大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ミュージシャン」という人生を生きる

   

先日マーリンズに入団が決まったイチロー選手が、
「現役最年長の野手として
開幕を迎えることになりそうな状況ですが・・・?」
という記者からの質問に、

「恐ろしいです」と言いながらも、

「25歳でも45歳に見える人がたくさんいます。
その反対であることができるように、
ちょっとずつ前に進みたいと思っています。」
と、答えていました。

カラダを使って仕事をする人には、
いや、おそらく、カラダではなく、頭を使って仕事をする人にも、
みな、遅かれ早かれ、年齢と向き合う時期が来ます。

ここではあえて、「戦う」ではなく、「向き合う」と書きたい。
「戦う」というのは少しネガティブな意味合いが含まれるからです。

サッカーの三浦知良選手は、かつて、
「自分は30過ぎて、実際に肉体的にはどんどん、
どんどん大変になっていく中で、
本当の意味のサッカー選手になれたのは最近かなと思えるんです。」
と言っていました。

年を重ねることによって、失うものも多いけれど、
得るものはもっと多い。

肉体だけの勝負では、もちろん、年齢が若い方が勝つでしょう。
でも、その先の世界が見えるとき、
音楽も、スポーツも、もっともっと意味深く、楽しいものになる。

若いうちは、時間を無駄にしないで、必死に音楽を学んで欲しい。
ときにガツガツ、ときに焦って、前へ前へと進んで欲しい。
若いうち、徹底的に、精一杯、学ばなければ、
やりきらなければ、次の10年、20年、音楽を続けられないからです。

ある程度の年齢に来たら、
今度は焦らず、じっくり音楽に取り組んで欲しい。
1年、2年、時間を焦る時期は、20代で終わり。
必死に、焦れば焦るほど、続けるのが辛くなるからです。
要求されるのはクオリティ。そして、音楽を本当に楽しめるマインド。
その2つこそが、自分のステージをあげてくれるでしょう。
人生の折り返しを過ぎた頃から、音楽は、ますます楽しくなる。
本当の楽しさを、やっと味わえるような気持ちになる。

大切なのは、やっぱり続けること。
続けられるような、自分でいること。
仲間を大切にすること。
そして、健康で、長生きすること。

今日、還暦のお誕生日を迎えたスーパーROCKドラマー、
向山テツさんのパーティーに参加して、
たくさんのミュージシャンと再会して、
そんなことを思ったのでした。

12354707_s

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
戦いに勝つのは、最後まで立っていたヤツ

人の戦い方はいろいろです。 100メートルを軽やかに駆け抜けて、 真っ先にテープ …

ミュージシャンに向いている人って?

「ミュージシャンに向いている人ってどんな人ですか?」 そんな質問を時々受けると、 …

no image
絶対的なクオリティしか口コミは起こせない

最近フリーで仕事をしたいという人が増えているようです。 時間に縛られない。 好き …

no image
1年前の、1年後の自分との距離感。

1年という時間はあきれるほど速く流れて行きます。 その速度は生きた年月に比例して …

no image
「知は力」・・・発声の科学を学ぶ意味

歌の上達の一番の早道は、 なんといっても優れた歌い手を徹底的に研究し、真似てみる …

飲み会で声が枯れちゃう3つの理由

「講演会などでは、いくら話しても声が枯れないのに、 その後の懇親会などで話してい …

no image
「歌う環境」をつくる。

5年ほど前、某レコード会社のディレクターさんに連れられて、 女性R&Bシ …

no image
「妥協点」と「落としどころ」は決定的に違う

複数の人とクリエイティブな作業をしていると、 必ず、意見が分かれるときがあります …

no image
「自分の声は変えられますか?」

「自分の声は変えられますか?」 異業種交流会のような場で、 名刺を出して、私の仕 …

雑念チェーンをぶった切る!

練習や課題に集中できないとき、どうしていますか? 凡人には雑念がつきものです。 …