大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「華がある人」になる

      2015/07/29

「あの人は華がある。」、
反対に「華がない」ということばを耳にします。

 

若かりし、自信を持てなかった頃は、そんなことばを聞くと、

「キレイな人は得よね。あんな風にいわれちゃうんだ」

と、いじけていたものです。

 

しかし年と共に、「華がある」ということと、
「造作が美しい」ということは、全然別のことなのだと学びました。

 

以前、ちょっとだけお仕事をさせてもらったアイドル歌手に、
ヒット曲もあり、テレビのアップにも充分耐えうる可愛らしい子がいました。

しかし、休憩時間やOFFの時間になると、
スタッフやダンサーの子に埋もれてしまって、
どこにいるのかわからなくなってしまうのです。

 

一方で、こんな子もいました。

楽屋に一足早くメンバーだけ入り、
打ち合わせをしているところに「おはようございます」とその子が入って来た瞬間に、
部屋の空気ががらっと変わって、文字通りその子の回りだけ、
スポットライトでもあたっているかのように、キラキラ輝きはじめたのです。

「華がある」というのは、今風に言えば「オーラがある」でしょうか?
何ともいえないエネルギーで、見る人の目を惹き付ける人。
部屋に入ってきただけで、場の雰囲気を変えてしまう。
ステージに昇った瞬間に、視線を全部持って行ってしまう。
その人が話しはじめただけで、みんながその人の話を聞こうと思わず静かになってしまう。

特別声が大きいわけでも、派手なカッコをしているわけでも、
目立とうとしているわけでも、
特別キレイだったりカッコよかったりするわけでもありません。

(もちろん、そういう人もいますが)

それでもその人に意識を持って行かれるのは、
その人の持っている「華」。
オーラ。パワー。エネルギー。。。

こう書くと、「華」も生まれつきで、
自分ではどうにもならないかのように思ってしまいがちですが、

しかし、昔は目立たなかったのに、
何年かぶりであったらキラキラ輝いていた、という人もいいる。

一方で、あんなに輝いていたのに・・・と見る人ががっかりするほど、
目立たない人、印象の薄い人になってしまう人もいます。

ということは、「華」も「オーラ」も、好転的に身につけられる可能性が大。

自分を磨くこと。
自信を持つこと。
こだわりを持つこと。
好奇心旺盛になること。
毎日を思いきり楽しむこと。
自己発信をしていくこと。。。。。などなど、

 

小さなことの積み重ねで、
華のある人、オーラのある人に共通の「なにか」を
いつか身につけられる日がくるかもしれません。

12074120_s

 - The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

すごいミュージシャンは、ここがすごい

セッション・ライブ。 プロ、アマチュア問わず、 ミュージシャンの交流の場として、 …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …

「圧倒的な安心感」をくれるプレイヤーの条件

魅力的なプレイヤーたちとのパフォーマンスはドキドキ感の連続です。 心地よい音色と …

こんな人は、ボーカリストに向いている!?

仕事の向き不向きは、その人の体格や、 持っているスキルだけで決まるものではありま …

口コミしたくなる仕事をするのだ

ミュージシャンでも、著者でも、セミナー講師でも、 フリーランスとして仕事をする人 …

ヴォーカリストのための「練習の3つのコツ」

プライベートレッスンでも、MTL12でも、そして音大でも、 クライアントやアーテ …

「ライブの時、自分の声が全然聞こえないんですけど・・・」

「MISUMIさ〜ん。ライブの時、自分の声が全然聞こえなくて、 音痴だ、がなって …

「一点集中力」vs.「俯瞰集中力」

ミュージシャン、アクターに限らず、 スポーツマン、タレントから、講演家まで、 人 …

「観客総立ち」を演出するプロの仕掛け

先日、キャロル・キングのケネディー・センター名誉賞をたたえて、 アレサ・フランク …

「譜面がなくちゃだめ」と思ってしまう自分にまず疑問を持つ

「ボクは音楽は全然ダメですよ。そもそも譜面が全く読めないんだから」   …