大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

夢中になれる音楽は「一生の宝」

   

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、

「若い頃、影響を受けた音楽は?」と聞いたら、
「主にELPだね。」という返事が返ってきました。

なるほど。
彼の大好きな音楽はプログレ。
中でもELPのキース・エマーソンは彼が大尊敬する、スーパースターです。
もちろん、彼の口から「ELP」という答えが返ってくるのは当たり前のことです。

彼がELPに影響を受けた時代からかれこれ30年以上。
そこで、私は続けて質問しました。

「最近はどんなの聴いてるの?」

彼はにやりと笑って言いました。
「主にELPだね。」

 

 

大好きな音楽はどれだけ聴いても、
飽きるどころか、どんどん好きになる。

聴くたびに興奮するし、新しい良さを見つけてしまう。

 

本気で夢中になれる音楽は一生の宝です。

音楽というものが生まれたその瞬間から、
地球上には、ありとあらゆる音楽が、文字通り無数に生まれてきました。
今、この瞬間も、世界のどこかで、誰かが音楽を生み出しています。

そんな、星の数より多いかもしれない音楽の中から、
自分の一生に影響を与えるような、素晴らしい音楽に出会えてしまうということは、
本当に幸運なことです。

聴いた瞬間に心をとらえて離さない曲。
人生を変えるような、強烈なインパクトを与えてくれる音楽。

世界中の、たくさんの人たちに、そんな影響を与えられる音楽を創り出してきた、
音楽の偉人たちには、心から感謝するばかりです。
ラジオや、テレビから、
親兄弟、友達のラジカセや、レコードプレイヤーから、

流れてくる音楽に心奪われて、
お小遣いを必死でためてレコードを買ったり、
夢中でラジオ番組を録音したり。

音楽雑誌を本屋で立ち読みして、
レコードのライナーノーツを熟読して、
事情通の友達に根掘り葉掘り質問して・・・

そうやって、1ミリずつ、
大好きな音楽に近づいていった時のぞくぞくするような興奮は、
おそらく一生、カラダのどこかに刻まれていくのでしょう。

近年、若者たちの、
音楽とのつきあい方はとんでもなく様変わりしています。

「ヴォーカリストは誰が好きなの?」

「チャカ・カーンです。」

「ほぉ〜。どのアルバム聴いてるの?」

「??・・・あ、あの、『勉強になるから、これ聴いてみなって』
事務所の社長にいただいたCD-Rに入っていたので、アルバム名とかはちょっと・・・」

「そっか。なんて曲?」

「あ・・・いえ。曲名もちょっと。。。」

不思議に思って、もらったという資料を見せてもらったら、
チャカに、スティービーに、ホイットニーに・・・という寄せ集め。

そして、その資料を聴いていることで、満足してしまっている彼女。。。

彼女は特殊な例ではありません。

 

「好きなアーティスト」の曲のCDなんて、1枚も持っていない、
すべてYoutubeで聴いていると言う子。

次々、youtubeに上がっている曲や、
みんながシェアしている流行の曲を聴いているから、
曲名もアーティスト名も一切知らない、と言う子。

 

 

時代を否定するつもりはありません。
今はおそらく過渡期なのでしょう。

情報をどんどん掘り下げる子は、もちろん今でもいますし、
音楽好きの人の中から、ホンモノのミュージシャンや音楽愛好家が生まれる確率は、
時代が変わってもたいして差はないのかも知れません。

情報が多すぎて、音楽の共通言語をなくした子たちは、
SNSに共通の言語を見出して新しいコミュニケーションを展開しているのかも知れません。

変わっていく音楽シーンの行く末を憂いてしまうのは、
私自身が年寄りになりつつある証拠なのかも知れません。

 

 

でも、です。

そんな若者たちに・・・一度でいいから、

一生を変えてくれるような強烈な音楽を探す旅に出てみて欲しい。

気になる曲やアーティストの背景、そのルーツを追いかけながら、
次々と、関連する曲やアーティストを掘り下げて行ってみて欲しい。

そして、よりドキドキするもの。
よりワクワクするものを、求めて、求めて、
徹底的に音楽を聴きまくってみて欲しい。

その結果、それほどの興奮に出会えなくても、
何か出会えること、自分の中に見つけられることはあるはず。

こんな時代に、馬鹿みたいに時間とお金を使って、
音楽を追究してみる。

そんな「無駄」が、実は大きな宝物をくれるかも知れません。

 

36153967_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「数字」に価値を見出す

先日たまたまYoutuberのヒカキンさんが、 「Youtuberって、要は、他 …

「そこにいること」の大切さを語りすぎることは、たぶんない。

長年、音楽の仕事をしていると、 「そこにいること」の大切さが、しみじみわかります …

そして、戦いは続くのだ。

最近、ブログを読んでくださっているというさまざまな方とお話するたびに、 「あぁ、 …

音なき音楽をキャッチする

歌や音楽を学びたい、極めたいと思うとき、 ついつい、音楽のことばかりを考え、 ま …

スポットライト

大学3年の時、18段変速の自転車を手に入れました。 舗道でも、車道でも、山道でも …

とりあえず、「ムカついたら怒る」

音楽のお仕事をしていると、実に数多くの人と接する機会があります。   …

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

「強制OFF日」=ジャミーデーをつくる

命の次に大好きな音楽が仕事になった20代の頃は、 24時間音楽のことが頭から離れ …

毎日が勝負パンツ!?

「勝負パンツ」というインパクトのあることばがあります。 もちろん、言わず知れた、 …

臨界点を突破する

「どんなに練習しても、高い声が出ない」 「毎日ボイトレしているのに、声量が上がっ …