大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「変化」を恐れずに生きる

      2015/12/20

10代の頃は、10代のうちに死にたいと思っていました。

10代が一番美しい。
穢れたオトナになるくらいなら、
いっそひと思いに、10代のうちに美しく生涯を閉じたいと、
美意識の高い友達と美術の課題をやりながら話していたのを、
今も鮮明に覚えています。

20代になって、「女の人生は24までが勝負」と決めつけました。
25になったら「おばはん」だ。
24までが売り時のクリスマスケーキと同じ。
25になったら、もう年貢の納め時だと。

29才で、30になったらできないことを、今、全部やらなくちゃと思いました。
やりたくてもできなかったことを、なんでもかんでも手当たり次第試しました。
アメリカに渡り、オーディションを受けまくり、
ライブのステージに立ちました。

35才になったとき、
あれ?年齢ってなんだっけ?と、ふと、立ち止まりました。

35才も、36才も、37才も。。。
年齢を数えるなんて、何の意味もない。
意味づけしたり、リミットを決めつけたりしているのは、
結局自分自身なのだと気づきました。

数字のゲームから自由になって、
自分の価値観だけで時間を計れるようになったのです。

 

40才を過ぎると、今度は数字ではなく、
自分自身の身体の限界と直面することになります。

単なる数字のゲームじゃなく、
現実的な、体力の限界や、肉体と脳の衰えに、
愕然としたり、自らを哀れんだり。

その時に、はじめて、
自分自身の本質的な価値を模索するようになりました。

同時に、芸術や文学やスポーツ。
人類が長いことかけて育ててきたものの、
本当の価値に巡り会えた気がしました。

後輩たちの人生を、違った視点から見られるようになったのも、
この頃からです。

 

長いこと生きているうちに、
人のステージはさまざまに変化します。

ステージが移っていくということは、それだけで、すごく価値のあること。

 

どんな仕事についても、誰と一緒に過ごしても、
人生を大切にしていくために大切なことを考えてみました。

 

1. 変化を、勇気を持って受け入れること。

生きているものは変化する。
変化を止めてしまったものは、腐敗するか、風化するしかない。
どんな変化も、ポジティブに受け入れる。勇気を持って、向かって行く。
本当の価値は、その先に生まれる。

2. どんな選択をしても、自分自身をけして恥じぬこと。誇りを持つこと。

うまくいかないとき、人のせいにすれば、楽だろうか?
人生はすべて自分の選択であることを受け入れれば、
どんな選択も積極的に自分が選び取っているということになる。
未来を自ら選び取るのか、未来に選ばれるのか。
誇り高く歩むことが、自分をさらに先まで連れて行ってくれる。

 

3.どんなときも、自分のベストを尽くしきること。

人生に「こんなもんか」はない。
自己ベストを更新し続けてこそ、意味が生まれる。
楽しく、ワクワクしながらも、ベストを尽くすことこそが、
最高の自分に出会うために必要なこと。

 

勇気とコミットメント。
そして、どんなときも、自分自身を愛し続けること。

難しいけど、結局それしかないのだと、思うのです。

For you。

30856712_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

一瞬一瞬を大切に、大切に生きる。

ブログを書くようになって、 日々、自分の過去の記憶をたどっています。 ところが、 …

ことばに体温を宿す

「じゃ、とりあえずバランスチェック兼ねて、一度つるっととお願いします。 単独は1 …

リスペクトくださいっ!

私の通った女子校には、なんとも不思議な風習がありました。 学校のある駅を降りた瞬 …

「妄想」は所詮「妄想」です。

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、 (今となっては理由は定かでは …

「夢喰って生きられないぞ」

大学3年だったか、それとも4年生だったか。 アルバイトをしていた東京タワーのおみ …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

「自分」というジャンルを極める

「らしくあれ」。 女子高生時代、創立者のありがたきおことばとして、 朝礼などで、 …

うるさぁあああいっ!

数件先に、小さな公園があるせいか、 それとも、徒歩3分ほどのところに小学校がある …

自分が見つけたかった音楽の興奮や感動は、今もそこにあるか?

何かを必死に追いかけ続けていると、 ふと、なぜ追いかけてきたのだったか忘れてしま …