大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「これ、誰歌っているの?」と思わず聴いてしまうデモの歌唱とは?

   

「このデモ、誰が歌ってるの?」

 

初期のスタジオのお仕事は、すべて、作家さんの曲デモのお手伝い、
または自分がつくっていたデモテープがきっかけでいただきました。
ルックスも年齢も経歴も、スタジオの現場では関係ありません。
デモのクオリティ一こそが勝負です。

いい声であることは必要条件のひとつではありますが、
歌手を志す人のほとんどが、多かれ少なかれ「いい声」であることを考えれば、
それだけでは充分ではありません。

 

 

では、デモを聞く音楽業界のプロフェッショナルたちが、
「これ、誰歌っているの?」と思わず聴いてしまうデモの歌唱とは、
どんなものなのでしょう?
(今日はアーティストのデモではなく、あくまでも、
プロ・ヴォーカリストのデモという観点でお届けします。)

 

さて、当たり前すぎることですが、ピッチ、リズム、カツゼツなど、
最低限、プロのレベルに達していなかったら、もちろんNGです。
 

音痴じゃない、音があっている、メロディがきちんと歌えている、
というだけでは、歌のじょうずなアマチュアレベルと変わりません。

プロの歌は、プロが聞いても、
細部まできっちり気持ちを通わせて歌われているものです。

さらに、「お、うまい」と思わせるポイントは・・・

1. 細かい音符までピッチを正確に歌っている

2. 16分などの音符が小気味よくハマっている

3. ビブラートが意図的に気持ちよくコントロールされている

4. フレージングが的確で、センスがいい

5. 音の長さや、間などが心地よい

6. アドリブが効いている

7. 音の終わり、ことばの語尾まできっちり、神経が行き届いている

8. ダイナミクス表現で、聞く人の気持ちを持って行ってしまう

9 . 圧倒的な声量がある

10. 英語がネイティブ並にうまい

11. ニュアンスの付け方が、的確である、または特徴的で、とても気になる
 

そして、

12. なんだかわからないけど、やたらカッコいい。。。

などなどでしょうか。

 

もちろん、ここに書いたことがすべてではありませんし、
これらをすべて網羅する必要もありません。

ただ、いい意味で、目立たなくては次のステージには上がれないということです。
 

ある程度の知識があれば、ピッチやリズムはちょいちょいっと直せる時代です。
ダイナミクスや音色も、加工次第でそれなりに聞こえたりもするでしょう。

しかし、人の胸を打つのは、本物のパフォーマンスだけ。
人は感動したときしか行動しません。

プロの歌を聞き慣れているプロの心を動かす。

プロを目差すなら、1曲入魂。
デモ制作には、徹底的に、真摯に取り組むしかないのです。

そして、そんな努力が自分自身のレベルを、
いつか本当のプロのレベルまで引き上げてくれるのです。

14900645_s

 - プロへの突破口

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

憎っくき「容姿端麗組」に負けない方法

認めたくはないですが、 こんなこと書くのもちょっぴり悔しいですが、 ハッキリ言っ …

ミュージシャンに、定石も王道もない!

「MISUMIさんは、何才から歌っているんですか?」 「やっぱり楽譜が読めないと …

「認められたい」という思いを叶える方法

「音楽ビジネスって、社交クラブみたいなものなのよ。 一度中に入れば、そこから自然 …

常に最善を期待する

アマチュアだから。 学生だから。 新人だから。 そんな手加減がないのが、 私の、 …

「ちょっと歌ってみる?」・・・売られたケンカは必ず買うのだ。

「はじめまして!私、Y子と言います!うた、歌ってます! どうぞよろしくお願いしま …

自己表現のための”自分アバター化作戦”

かつて、ハワイ出身の日系アメリカ人女性シンガーに、 英詞の提供をしたことがありま …

自分との約束

プロフェッショナルやスペシャリストを志すとき、大切なことはシンプルなことばかり。 …

こんな人は、ボーカリストに向いている!?

仕事の向き不向きは、その人の体格や、 持っているスキルだけで決まるものではありま …

オーディションに失敗したくらいで、いちいち落ち込んでる暇なんかないのだ。

長年業界におりますが、 いわゆる「オーディション」を受けたのは2回だけ。 2度と …

「できる人」が集まる環境に身を置く

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、 きらりと光る知性を身につけたり、 楽 …