大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

声帯さまってすごいんです

      2017/10/10

声帯ってどんなものか知っていますか?

声にトラブルを持ってお医者さんに行ったという経験のある人でもない限り、
自分の声帯を見たことのある人はなかなかいません。

ちょっとこちらに載せるには、あまりのルックスなので、
是非、「声帯」または「Vocal cord」で画像検索してみていただきたいのですが・・・

さて、この声帯さま(私は、そのあまりの素晴らしさに敬意を持って、「声帯さま」と呼ばせていただいてます)、一体どの位の大きさだと思いますか?

実は男性では1.7㎝〜2.1㎝、女性で1.2㎝〜1.7㎝といわれています。

こんな小さいのに、3オクターブから4オクターブの音を出すのです。3オクターブといえば、ほぼギターと同じくらい。
ピアノなら、手のひらを思いきり広げて、3つ分。

もちろん、声帯が高い音を出すときにいきなり10㎝も伸びるわけではないので、
コンマ何mmの世界で微妙に張りを調整し、音程を調節していることになります。

そんなこと、意識的にできますか?
もしも声帯の大きさの楽器があったとして、
その2㎝足らずの楽器で細かいメロディーやリズムを自由自在に刻むなんて、
どんな名人でも難しいと思いませんか??

そう。だから神なのです。声帯さまなのです。
私たちにできることは、声帯さまのお邪魔をしないこと。
ほどよい空気を声帯さまに送り込むこと。
そして祈ることだけです。

・・・声帯さま教っての、作りますか。。。

声帯さまに関する、さらにマニアックな情報を、今日のメルマガで書いています。
14時くらいに配信予定。
バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 

 

 - カラダとノドのお話, 声のはなし

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「歌の練習、どこでしているの?」

昨日のこと、 レッスン中にいきなり「ドドドドドドッ!」という大きな音がしだして、 …

「いい声が出ない」には、いつだって理由がある。

歌うというのは、カラダの中と外を繋げる作業。 少しスピリチュアルな言い方をすれば …

声は、自分という人間の印象を変えるのか?

声を変えることで、自分の印象を変えることができるのか? そもそも、声は変えられる …

「自分の声になんか興味ない」?

ずいぶん前、著者仲間と本の企画について話していたときのことです。   …

手指のように声を操る

指差す。つかむ。運ぶ。数える。挟む。 はじめはやや不器用に、やがて思い通りに、 …

「ヘタウマ」な人、「じょうず」な人、「いい声」の人。

若かりし頃、よく言われたことばに、 「キミってヘタウマだよね。」というのがありま …

声の変化の分岐点を探す

今日のA面ではダイエットの話を書きました。 自分のカラダの変化の分岐点を見つける …

地上で最も完璧な楽器

ピアノ。アコースティックギターやヴァイオリン。 管楽器たち・・・ 歴史ある楽器た …

『ハードスケジュールなときこそ確認したい声のためにできること』

月末から鹿児島でした。 4泊5日の日程で、 ワークショップ、リハーサル5時間、ボ …

頑固な、間違ったプログラムを解除して、「声」を解放する

カラダの構造や、発声のメカニズムを教えて、左脳からアプローチしても、 カラダに触 …