからさぁ。」 「ほら、あんたって、お勉強はできるけど人間的 …

no image
人はアウトプットすることで成長する

「学ぶ」といえば、本を読んだり、音楽を聴いたり、人の話を聞いたりと、 インプット …

迷ったら「続ける」、迷ったら「始める」

「今の仕事を続けていても、なんにもならないんじゃないか?」 「この人間関係を続け …

「失敗しても、それでいいんだ」

「失敗しても、それでいいんだよ」   ここぞと言うときに、人は、さまざ …

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。 バイトは朝の9時から夕方5時まで …