大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

うまく行かないときは、自分自身の棚卸しをする

   

世の中は結構不公平にできています。

必死に必死にがんばっていても、
なかなか認められない。
チャンスが巡ってこない。
これ以上、何をしたらいいのかわからない。。。
という人もいれば、

好きなことを、ただ、楽しくやっているだけなのに、
どんどん話題に上って、
まわりに人やお金が集まってくるという人もいる。

成功法則や、スピリチュアル系の本、自己啓発書に頼るのも、
ときに有効ですが(私も結構好きですが)、

その前に、一度、自分自身のキャリアやリソースの棚卸しをしてみると、
意外な発見があります。
そこから、思いがけない転機になることもあるのです。

例えば・・・

音楽をやりたい理由はなにか?と、根本的な動機を掘り下げてみる。

理由なんかない!音楽しか生きている理由はいらないんだ!

という人もいれば、

モテたい。
有名になりたい。
金持ちになりたい。
自分はすごいんだって証明したい。

という理由の人もいるでしょう。

もしかしたら、音楽を続ける理由に、
まわりに対する意地、というのもあるかもしれません。

それならば、音楽じゃなくてもいいんじゃない?という選択肢が広がるかもしれない。

自分自身の生い立ちや、経歴を棚卸しすると、

本当は、もっと違う音楽がやりたいのかもしれない、
本当の自分自身と、今の自分は少し距離があるかもしれない、
と気づくこともあるでしょう。

転職を考えたり、新たな道を模索したりするきっかけにもなるかもしれません。

自分自身の活動や協力者を棚卸しすることで、

新たな自分の音楽のターゲットが見えることもある。
新しい世界観が広がることもあるでしょう。

今、自分のまわりにいてくれる人たちに対する敬意が足りなかったと、
反省するかもしれません。

うまく行っている人たちは、
自分自身をよくわかっているからうまくいくのか、
それとも、うまく行くから、自分を認められるのか。
私にはわかりません。

 

でも、うまくいかない。と嘆く前に、
自分自身が持っているものに、もう一度想いを向ける。
感謝する。

そんなことが、自分自身へのリスペクト、。
次につながるパワーになります。

前進しようと焦るばかりに、時に忘れがちな、自分自身を、
じっくり棚卸ししてみましょう。

 

20330630_s

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
反面教師という大切な存在

「こんなピッチの悪い歌をわざわざ持ってきて、人に聴いてくださいって言える神経がわ …

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …

自分の中心を確認する

やらなくちゃいけないことが多すぎる。 会わなくちゃいけない人が多すぎる。 忙し過 …

no image
問題意識とスリルが「学び」のカギ

人の話を素直に聞く、言われたことを一所懸命やる、ということは、 人にものを教わる …

no image
「答えは本の中にある」。きっと。

「わからないことがあったら本屋へ行け」 父が教えてくれたことです。 「世界中これ …

雑念チェーンをぶった切る!

練習や課題に集中できないとき、どうしていますか? 凡人には雑念がつきものです。 …

no image
会社を設立して5年が経ちました

2008年8月8日。 マジカルトレーニングラボという会社を作って、 丸5年が経ち …

ピッチの悪い歌が致命的な理由

音楽はピッチ(音の高さ)という概念があるから成立するもの。 どんなにリズム感がよ …

no image
仕事が嫌ならいつでもリセットすればいい

レコーディングの仕事に呼ばれるようになったばかりの、 駆け出しのころ。 現場の雰 …

その役の人生を生きる〜名歌手は名優である〜

父の影響で、こどもの頃から洋画が大好きで、 素晴らしい映画や、役者たちの名演技に …