大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「積ん読」でも「疑似読書」でも、本で世界は広がるのだ。

      2015/12/20

少し前に「本を読もう!」というポストをアップしました。

今日も本のお話。

もちろん、本がすべてではありません。

私が「マンガは性に合わないからほとんど読まない」と言ったら、
「漫画は日本の文化だ!何を偏ったことを言ってるんだ!」と怒り出した友人もいました。

「雑誌だって、十分じゃないか!雑誌だって本だ!」と言った人もいます。

でもね、本はやっぱりすごい。

絵がないからこそ、自分の脳の中の無限大のキャンバスに、
自由自在に情景が描ける。

大好きな小説の映画化に、一度でも満足したことがありますか?
「別物だから」と割り切って見れば、素晴らしい映画かもしれません。

でも、どんなに名匠、名優をもってしても、
自分自身の想像の世界ほど表現力豊かに、自分に訴えかけてくれる映画はつくれません。

学生時代、本が大好きで、
神田神保町にある、本の取次店で長期バイトをしていました。
取次店のお客さんは書店さん。

伝票に本のタイトルと値段、掛け率を手書きで書き込んで、
電卓で計算して、お金をやり取りするという、
実に昭和なシステムで働いていました。

本の掛け率が出版社さんによって違うということも、
取次店によって、扱える出版社が違うということも、
このお店で学びました。

電話で注文をするだけで、
売れる本を優先的に送ってもらえるような、大口のお得意様書店さんと違い、

小さな書店さんが売れ筋の本を手に入れるのは、難しかった時代。

行商のように、大きな風呂敷包みを背負って、
どこにも置いていないような人気の本を探して、
一軒一軒取次店を歩いて回っている年配の女性や、

文字通り牛乳瓶の底のようなめがねをかけて、
くしゃくしゃになった注文短冊の束を困ったような顔でめくる、
白髪の大柄な男性の顔が、今でもくっきり思い出されます。

そんなに苦労して仕入れても、
1冊につき、せいぜい、200円くらいの利益です。

本が好きじゃなくちゃ、できない仕事だよなぁと、
しみじみ思ったものです。

 

かくいう私の時給も、当時人気だったマクドナルドなどのバイトから比べると、
格段に安かった。
「よくそんな値段で、バイトしているね」と友達に言われたものです。

それでも、本のタイトルを書き出したり、
本の表紙を眺めたり、という仕事は、いつも本当にワクワクしました。
毎日、毎日、たくさんの本が入荷されてきて、
どんなに本が好きでも、一生のうち、読める本なんて、
ほんとにごくごくわずかなのだなぁ、と思うほどに、
表紙を眺められる毎日に、幸せを感じました。
実際、そんなにものすごい読書量があったかというと、それほどでもない。
本の装丁、タイトル、帯を見るだけの疑似読書でも、相当幸せになれてしまうのです。

すぐ近くに三省堂や、書泉ブックマートがあって、バイトの帰りも疑似読書三昧。
当時の私の夢のひとつは、

「いっぱいお金を稼ぐようになって、
タイトルと表紙、そして1行目だけ読んで気に入った本を、
値段を気にせず、次々腕の中に山積みにして買いまくる」
と言うもの。

音楽で仕事をするようになって、
その夢を叶えたときは、本当にしあわせでした。

いまだに「積ん読」が減らない傾向にあるのは、
当時のクセが抜けきれず、次々本を買ってしまうせいかもしれません。
本の中には書く人の世界観がぎゅっと凝縮されている。

本は宇宙です。
大好きな本は、実にたくさんあります。
ハインラインにブラッドベリにチャンドラーにジェームズ・ケインにデュ・モーリアに・・・

シェークスピアが大好きで、次々手に入れては、何度も何度も読みました。

後に、英語で小説が読めるようになってから、
大好きだった本の多くを洋書で手に入れ、原語で再読しましたが、
シェークスピアだけはわからなすぎて笑いました(^^)

一生、理解できる気がしない。。。
翻訳でしか読めないのに、「シェークスピアが好き」などと言うのは、
恥ずかしい話ですが、
それでも、今でも、大好き!と思えるのは、やはり、彼の本のエネルギーのすごさでしょう。

読み継がれている本には、強力なパワー、エネルギーがあります。

新しい本、人気のある本は、新鮮なオーラやパワーで満ちあふれています。

本のエネルギーを浴びるたびに、自分の世界が少しずつ広がっていく、
目が開いていく感覚は、おそらく一生焦ることない、素晴らしい魅力でしょう。

あぁ、本の話はとまりません。。。

今日はとりとめなく、本の話をしてみました。

本、読んでますか?

33691237_s

 - Life, 本・ウェブ・DVDなど

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

16522194_s
「ミュージシャン同士のカップルってどうなんですか?」

ミュージシャン同士に限らず、同業者同士のカップルは、 なかなかうまく行かないもの …

23544844 - someone forgot cell phone on a bench in the park
こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」   手袋 ペンケー …

17190684_s
ことばの解釈に「正解はない」

高校時代の大半は、ロックとバンドとギター(そして男の子)に夢中で、 「学校の勉強 …

46324670 - young woman traveling looking out the window while sitting in the train.
行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

41340987_s
旅立つ若者たちに、伝えておきたい3つのこと

大学の卒業ライブが終了し、 いよいよ卒業生たちを送り出すときがきました。 &nb …

19609304 - concept of escape of business problem
自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

54897718 - young man listening music with earphones
他の誰かにとっては、 「なんぼのもんじゃい」の人生かもしれない

またひとつ、自分にとっての大きな挑戦が終わり、 静かな気持ちで休日を過ごしていま …

7018506_s
自分自身の変化にどこまで鈍感かつ寛容でいられるのか?

人間は自分自身の変化には非常に鈍感かつ寛容なものです。   24時間、 …

18027938_s-3
旅に出よう!

「外国語を知らない者は自分自身の言語について何も知らない。」 と言ったのは文豪ゲ …

30806961_s
「弾き語り」は自分の存在感をアピールできる、 最高にクールな飛び道具だ!

カナダはトロントの郊外の、とあるエージェント宅に居候していた時のことです。 週末 …