大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「イケてないデモ音源」の作り方?

   

以前、プロへの突破口『デモ音源の渡し方?』という記事を書きました。

プロになりたいという人なら、今の時代、
デモ音源くらいは誰もが作るものだからこそ、そのクオリティが問われます。

つまり、誰でも作れるものを作っていたのでは、
頭ひとつ抜け出ることはできないのです。

今日のイケてないシリーズは、
「イケてないデモ音源」について書きたいと思います。

 

イケてないデモ音源とは・・・
 

1. 曲のイントロがやたら長い

人気アーティストのアルバムを真似て、
カッコいいイントロをつけたい気持ちはわかります。
しかし、デモを聞くのに、それほどの忍耐力を発揮してくれる人は希です。

めちゃくちゃカッコよくて、期待感を煽られるようなイントロでもない限り、
(そして、そんなイントロのデモには、まずもって出会いません)
長すぎるのは絶対NG。

「イントロが長いなぁ」と思われた時点でセンスのなさを露呈するようなものです。
 

2. 音のクオリティが非常に低い

ノイズがすごい。バランスが異常に悪い。ライブ音源で音が悪い。。などなど。
集中して聞くことに努力を要する音源がデモとして通用するのは、
相手が自分にある程度以上の興味を持ってくれている場合のみです。

レコーディング・クオリティにしろとまでは言いませんが、
聞く人の気持ちになって、できるだけ「聞きやすい」音源を作りたいものです。

 

3. 楽器のチューニングが微妙に悪い

信じられない話ですが、実はかなりの確率で、
オケの楽器のチューニングが悪いデモに出会います。

今どき、メーターを使わないでチューニングしている人はいないでしょうから、
何らかの理由で、演奏中、もしくはレコーディングを繰り返すうちに、
チューニングが狂ってしまった、
または、楽器自体の調整が悪く、弦を押さえる具合でチューニングが狂ってしまう、
などの理由が考えられます。

いずれにせよ、デモを録るときは、細かくチューニングをチェックする、
チューニングのわかる人に立ち会ってもらう、などの気遣いはMUSTです。
 

4. 歌のピッチが異様に悪い

歌のピッチが悪いのは、一般の人でも、
「なんとなく気持ち悪い」「この人下手じゃない?」などと感じるものです。

まして、音楽のプロともなれば、ピッチの悪い歌を聴かされ続けるのは、
マイルドな拷問です。

アマチュアの場合は、このピッチのジャッジは非常に難しいことが多いので、
できるだけわかる人に協力者になってもらうことも大切です。
 

5. 歌詞がまったく聞き取れない

スタンダードな曲や、有名曲のカバーならともかく、
オリジナル曲の場合、歌詞は非常に重要なポイントになります。

しかし、この歌詞がまともに聞き取れない残念な歌が非常に多い。

作詞をした本人は、すべての歌詞をわかっているから、
ついつい、聞く人も全部聞き取れていると、錯覚しがちですが、
はじめて聞く歌詞は、ただでさえ頭に入って来にくいもの。

歌詞カードを見なくても、一聴して、ことばがクリアに聞こえてくるようでなければ、
作品のよさは半減です。
この場合も、第三者に聞いてもらって、

率直に、聞き取れるかどうか判断してもらうことが大切です。

 

いかがでしょうか?

近々、『プロへの突破口シリーズ』で
「イケてるデモ音源の作り方」を取り上げる予定です。

待っててね。

25769549_s

 - イケてないシリーズ, プロへの突破口

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

よく目にする、「イケてないライブパフォーマンス」

おなじみ、イケてないシリーズ。 今日は、よく目にする、イケてないライブパフォーマ …

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」 「こいつ、こ …

価値は受け手が決める 受け手は送り手が選ぶ

他に認めてもらうことで、はじめてその価値が生まれるというものがあります。 誰かの …

「できる人」が集まる環境に身を置く

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、 きらりと光る知性を身につけたり、 楽 …

「ツボ」をはずした練習は、単なる自己満足であり、時間の無駄。

実は私、とっても足が遅いのです。   いきなり、しかもB面で何を言い出 …

「うちの子、音楽で食べて行かれるのでしょうか?」

まもなく成人式。 今年、新成人となる前途洋々の若者たちも、たくさんいることでしょ …

「圧倒的な安心感」をくれるプレイヤーの条件

魅力的なプレイヤーたちとのパフォーマンスはドキドキ感の連続です。 心地よい音色と …

ミュージシャンに、定石も王道もない!

「MISUMIさんは、何才から歌っているんですか?」 「やっぱり楽譜が読めないと …

プロへの突破口『仲間を見極める』

お正月も3日。 そろそろ、社会復帰に向かって、ウォーミングアップをはじめようか、 …

まずオケを聴け!歌うのはそれからだ!

カラオケ文化というものが浸透してからか、 若手ヴォーカリストは、とにかくすぐに歌 …