大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ビジュアル・チェック編〜

      2015/12/20

昨日のブログ、人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜の続編です。

今日はビジュアルチェック。
ファッションとメイクについて書いてみました。

もちろん、私は、ファッションもメイクもプロではありません。
アドバイスというよりは、
あくまでも、パフォーマーとしてのチェックポイントとして読んでくださいね。

まずはファッション。

鏡や写メ、ムービーなどで、後ろ姿、横姿、歩く姿などを
じっくりチェックしてみましょう。

1.清潔感はあるか?

くたびれた服は、当たり前ですが、よほどの意図がない限りNGです。

2.スーツや服がカラダにきちんと合っているか?

男性の場合、体型がどんどん変わるからでしょうか、
パンツやGパンのサイズがぶかぶか過ぎたり、
反対に、シャツやジャケットが窮屈に、
はじけそうになっていたりする姿を
よく見かけます。

また女性の場合は、スカートの長さや形が大きなポイント。
微妙な数センチが、足やカラダをまったく違ったものに見せます。

3.場の雰囲気に合っているか?

Sexyすぎるのもどうかと思いますが、
堅苦しすぎても、ラフすぎても魅力に欠けますよね。
そのさじ加減が難しい。ホントに難しい。

4.自分に似合っているか?

自分に似合う色や形などを見分けるのは、本当に難しいものです。

タレントやアーティスト、モデルなどには、
専門のスタイリストさんがつくのが普通ですが、一般には、なかなかそうはいきません。

センスのいい友人、正直そうなショップ店員さん、
時に専門家のアドバイスを求めて、センスを磨くのが一番のようです。

5.スタイルよく見えるか?

体型は日常の心がけ次第ですが、
ファッションの工夫で、ある程度カバーできるはず。
定期的に雑誌など読んで、研究するしかありません。

6.アクセサリーなどが、視覚の中でうるさくないか。
反対に、シンプルすぎないか。

あまりに動くアクセサリーや、派手すぎるものは、
見ている人の視点がそれてしまうもの。

一方で、「顔の周りに光り物がなさ過ぎると、貧乏くさく見える」という説もあります。

7.

めがねは似合っているか?

めがねって、自分ではなかなかわからないもののひとつですよね。
無難なめがねより、ぐっと派手なものをしてしまう方が、いい場合もあります。

おしゃれな人のアドバイスを求めてください!
8.靴の高さやサイズはぴったり合っているか?

気張ってハイヒールを履くなら、きちんと歩けるかどうかもチェックしたいです。

 

 

次は、 髪型&メイクです。

男性は「そこまでやるの?」とおっしゃるかも知れませんが、
いやいや、人は人の顔を見るもの。

自分がお客さんだったらと考えてみれば、
気になるポイントは、
やはり押さえておきたい。

 

1. 清潔感はあるか?
髪が顔にかかっているのは、端から見るとかなり鬱陶しいものです。

また、日常の灯りなら大丈夫でも、
ライトの下では、顔が影になっている、という場合もあります。
要注意ですよね。

2.髪に艶はあるか?

ヘアメイクさんに教わったことですが、
「髪は、とにかく艶が大事!」だそう。
艶のない髪は、清潔感に欠けますし、これまた貧乏くさくも見えます。
3.肌がてかってないか?くすんでないか?

日頃メイクをしない
男性は特に、
日焼けなどで、顔色がまだらになってしまっていないか、
くすんでないか、かさかさになっていないか、などのチェックが大切です。
男性もパックなどしてみるのもいいらしいので、研究してみてくださいね。

もちろん、男性でも、時にはファンデーションくらい塗る気合いは必要。
肌が汚いと、不潔に見えてしまうんです。
年齢もちょっと大きく見えてしまうそうですよ。

4.メイクは似合っているか?

女性のメイクは複雑なので、ひとことで言えるものではありませんが、
気になるなら、是非一度、プロのアドバイスを受け、
どんなメイクが自分に一番似合うのか、
徹底的に教えてもらうことを強くお勧めします。

プロってホントにすごいですよ。
似合う色や、メイクの方法を教えてくれるレッスンもあります。

さてさて、
自分の胸に手を置いて書いていたら、今日も長文になってしまいました。
こうして書いてみると、道は遠い(^^)))
できること、気になることからひとつずつ、やっていきましょうね!

22088557_s

 

 

 - The プロフェッショナル, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, プロへの突破口

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

耳で聞くのではない。脳で聞くのだよ、明智くん。

少し前、まずオケを聴け!歌うのはそれからだ!という記事で 歌のピッチやリズムが悪 …

歌の学校やレッスンに通う 5つのメリット

「そもそも、音楽やるのに、 なんで学校なんか行く必要があるわけ? 自分の問題なん …

「学校なんかいくら通ったって、 人を感動させられる歌なんか歌えるようにならないだろ?」

音楽やりたい、バンドやりたい、と思った瞬間を覚えているでしょうか? お兄ちゃんが …

パフォーマンスは「鮮度」と「完成度」が命!

「僕は自分の過去には一切興味がないんです。 だから自分の作った作品も全部処分しち …

勘違いか?わかってないのか?はたまた、なめてるのか?

ライブでもレコーディングでも、 いや、リハーサル、または実技の授業などであっても …

慣れたらあかん!

「習うより慣れろ」ということわざがあります。 意味は、 「人や本から教わるよりも …

「じゃ、”ハモる”って、どうするの?」コーラス上達法②

さて、昨日の投稿『きみ、ホントに、よくプロになれたよねぇ。』②でも、 紹介したと …

「圧倒的な安心感」をくれるプレイヤーの条件

魅力的なプレイヤーたちとのパフォーマンスはドキドキ感の連続です。 心地よい音色と …

「ディレクター」や「プロデューサー」に過度の期待をしない

さて、夏休みもそろそろ後半です。   デモができたら、 オーディション …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …