大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

大きな波を引き寄せる

      2015/05/04

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、
来るときには、ど〜〜っと来て、
来なくなると、潮が引いていくようにぱたりと来なくなります。

 

制作に、ライブに、レコーディングにと、忙しいときほど、
次々とスケジュールの問い合わせメールや電話が来て、
「お願いだから、しばらく時間をください〜〜!」
と叫びたくなる。

 

やがて、仕事が落ち着いてくる頃には、なぜか、連絡関係も一段落。
「やっといいペースで仕事ができるわぁ」と、
平和な日々が戻って来たことを喜んでいるのもつかの間・・・

1週間、2週間・・・ぱたりと届かなくなったメール、
鳴らなくなった電話に、やがて不安を覚えはじめます。
「みんな、私の電話番号、なくしちゃったのかしらん?」
「ネット、ちゃんとつながってるわよね〜?」

 

そうかと思えば、やっと入って来た仕事が、
それまで入っていた唯一の仕事の日程とずばっとかぶって、
断らざるを得なくなり、涙をのむこともあります。

実は、音楽に限らず、フリーで仕事をしている人は、
みな同じような体験をしているもの。

こうした仕事の波に大きなストレスを感じたり、不安を感じたりする人は、
フリーで仕事をしたり、音楽の仕事をしたりする適性はないと言えます。

 

そして、ここで何よりも大切なのは、「仕事がない時期に何をするか」です。

 

「仕事の波」は、スピリチュアル系の言い方をすれば、「運気の波」。

一時的な引き潮かと思いきや、
引いたまま1年、2年と戻ってこないときもあるし、

戻ってきたと思ったら、小波でがっくり、なんてこともあります。

心のさざ波に一喜一憂したり、
指をくわえて沖を眺めているだけでは、いい波は引き寄せられません。

引き潮の時期にこそ、腹を据えて、
忙しいときにはできない仕込みや勉強に時間をつかうのです。

経済的にはピンチの時期ほど、ステップアップの大きなチャンスでもあります。

 

できることは無限大。

旅に出る。

海外に語学や音楽の勉強に行く。

スクールやセミナーに通う。

楽器やダンス、ボーカルなどのレッスンに通う。

作品をつくる。

ブログなどを書いて自己発信をする。

ライブをする。

これまで自分が培ってきたノウハウの棚卸しをしてみる。

ホームページをつくる。

資格を取る。

ビジネスの勉強をはじめる。。。。などなど。

もたもた、うじうじ、けちけちは禁物。

もちろん、単なる趣味や遊びに時間を使ったり、
暇つぶしにギャンブルにはまったり、
憂さ晴らしに食や買い物に走ったり、
飲んでくだまいたりするのは言語道断です。

インスピレーションのおもむくまま、
思い切って大胆に行動するほど、いい結果に結びつくものです。

Let’s do it!
No〜〜〜w!

11928379_s

 

 - Life, プロへの突破口

Comment

  1. 大久保吉章 より:

    読むたびに「あぁなるほどな」と思い当たる節が多々あり、楽しみに拝読させて頂きながら心に留めております。

  2. otsukimisumi より:

    ありがとうございます!嬉しいです。

  3. TAKA より:

    これも、一種の「投資マインド」ですね。

    忙しいときにあれこれやるのはコストが高い。
    AをやるためにBを諦めなければいけないとか。
    また、複数のことはやれない。

    一方、暇なときは、そういうコストが小さくなる。
    コストが小さいということは、複数のことができる。
    そして、リターンも大きくなる。

    この蓄積は、プロとしての大きな差になっていくのでしょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

けなし上手 vs. 誉め上手

「MISUMIは音痴だからさぁ。」 「ほら、あんたって、お勉強はできるけど人間的 …

焦燥感や無力感が、 明日の自分をつくるエネルギー

もしも、人間のカラダに、 「歌がうまくなるスイッチ」というものがついているなら、 …

「答え」が違うのじゃない。そもそも「質問」が違うのだ。

ずいぶん昔のお話です。   雑誌の付録に「美人顔の条件」というようなの …

地球の裏側まで、掘って掘って掘りまくる。

「チャンスをつかむこと」や「物事が好転すること」をたとえて、 「扉が開く」と言う …

価値は受け手が決める 受け手は送り手が選ぶ

他に認めてもらうことで、はじめてその価値が生まれるというものがあります。 誰かの …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

感性は「お茶の間」で目覚める

「MISUMI、よく聞いとけよ。歌ってのはこうやって歌うもんだ。 テレビで流れて …

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ビジュアル・チェック編〜

昨日のブログ、人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜の続編で …

毎日が勝負パンツ!?

「勝負パンツ」というインパクトのあることばがあります。 もちろん、言わず知れた、 …

陰口を言うなっ!

世の中には陰口を言うのが好きな人というのが、 少なからず存在します。 こうした人 …