大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

プロへの突破口『デモ音源の渡し方?』

   

「こんにちは!はじめまして。
私、歌やってるんですけど、私のCD聞いてもらえますか?」

友人のLIVEを見に行って、
知らない人に、いきなり音源を手渡されることがあります。

もしくは、自分のLIVEの楽屋に、
誰それの知人だからと、いきなり音源を持って現れ、
上記のようなことを言うツワモノもいます。

冗談のような話ですが、実によくあるんです。
一方で、このブログを読んで、
「しまった!」と思う人も多いかなぁ。。。

営業熱心なのは大切なことです。
「一所懸命」と捕らえる人もいるでしょう。

しかし、自分の身になって考えてみてください。

友達と食事に行ったレストランで、通りすがりの人に
「よかったらこれ、読んでください」と無料冊子を渡される。
あなたは、その無料冊子を持って帰りますか?
興味を持って読みますか?

もしくは、自分が出た試合の応援してくれていた見知らぬ人が、
競技が終わっていきなり控え室にやってきたかと思うと、
「自分も同じ競技やってるんですけど、
よかったらちょっと自分のプレイ、見てくれませんか?」と、
DVDを手渡す。
あなたはどう感じますか?
へぇ、すごいねぇ〜と、家に帰ってそのDVDを再生しますか?

残念ながら、こうして手渡すCDは、
8割、いや9割は聞いてもらえないと思って間違いないと思います。
ごめんなさい。
でも、聞かないんです。

手渡された音源を聞いてみようと思うのは、下記5つの場合。

1.自分がよく知る誰かに、
「是非、聞いて、何か感想を言っやってよ」と頼まれたとき。

自分が信頼する人に推薦されたり、
義理ある人に頼まれれば、もちろん、聞きます。

2.何度も顔を合わせたことがあり、感情移入できる相手であるとき。
また、相手が自分のファンや、自分を尊敬している人で、
どうしても、自分に聴いて欲しいという情熱を持って、
接してくるとき。

何度か話したことがある、気の合う相手や、
自分のライブに何度も足を運んでくれる人なら、
もちろん、聞かなくちゃ、という気持ちになります。

学生などからもらうデモも、この範囲です。

3. 次回、その人にいつ会うのかが決まっていて、
感想を言わざるを得ないとき。

興味が持てなくても、やはり人は、
「冷たい」とは思われたくないもの。
だから聞きます。
多くの場合は、何とか感想をひねり出します。
4.渡された相手が、以下のどれかに当てはまるインパクトを持っていたとき。

・ルックスがものすごくカッコイイ、または気になる
・こいつは違う、という見過ごせないインパクトを持っている
・外国人、ハーフ、有名ミュージシャンの血縁、富豪、高学歴、
一流ビジネスマン、帰国子女・・などなど、
特殊なプロフィールがある…etc.etc.

この場合は、思わず聞いてしまう、という感じでしょうか。

5.自分が探していた、または知人が探している、
新人ミュージシャンの条件に当てはまるとき。

タイミングがあうというのはこういうことです。
運と縁があえば、面白いことになります。
ただし、滅多にありません。

もちろん、世の中には優しい人も、義理堅い人もいますから、
渡された音源は丁寧に全部聞く、という人もいるでしょう。

だから、渡すな!というわけではないんです。
数打ちゃ当たる、とばかりに、山のように配っていれば、
いいという考え方もあるでしょう。

でも、せっかくプロモーションとして渡すものならば、
少しでも、聞いてもらえる確率は高い方がいい。

まして、なんだこいつ!?と思われたら、絶対マイナスです。

大切なことは・・・

せっかく自分の作品を聴いて欲しいと渡すなら、
本当に聞いて欲しい人だけに、情熱を持って渡す。

相手の気持ちや状況を考え、渡せるタイミングをしっかり捕らえる。

そして、聞いてくれた相手を損した気持ちにさせないような、
グレードの高いものを渡す。

効果的なデモ音源については、また書きますね。

14034600_s

 - プロへの突破口, 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

やっぱ、近道はないのよね

「おとうさんの知り合いにレコード会社の人がいるんだけど、会ってみる?」 「仕事関 …

no image
技術によって人間は進歩するのか、退化するのか?

技術によって人間は進歩するのか、退化するのか? はじめてレコーディングのお仕事を …

no image
限りなく「百発百中」を目差す

プロとアマチュアの圧倒的な違いは、 そのパフォーマンスに対する信頼度です。 人間 …

no image
変声期後の、いわゆる「音痴」をなおす方法

さて、昨日は変声期とはどういうものかについて書き、 興味深い資料のリンクをご紹介 …

「運」を手に入れる方法

「どんなに才能があっても、どんなに努力しても、運がないヤツは成功できない」 そん …

ピッチの悪い歌が致命的な理由

音楽はピッチ(音の高さ)という概念があるから成立するもの。 どんなにリズム感がよ …

no image
集中を阻むのは「準備の悪さ」

集中力を瞬時に発揮するためには、何らかのスイッチが必要です。 記録を競うスポーツ …

no image
話す発声と歌う発声?

「話す発声と歌う発声って違うんですよね?」 よく耳にする、不思議な疑問文です。 …

大きな波を引き寄せる

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、 来るときには、ど〜〜っと来て、 …

no image
聴覚 視覚 筋感覚

歌がうまくなりたい、いい声になりたい、と思うなら、 研ぎ澄ましたい感覚が3つあり …