大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「真っ白な灰」に、なりますか?

      2015/12/20

リングの上で真っ白な灰になった、『あしたのジョー』。

命を賭けられるほどのものに出会えたことは幸せ、と思うか。
なんで、そこまでやるんだよ?と、思うかは、それぞれでしょう。

 

練習、準備、仕込みの大切さはわかっていても、
やらなくちゃいけないと知ってはいても、
ほとんどの人は・・・

1. 手をつけられないうちに、本番がくる

2. はじめるんだけど、途中で飽きてしまう

3. がんばっても成果が出ずに、あきらめてしまう

4. ある程度準備をすると、こんなもんかな?と高をくくってしまう

5. 自分の限界を自分で決めてしまう

のうちのどれかでしょう。

 

完璧に、真っ白な灰になるほど、自分を追い込める人は、本当に一握り。

結果が出た段階で、多少なりとも、
「ああすればよかった。」「もっと○○できたはず。」
という後悔が残るものです。

 

しかし、そんな自分と向き合って、
思いきり後悔するのも、また修行。

後悔するほどがんばれないのは、

そもそも、やりたいことではないからなのかもしれない。

スケジュールに無理があったのかもしれない。

見切り発車だったのかもしれない。

目標設定が甘いのかもしれない。

自己評価が低すぎるのかもしれない。
最悪なのは、自己嫌悪の悪いスパイラルに入ってしまうこと。

「どうせ私なんて・・・」と、やさぐれてしまっては、
せっかくの修行が無駄になります。

一回一回を新たなスタートと考えれば、
「後悔」は、次に繋がるヒントになるはず。

 

そして、もちろん、「真っ白な灰」にならないように、
バランスよく、適度にやるのも選択肢。

あしたのジョーか?
ロッキーか?

どんなときもポジティブなサイクルを回したいものです。

21708703_s

 - Life, The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

自分が見つけたかった音楽の興奮や感動は、今もそこにあるか?

何かを必死に追いかけ続けていると、 ふと、なぜ追いかけてきたのだったか忘れてしま …

91センチの挫折

自己啓発書の普及の名作といわれる『思考は現実化する』には、 金が採れるといわれる …

音楽には、優劣も卑賤も上下も、な〜んにもない!

ものすごく当たり前のことなんだけど、時々、ちゃんと確認しておきたいこと。 &nb …

「嫌い」なものは「嫌い」

人の好みはいろいろです。   納豆が大好きな人もいれば、あの匂いには我 …

1行のことば

1行。 たった1行のことばが、 人にパワーを与え、 この世で最も幸福な人にする。 …

「無駄な努力」は、 果たして本当に「無駄」なのか?

「あ。これやってみたい!」 ちょっとした閃きに、心をつかまれて、 どうにもこうに …

「ハモりゃいいんでしょ?」は、実は結構奥が深い

「コーラス」と聞くと、どのようなイメージでしょう?   いわゆる中学高 …

「情報過多」なのではなく、「思考過多」。

毎日、ものすごい量の情報にさらされています。 朝、PCを立ち上げ、webを開いた …

プロ、セミプロ、セミアマ?ミュージシャンの働き方

高校時代、一緒にバンドをやっていた仲間のひとりに、 フリーターをしながら、あちこ …

ことばに体温を宿す

「じゃ、とりあえずバランスチェック兼ねて、一度つるっととお願いします。 単独は1 …