大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「天才はみな、オタク?」or「オタクはみな、天才?」

   

誰に頼まれたわけでもなく、
1円になるわけでもない。

他人から見たら、ただのオタクか、ナルシスト。

はたまた、くだらないことに夢中になって人生を無駄にしている変わり者。

 

みんなが遊んだり、飲みに出かけたり、お買い物に行ったり、
ゲームしたり、デートしたりと、「青春」を謳歌している、そのときに、
がむしゃらに自分の世界に没頭して、
意味不明な細部にこだわって、

「一体全体、この人は、どこを目差しているんだろう」と周囲を心配させたり、

「こんなことやってて、何になるって言うんだろう」とあきれられたり、

その世界のことを語らせたらノンストップで、
聞く側がウンザリすることにもまったく気づかずに、果てはうざがられたり。。。

 

就職を心配するわけでも、
将来を憂うわけでもなく、

寝る間も惜しんで、ただひたすら没頭する。。。

 

 

実は、そんな人たちが、やがてどんどん注目され、
世の中に新しい文化や技術を提案していくことになります。
仲間たちが住むアパートを訪ねては、
「曲作ったんだ!聴いてよ!」と、自分の曲を仲間に聴かせたという、
とあるミュージシャン。

あまりに頻繁にやってきては、毎回曲を聴かされるので、
ウンザリした仲間たちは、居留守を使ったこともあったとか。

やがて、彼は押しも押されぬ大スターに上り詰めます。
そのとき、仲間たちはどんな反応をしたのでしょう。

 

明けても暮れても「お片付け」のことしか頭になかった少女は、
やがて世界的なベストセラー作家になり、

 

そのエキセントリックな言動やファッションで、
とりあえず目立ち、周囲を驚かせていた、某・広告マンは、
突然パリで認められ、有名ブランドのデザイナーとしてデビューします。

こどもの頃からスターを夢見るも、いまひとつ周囲に認められずにきて、
やがて、自らつくった映像でネットの世界で火がつき、
ブレイクを果たした子もいます。

みんなに共通しているのは、
とにかく、夢中で、がむしゃらで、しかも楽しんでいること。

本人たちにとって、自分の言動は、至って普通。あたりまえ。
オタクのつもりも、特別変わり者という自覚もありません。

それが天才の、天才たるゆえんでしょうか。

 

アルキメデスも、ガリレオも、エジソンも、アインシュタインも、
スティーブ・ジョブズだって、
同じクラスにいたら、ちょっとお友達になれたかどうかわからないくらい、
オタクで、自分ワールドに住んでいた人に違いありませんが、
きっと、彼らにとっても、自分はごく当たり前の人間だったに違いありません。

実は、凡人だと思っている自分自身にも、

 

時間を忘れて夢中になれる、
他の人には理解できないくらいこだわれる、
誰よりも得意なこと、

というのが、存在しているものなのです。

「自分に取っての常識は、他人の非常識」とは、
私の著者としての師のことば。

 

ときに、天才たちの活躍を他人事と思わず、
自分の中にそんな、「才能の種」が眠っていないかを探してみるのも、
大切かもしれません。

世界の明日のために!ね。

9763348_s

 - The プロフェッショナル, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。 バイトは朝の9時から夕方5時まで …

「自然体」を演出する。

「自然体でステージに立っているようすがカッコいい」 などと評されるアーティストが …

音は「楽器」じゃなくって、「人」が出すものなのです。

かつて、ドラムの神様と言われたスティーヴ・ガッドが来日した際のお話です。 &nb …

「腕は良いのに仕事が来なくなる人」

音楽業界には、 「なんであの人に、あんなに仕事くるんだろうね〜?」と影で噂される …

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。 周りの友人たちは次から次へとお仕事を …

自分との約束

プロフェッショナルやスペシャリストを志すとき、大切なことはシンプルなことばかり。 …

「ダメ出し」こそが、プロの技を試される仕事なのだ

他人にダメ出しをする人には、 自分のためにダメ出しをする人と、 相手のためにダメ …

「仕事ができない」と言われる人にはワケがある

どんな人が「仕事ができる人」と呼ばれるかは、 業界によって、少しずつ違います。 …

「飲みニケーション」は死んだのか?

ここ数年、若手バンドマンたちの「クリーン」ぶりに、 驚かされるシーンに何度も出会 …

「憧れのあの人は持っているのに、私は持っていないものリスト」

音楽に目覚め、 「いつかビートルズになる!」と頭の悪いことを真剣に夢見ていた中学 …