大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

テクノロジーってどうやねん?

      2015/12/20

PCを使いこなせないと、人との情報のやり取りが非常に難しい時代になってきました。

譜面も、音も、映像も、すべてメールや、データでやり取りする時代。

カセットテープをダビングして、譜面をコピーして、
郵便ポストに1つ1つ入れていた時代を思えば、隔世の感があります。
「mp3の音なんか、本当の音じゃない」と憤慨する人もいれば、
「手で文字を書くことをしなくなって、人間の脳は退化した」と指摘する人もいます。

 

一方で、一瞬にして音資料のやり取りができ、
顔を合わせることなく、どんな時間でも、どんな状況でも
どんどん打ち合わせができる、データ時代を歓迎している人もたくさんいます。

 

個人的には、正直、時代の変化のスピードには少々ウンザリではありますが、
物事には必ずいい面と悪い面がある。
どちらか一方だけを享受して、他方を拒絶することはできないのです。

 

社会人として、人と仕事をしていれば、
当然相手の都合に合わせなければいけない場面もあります。

 

さすがに最近はあまり聞かなくなりましたが、
少し前までは、頑としてカセットテープ以外の資料を受け付けない人や、
紙資料は郵便で送ってくれという人もいました。

送り手からすれば、メールなら一瞬で済むことを、
その人のために手間暇をかけてしなければいけない。

ときに、自分の志向より相手の利便性を重要視して、
時代に迎合すべき時もあるでしょう。

 

 

では、PCが使いこなせれば素晴らしいのかというと、
そんなことは全くない。

若者たちからスマホでお気軽に送られてくるメールやメッセージの多くが、
紋切り型で、ろくな挨拶もない。
情報だけが綴られていて、こちらに即座のレスを期待している内容だったり、
中には、重要な頼み事をするのにLINEでパパパと文章を送りつけて来たり。

 

お礼のメールのはずなのに、事後報告だけになっていたりすることもあって、
文章力というよりは、人とのコミュニケーションの常識感の欠如にがっかりします。

失ってはいけない「常識」を、
これからの時代、どうやって伝えていったらいいのか。

これも、デジタル化時代のいい面を享受している以上、
拒絶できない悪い面なのか。

テクノロジーと人間味のバランスを思い、
人にものを教える難しさを思う日々です。

34661807_s

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

他の誰かにとっては、 「なんぼのもんじゃい」の人生かもしれない

またひとつ、自分にとっての大きな挑戦が終わり、 静かな気持ちで休日を過ごしていま …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

ウソをつくなら、自分を騙せ!

ウソはダメだとわかっているのに、人は時々ウソをつく。 いや、時々じゃなく、意外に …

「腐ったリンゴ」を手に入れる

こんな人と付き合った方が得じゃないか? もっと、こんな音楽をやった方がいいんじゃ …

このレースに勝ちたいか。 そもそもレースに出たいのか。

以前、 「最近の運動会では徒競走の順位がわからないようにしていて、 昔のように着 …

ワードを変えれば、自分が変わる

有名な心理学の実験で、 「スタンフォード監獄実験」というのがあります。 ごく普通 …

「いいおとながトラウマと向き合う」

思い出すのもぞっとする、 考えただけで嫌な気分になるようなことが、 人にはいくつ …

仕事中毒=「超人病」が、カラダと心を破壊する

ワーカホリック。 日本語で言うと、仕事中毒。 常に仕事をしていないと、または、そ …

発信することは、ライブ・パフォーマンス。

「毎日、すごい勢いでブログをあげてるね」 最近、そんな風にいわれます。 しばらく …