大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

セルフ・プロデュース時代を勝ち抜ける

      2015/12/20

「事務所に入りたい」
「メジャーデビューしたい」

そんな夢を抱いて、オーディションを受けまくっている若者も多いと思います。

もちろん、力ある事務所に所属したり、メジャーレーベルと契約できれば、
ただ学校に通ったり、ひたすらライブハウスでLIVEをしているのと比べ、
チャンスや可能性はぐっと広がります。

心ある、実力もあるスタッフさんと巡り会えば、
1人では思いも寄らなかったような、さまざまな経験ができるかもしれません。

しか〜し、残念ながら、
そんな素敵な事務所や、余裕あるレコード会社、
愛あるスタッフさんは、ほんとに、ほんとに一握り。
(私がお仕事で関わらせているスタッフさんたちは、そんな一握りの人たちですが。
もちろん!(^^))

そして、何が売れるかわからない、
どうやって売れるのかもわからない、こんな混沌とした時代に、

自分のやっていることがちゃんとわかっている、
世の中の流れを的確に把握し、確実に結果を出せる、
・・・そんな奇跡のスタッフさんと巡り会える確率は、ホントに低い。

 

だからね。
待っていちゃダメなんです。

オーディションやコンテストに応募するのもいい。
コネを使って、人に会うのもいい。
LIVEハウスをはしごして、歌い歩くのも、もちろんいい。

でもね、それだけで、何かが起こるのを待っていたらだめです。

この時代、待っていても何も起こりません。

奇跡は自分で起こすもの。

そんなことを証明している人たちが、私の周辺には絶えません。

youtubeで100万アクセスをgetして、メディアで引っぱりだこになった、

ニコニコ動画で話題になって、レコード会社から次々とオファーが来た、

ツイッターで影響力を広げ、大きな仕事をどんどんまかされるようになった、

毎日更新していたブログで、アルファブロガーに上り詰め、出版依頼が途絶えない、

路上ライブでファンを開拓し、公演をすれば常に満員、
テレビドラマにまで出演するようになった・・・などなど、

試行錯誤の末のセルフプロデュースに成功して、
自分の人生を思うままに動かしている人たち。

ごく普通の若者、一般人から、
どんどん道を切り開いていった彼らに共通して言えるのは・・・

1. 失敗を恐れず、インスピレーションに従って、ただひたすら行動したこと。

2. 自分にしかできないこと、大好きなこと、何時間でも続けられること。
そのすべてを満たすことを見つけ出し、極めたこと。

3. 自分自身の想いを徹底的に言語化し、ビジュアル化し、発信し続けたこと。

4. あきらめなかったこと。継続したこと。

5. 「誰か」に頼らず、「今、自分にできる最善のこと」を積極的に見つけ出したこと。

いかがですか?

誰かにできることなら、私たちにだって、きっとできる。

Yes,we can!

少なくとも、ただ待つだけで、いたずらに時間を消費していくよりも、
何倍も建設的かつ、健康的です。
思い切って、セルフプロデュース、はじめてみませんか?

19037265_s

 

 - 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「歌うことをはじめる」はじめの一歩をどう踏み出すか。

「ずっと歌をやりたかった。」 そんな風に思っている人は、数え切れないほどいるよう …

「夢喰って生きられないぞ」

大学3年だったか、それとも4年生だったか。 アルバイトをしていた東京タワーのおみ …

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった? パイロット〜?それとも、プロ野球選 …

「うちの子、音楽で食べて行かれるのでしょうか?」

まもなく成人式。 今年、新成人となる前途洋々の若者たちも、たくさんいることでしょ …

若い頃の努力は金✨

「若い頃の努力は金✨」。 若い頃そんな風に言われると、 なんだか強制されている感 …

準備せよ。そして待て。

道が開けないとき。 ツキがやってこないと感じるとき。 過小評価されていると思える …

この子、「化ける」かもしれません。

歌が本格的にお仕事になる前、 CMや映画などの音楽プロデューサーのアシスタントを …

「向いてない」って、なんだよ?

つい数日前、はじめて訪れた耳鼻科の先生に、 「この声帯の形からすると、あなた、 …

完成しない作品は、「作品」ではない

ずいぶん昔。 ユーミンがとあるラジオ番組で、 「美大で日本画を専攻していた」とい …

とにかく歌う。毎日歌う。それを続ける。

生まれて初めて包丁を持つときは誰だって、 なんのことはない作業、 例えば、単に「 …