大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

書くことについて、思いきり語ってしまった。

      2015/12/20

昨年秋から「ことばの断捨離」と位置づけて、
ブログを綴っているわけですが、

書くほどに、音楽は、歌は、
そしてプロフェッショナルであるということは、本当に深い、
さまざまな要素がからみあって成り立っているのだなぁと、
しみじみ思います。

だから、語りたいことは、書いても、書いても、書き尽くせません。

「あんなに毎日書いていて、もったいなくないの?」
などと言っていただくこともありますが、
私が書いているのは、真実。
少なくとも、私が真実と信じることであって、
誰も知らないシークレットなんかじゃありません。

人類が何万年も進化していない以上、
歌や音楽に関して、誰も聞いたこともないようなシークレットなんか、
存在しないんです。

私は、ただ、それを言語化して、確認しているだけ。

だから、読んでくださる方、
共感してくださる方が、たくさんいるということは、
本当にありがたい事だと思っています。

歌うことを人に教える、語る以上、
自分自身のプロフェッショナルとしての経験や技術、
そして、ヴォーカリストとしての資質が問われることは、
当たり前のこと。

たいしたやつでもないくせに、生意気なこといいやがって、と、
面白く思わない方もいるでしょう。

それでも、どんな風に人に思われるかということよりも、
自分が人に何を与えられるかということにフォーカスし、
虚構のない、一時の思いつきでない、普遍的な内容を心がけています。

届けたい人たちの顔を心に思い浮かべ、
誠心誠意書いています。

プロだからすごいんじゃない。
いっぱい勉強して、なんでも知っているから偉いんでもない。
超絶技巧だから絶対というわけではないし、
有名だからと尊敬に値するわけでもない。
だからといって、「無名だから何だ?」と開き直るのも痛々しい。

経験則だけで何かを語ってもダメだし、
頭でっかちな知識だけを押しつけたって意味はない。
こんなにすごい仕事をいっぱいしてきました、っていうのも、
一緒に仕事をした有名人の名前を並べ立てるのも、
過去の栄光にすがるようで、もの悲しい・・・

語る価値のあることを、語れる人間でいるために、
今の私にできることは何か?

伝えたいことを過不足なく伝えられるような言葉を、
今日の私は選べているか?

そんな自問自答を繰り返す日々です。

何年か後に、読み返してみれば、
顔から火が出るようなこともあるでしょう。
「ああ書いたけど、間違ってました!」と、
あやまることもあるかもしれません。

私にとって、書くことは勇気です。
書くことは決意であり、自己表現のひとつでもあります。

そんな風に、今日もPCに向かっているのです。

 

なぜか、ひどく、
自分が書くことについて、語りたくなってしまった夜でした。

今日も読んでくださったあなたに、心からの感謝を。

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「答え」が違うのじゃない。そもそも「質問」が違うのだ。

ずいぶん昔のお話です。   雑誌の付録に「美人顔の条件」というようなの …

地球の裏側まで、掘って掘って掘りまくる。

「チャンスをつかむこと」や「物事が好転すること」をたとえて、 「扉が開く」と言う …

91センチの挫折

自己啓発書の普及の名作といわれる『思考は現実化する』には、 金が採れるといわれる …

「好きなことを仕事にできていいですね。」

「好きなことを仕事にできていいですね。」     はじめてこ …

「自信」に根拠なんか、いらない。

ヴォーカルのプロとしてさまざまなお仕事をしながらも、自分に全然自信が持てなかった …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

「初めて」が「自分の基準」になる!

オーディションなどの審査をするとき、 最初に出てきたパフォーマーが、まずは採点の …

ミュージシャンに、定石も王道もない!

「MISUMIさんは、何才から歌っているんですか?」 「やっぱり楽譜が読めないと …