大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

書くことについて、思いきり語ってしまった。

      2015/12/20

昨年秋から「ことばの断捨離」と位置づけて、
ブログを綴っているわけですが、

書くほどに、音楽は、歌は、
そしてプロフェッショナルであるということは、本当に深い、
さまざまな要素がからみあって成り立っているのだなぁと、
しみじみ思います。

だから、語りたいことは、書いても、書いても、書き尽くせません。

「あんなに毎日書いていて、もったいなくないの?」
などと言っていただくこともありますが、
私が書いているのは、真実。
少なくとも、私が真実と信じることであって、
誰も知らないシークレットなんかじゃありません。

人類が何万年も進化していない以上、
歌や音楽に関して、誰も聞いたこともないようなシークレットなんか、
存在しないんです。

私は、ただ、それを言語化して、確認しているだけ。

だから、読んでくださる方、
共感してくださる方が、たくさんいるということは、
本当にありがたい事だと思っています。

歌うことを人に教える、語る以上、
自分自身のプロフェッショナルとしての経験や技術、
そして、ヴォーカリストとしての資質が問われることは、
当たり前のこと。

たいしたやつでもないくせに、生意気なこといいやがって、と、
面白く思わない方もいるでしょう。

それでも、どんな風に人に思われるかということよりも、
自分が人に何を与えられるかということにフォーカスし、
虚構のない、一時の思いつきでない、普遍的な内容を心がけています。

届けたい人たちの顔を心に思い浮かべ、
誠心誠意書いています。

プロだからすごいんじゃない。
いっぱい勉強して、なんでも知っているから偉いんでもない。
超絶技巧だから絶対というわけではないし、
有名だからと尊敬に値するわけでもない。
だからといって、「無名だから何だ?」と開き直るのも痛々しい。

経験則だけで何かを語ってもダメだし、
頭でっかちな知識だけを押しつけたって意味はない。
こんなにすごい仕事をいっぱいしてきました、っていうのも、
一緒に仕事をした有名人の名前を並べ立てるのも、
過去の栄光にすがるようで、もの悲しい・・・

語る価値のあることを、語れる人間でいるために、
今の私にできることは何か?

伝えたいことを過不足なく伝えられるような言葉を、
今日の私は選べているか?

そんな自問自答を繰り返す日々です。

何年か後に、読み返してみれば、
顔から火が出るようなこともあるでしょう。
「ああ書いたけど、間違ってました!」と、
あやまることもあるかもしれません。

私にとって、書くことは勇気です。
書くことは決意であり、自己表現のひとつでもあります。

そんな風に、今日もPCに向かっているのです。

 

なぜか、ひどく、
自分が書くことについて、語りたくなってしまった夜でした。

今日も読んでくださったあなたに、心からの感謝を。

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

学習や休養のためのスケジュールを優先的にブロックする

仕事が忙しくなって自由な時間がなくなってくると、 自分が本来取り組みたかったはず …

音楽環境が人をつくるのか。 人が音楽環境を選ぶのか。

今はもうすっかりおとなの甥っ子が、幼稚園生だった頃の話です。 アニメ関係の仕事を …

「打たれ強い人」になる唯一の方法

世の中には先天的に打たれ強い人というのがいるものです。   ガラスのハ …

「戦略とは何をやらないかを決めること」

「戦略とは何をやらないかを決めること」。 ビジネスの世界で、よく言われることばで …

地球の裏側まで、掘って掘って掘りまくる。

「チャンスをつかむこと」や「物事が好転すること」をたとえて、 「扉が開く」と言う …

「時間」

少し前までは平成生まれと聞くと、 隔世の感があって、がっくりきたものですが、 今 …

大きな波を引き寄せる

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、 来るときには、ど〜〜っと来て、 …

「やりたいことなのにがんばれない」の7つの理由

「やらなきゃいけないって、わかってるんですけどね・・・」 「いや、本当にやりたい …

鈍才は総合力で勝負なのだ

【生まれてこの方、真面目に練習なんかしたことがない」という天才がいます。 こども …

「自分が嫌い」の爆発的エネルギー

思うように行かないことは、いつだってあります。 自分が望むような方向に人生が流れ …