大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

アーティストたちの「本気度」

      2015/07/13

プロのアーティストや、その卵たちにとって、
もっとも大切なことは「結果を出すこと」。

ときに無茶を承知で、たたみかけるように組まれるスケジュールや、
勝負を賭けるスタッフの高い要求に、
押しつぶされそうになりながら、とことん苦しみながら、
それでも、必死に食らいつく子たちは、
本番になれば、必ず、次に繋がる、
いいパフォーマンスをします。

 

特別、能力が高い子ばかりとは限りません。

 

がんばっても、がんばってもできなくて、
レッスン室で崩れ落ちるように泣き出す子もいます。

自信が持てない、期待に応えられない・・・
誰にも話せない苦しい胸の内を、
堰を切ったように打ち明ける子もいます。

彼らは、本気なのです。
覚悟があるのです。
その本気と覚悟が、たくさんの観客やスタッフを動かします。

そこが、アマチュアとくっきり線引きできるところかもしれません。

 

もちろん、

「こういう練習って、どんな意味があるんですか?」と、
生意気なことを言う子や、

 

「歌は、正直、あんまり練習する気持ちになれないんです」と、
正直に言ってしまう子もいて、

ときに、私もイラだったり、
キレそうになったり、(いや、キレたり・・・笑)することもありますが、

それは、いつも、お互いが真剣勝負だから。

 

毎日とんでもない勢いで曲を量産する、天才シンガーソングライター。

メディアに引っぱりだこで、寝る暇もない売れっ子タレント。

下克上や起死回生を目差して、
一分一秒、ぎりっぎりの崖っぷちで戦っている中堅アーティスト。

プロになるため、中学、高校時代から親元を離れ、
日々、修行に負わている子。

他の歌手たちがテレビであまりに細く見えるので、
悔しくて10キロ減量をしたという子や、

いきなりデビューが決まって、
2年間でやるべき歯列矯正を半分の期間でやるための大手術の末、
1年近く、流動食以外のどを通らないほどの激痛と戦い続けた子もいます。

 

17〜18才のデビュー当時には、すでに、
レコーディングに耐えうる楽曲を100曲以上も持っていた子もいれば、

デビュー前から、ギター1本、ピアノ1台で、
コンサートホールを、水を打ったように静まりかえらせたり、
拍手喝采で満たしたりするような、
素晴らしいパフォーマーたちもいます。

大学時代から、モデルをやりながら
作詞作曲アレンジまですべて1人で手がけ、
おまけにヒップホップを踊らせたら超カッコいい、
などと言う、化け物のような子もいました。

年齢なんか関係ない。
立場もキャリアも関係ない。

すごい子はすごい。

しかし、それは、生まれつきの能力ということだけではなく、
「本気度」なのではないか。

 

才能が足りなかったら、
努力とやる気で、差をつけていくしかない。
「本気」じゃなくちゃ、ダメなんです。

そんな彼らに、毎日、毎日、たくさんのものをもらっています。
私自身、持てるすべてを、捧げるべく、
全身全霊で、彼らと向き合っています。

 

エネルギーや感情はギブ&テイク。
自分が与えられる分しか、受け取れない。

 

夢だって、自分が捧げたエネルギー分しか、受け取れない。

 

「こんなもんでいいか」と思えるなら、
「こんなもんか」の未来しかやってきません。

それが私の信じることだから、
みんなとも、そうして向き合いたい。
自分自身の「本気度」を、私も、まだまだ、試し続けます。

 

33028046_s

 

 

 - 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「就職活動」vs.「プロになりたい!活動」

「就職活動」というのは、実にわかりやすいものです。 この企業で働きたい。 なぜな …

「で?いくら稼ぎたいの?」

「で?MISUMIさんは、いくら稼ぎたいの?」 不躾に、こんな質問をされたことが …

毎日が勝負パンツ!?

「勝負パンツ」というインパクトのあることばがあります。 もちろん、言わず知れた、 …

「魅せたい自分」を演出する

スポットライトの中の3時間を支えるのは、 何千時間もの、気の遠くなるような、自分 …

「妄想」は所詮「妄想」です。

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、 (今となっては理由は定かでは …

「打たれ強い人」になる唯一の方法

世の中には先天的に打たれ強い人というのがいるものです。   ガラスのハ …

”想い”を形にする

ゆりかもめに揺られてお台場をながめるとき、 いつも、いつも、心によぎる思いがあり …

誰もが、自由に歌えるカラダを持っている。

もしも、何も考えず、なんの苦痛もなく、 どんな曲でも、素晴らしい声で自由に歌えた …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

なめたらあかんぜよ

ずいぶん昔。 広告代理店で、プロデューサーのアシスタントのアルバイトをしていたと …