大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

Pay it forward〜恩送り〜

   

今まで生きて来て、お世話になったなぁと思える人は、
何人ぐらいいるでしょう?

その中で恩人とも言える人は?

その人たちに、恩返し、できましたか?

育ててくれた親たちは言うにおよばず、

祖父母、親戚のおじさん、おばさんなどの血縁関係の人たち、

学校の先生、塾の先生、部活のコーチ、習い事の師匠、先輩、お医者さん。

仕事の上司、クライアント、先輩、同僚、メンターや友人などなどなど。。。

 

数え切れないほど恩を受けて生きて来て、
私たちは、では一体、どれだけお返しできたでしょう?

いつか、恩返しをしたいと思いながら

亡くなってしまった人、
音信不通になってしまった人、
関係性が変わって、もう会えなくなってしまった人・・・

 

結局、なんにもお返しできなかったなぁと思うほどに、
淋しいような、申し訳ないような気持ちになるものです。

 

そんなときに頭をよぎるのが、「Pay it forward」。恩送りということば。

 

お世話になった人たちへの恩は、きっと一生かかっても返しきれません。

彼らが教えてくれたこと、
見せてくれた世界、
会わせてくれた人たち、

連れて行ってくれた場所、
引き出してくれた可能性・・・

この人生に、特別な彩りと意味を与えてくれた人たちに、
どんなにがんばったって、
同じ重さ、同じ意味のあるお返しをすることなんか、きっとできない。

だから、Pay it forward。

次の世代に、その恩を返していくしかないのです。

 

 

先生たちがしてくれたように、生徒たちを信じ、育て、

先輩たちがしてくれたように、後進たちに技術や心、
世の中のしくみを教え、

師匠たちがしてくれたように、
道に迷った弟子たちの手をひき、未来を指し示し、

 

親たちがしてくれたように、
こどもたちに命と愛を与え、

それがかなわないなら、
次の世代を担う若者たちに、勇気と希望と、生きる力を。。。

Pay it forward。

どれだけの人の思いのおかげで、今の自分はここにあるか。

その恩を、次の世代に回していくために、今の自分には何ができるか。

 

そんな人生の棚卸しを、時々して、
感謝の気持ちと同時に、使命のようなものを確認することも、
大事なのではないか?

そんなことを思うです。

39938570_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

旅の準備がさくさく進む「持ち物リスト」

「週末から『びぃた(旅)』なんだよね」 「オレなんか、8月は10日間『出っぱなし …

「は?マスクって、なに?」

数年前にロンドンにひとり旅をしたときのこと。   そもそも旅の準備は周 …

結果が見えなくても、愚直に続ける勇気

たくさんのミュージシャンやアーティストたちを見て来て、いつも思うこと。 結局、近 …

風邪に克つ方法

普段、どんなに目の前でゲホゲホやられても、 「そんな風邪は絶対にうつらない」、と …

大きな波を引き寄せる

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、 来るときには、ど〜〜っと来て、 …

学習や休養のためのスケジュールを優先的にブロックする

仕事が忙しくなって自由な時間がなくなってくると、 自分が本来取り組みたかったはず …

リスペクトくださいっ!

私の通った女子校には、なんとも不思議な風習がありました。 学校のある駅を降りた瞬 …

その心ないことば、目の前の本人に直接言えますか?

どんな作品にも、どんなアーティストや活動にも、 批判的な意見やネガティブな気持ち …

「持っているもの」に焦点を当てる。

自分の嫌いなところ、ダメなところを並べはじめたら、 誰だって、たくさん出てきます …