大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「変化」を恐れずに生きる

      2015/12/20

10代の頃は、10代のうちに死にたいと思っていました。

10代が一番美しい。
穢れたオトナになるくらいなら、
いっそひと思いに、10代のうちに美しく生涯を閉じたいと、
美意識の高い友達と美術の課題をやりながら話していたのを、
今も鮮明に覚えています。

20代になって、「女の人生は24までが勝負」と決めつけました。
25になったら「おばはん」だ。
24までが売り時のクリスマスケーキと同じ。
25になったら、もう年貢の納め時だと。

29才で、30になったらできないことを、今、全部やらなくちゃと思いました。
やりたくてもできなかったことを、なんでもかんでも手当たり次第試しました。
アメリカに渡り、オーディションを受けまくり、
ライブのステージに立ちました。

35才になったとき、
あれ?年齢ってなんだっけ?と、ふと、立ち止まりました。

35才も、36才も、37才も。。。
年齢を数えるなんて、何の意味もない。
意味づけしたり、リミットを決めつけたりしているのは、
結局自分自身なのだと気づきました。

数字のゲームから自由になって、
自分の価値観だけで時間を計れるようになったのです。

 

40才を過ぎると、今度は数字ではなく、
自分自身の身体の限界と直面することになります。

単なる数字のゲームじゃなく、
現実的な、体力の限界や、肉体と脳の衰えに、
愕然としたり、自らを哀れんだり。

その時に、はじめて、
自分自身の本質的な価値を模索するようになりました。

同時に、芸術や文学やスポーツ。
人類が長いことかけて育ててきたものの、
本当の価値に巡り会えた気がしました。

後輩たちの人生を、違った視点から見られるようになったのも、
この頃からです。

 

長いこと生きているうちに、
人のステージはさまざまに変化します。

ステージが移っていくということは、それだけで、すごく価値のあること。

 

どんな仕事についても、誰と一緒に過ごしても、
人生を大切にしていくために大切なことを考えてみました。

 

1. 変化を、勇気を持って受け入れること。

生きているものは変化する。
変化を止めてしまったものは、腐敗するか、風化するしかない。
どんな変化も、ポジティブに受け入れる。勇気を持って、向かって行く。
本当の価値は、その先に生まれる。

2. どんな選択をしても、自分自身をけして恥じぬこと。誇りを持つこと。

うまくいかないとき、人のせいにすれば、楽だろうか?
人生はすべて自分の選択であることを受け入れれば、
どんな選択も積極的に自分が選び取っているということになる。
未来を自ら選び取るのか、未来に選ばれるのか。
誇り高く歩むことが、自分をさらに先まで連れて行ってくれる。

 

3.どんなときも、自分のベストを尽くしきること。

人生に「こんなもんか」はない。
自己ベストを更新し続けてこそ、意味が生まれる。
楽しく、ワクワクしながらも、ベストを尽くすことこそが、
最高の自分に出会うために必要なこと。

 

勇気とコミットメント。
そして、どんなときも、自分自身を愛し続けること。

難しいけど、結局それしかないのだと、思うのです。

For you。

30856712_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「99人が同じ方向に行っても、お前は自分の頭で動け。」

『小学校の時、クラス全員でいたずらをして、大問題になったことがある。父に「なぜや …

だから、嫌いなものは嫌い!

人の価値観はそれぞれです。 高くても、無理しても、 お気に入りのバッグを買いたい …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …

自分の意見を口に出すことを恐れない

最近、若者たちがお互いに対して優しすぎる、と感じています。 バンドのリハーサルを …

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」 「こいつ、こ …

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

「会いたい」というエネルギー

卒業式で「じゃ、またね」と別れて、 それきり一度も会っていない友達、何人くらいい …

自分を好きになるということ。

こどもの頃から、 自分じゃない人間になりたいと思っていた年月があまりにも長くて、 …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …