大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「できる人」が集まる環境に身を置く

      2016/10/27

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、
きらりと光る知性を身につけたり、
楽器の腕前をめきめきと上げたりするには、

さまざまな音楽を聴く、本を読む、
地道な練習や勉強をすることなどが、必要不可欠です。

しかし、実は、それらすべての効率を劇的に上げる、
非常にシンプルな裏技(?)があるのです。

 

それは!ずばり、

できる人と親しくなること。

そして、できる人が集う環境に身を置くこと。

 

「門前の小僧習わぬ経を読む」ということわざがありますが、

人が、日々、何の気なしにインプットしている情報量は、
実に莫大なものです。

例えば、「聞き流すだけで英語がしゃべれるようになる」という、
英会話教材の宣伝文句は、やや誇張気味かもしれませんが、

実際に英国や米国に長いこと滞在すれば、
たいした勉強をしなくても、気がつくと、
かなりの英語力が身についています。

それもそのはず、目が覚めてから、寝る瞬間まで、
目に入るすべての文字情報は英語で書かれています。
さらに、耳から入ってくることばも、自分が話すことばも英語。
英語ネイティブの中に身を置くだけで、
ボキャブラリーだけでなく、ことばのニュアンスや、
発音のセンスまでが磨かれていくのです。

やがて、気がつけば、英語をぺらぺらとしゃべるようになっている、というわけです。

 

同じことが音楽にも言えます。

優秀な人たちの中にいれば、
その人たちがどんなことにフォーカスして音楽を聴いているか、
何に注力して演奏しているか、などの、
「肝(きも)」のようなものがわかるようになります。

交わす会話の中に、
つかうことばや、聞く音楽の中に、
未知の、さまざまな情報がちりばめられ、

やがて、そうした人たちのこだわりや、センスのようなものが、
染みこむように、自分の血となり、肉となります。

気がつけば、自分自身の実力もぐんとあがっている。
不思議なようですが、これが本当の意味での「学習」なのでしょう。

これは、同じレベルの仲間の中にいたのでは、けしてわからないこと。

プロになっても同じです。
常に、自分より一歩も二歩も前を行っている、
優秀な人たちの中に身を置くようにすることで、
自分自身もどんどん磨かれて、ステップアップしてゆくのです。

もちろん、優秀な人たちに囲まれて、いい気分になっているだけではダメです。

「○○さんと知り合いなんだよ」などと、
他人に触れ回ることに、意味などありません。

冒頭であげたように、自分自身の努力は絶対必要ですし、
なにごとも貪欲に、素直に、吸収しようとすることも忘れてはいけません。

グレードが違う人たちの中に入っていくことは、簡単ではないと
感じる人もいるでしょう。

そんな人、どこにいるの?と思う人もいるかもしれない。

大事なことは、そうしたマインドを持つということ。
そして、アンテナを立てておくこと。
そんな人に、縁や運は訪れます。
そういうものです。

 

7927391_s

 

しばらくぶりに、明日のお昼ごろ発行するメルマガ。
インサイドストーリーでは、優秀な人たちと過ごすことができたおかげで、
私が学んできた、さまざまなことを、ご紹介します!

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 

 

 - The プロフェッショナル, プロへの突破口, 夢を叶える

Comment

  1. TAKA より:

    一流のプロミュージシャンがライヴハウスに出て、終演後、気さくに客席でお客さんとおしゃべり・・・・・なんてこと、よくありますよね。

    ならば、そんなライヴを観に行って、すぐにライヴの感想を伝えに行って、そのついでに「自分も音楽やってます」って話につないでいって会話を拡げていく・・・・・・すぐに実践可能な「プロとの接点を創る方法」ですよね。

    でも、プロのシンガーとして世に出ることを目指しているはずなのに、その程度のことをやらない。その一方で、自分と同レベルの仲間や限られた数のファン(?)と付き合ってばかりいる。慣れ親しんだ心地よい世界から出ない・・・・・・そんな知人が複数います。

    いいものを持ってたりするので、非常に残念なんですが・・・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

鍵盤楽器を買おう!

ボーカリストで、楽器をほとんど弾けないという人は多いと思います。 楽器が弾けない …

サポートミュージシャンを目差す人が取り組むべき、最も大事なトレーニング

一流のアーティストたちと大きなホールをツアーして回る、 いわゆる、サポートミュー …

プロ、セミプロ、セミアマ?ミュージシャンの働き方

高校時代、一緒にバンドをやっていた仲間のひとりに、 フリーターをしながら、あちこ …

プロへの突破口『デモ音源の渡し方?』

「こんにちは!はじめまして。 私、歌やってるんですけど、私のCD聞いてもらえます …

「圧倒的な安心感」をくれるプレイヤーの条件

魅力的なプレイヤーたちとのパフォーマンスはドキドキ感の連続です。 心地よい音色と …

歌は1人で歌うものではなく、チームプレー

「歌は1人で歌うものではなく、チームプレー」 今日、週末に大きなライブをひかえた …

「なぜ創るか」、「何を造るか」と同じくらい、「どう魅せるか」にこだわる

名曲といわれる歌は、 それを演じていた歌手たちのイメージやパフォーマンスと共に蘇 …

焦燥感や無力感が、 明日の自分をつくるエネルギー

もしも、人間のカラダに、 「歌がうまくなるスイッチ」というものがついているなら、 …

心のノイズを打ち消して、ただがむしゃらに進むのだ

こんなこと、やってみたい! こんなこと、やったらどうだろう!?   そ …

音楽業界で「出会い」と「チャンス」をつかむ5つのヒント

音楽の世界で生きていくため、 認められるため、 生き延びるためには、 自分のゴー …