大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

夢中になれる音楽は「一生の宝」

   

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、

「若い頃、影響を受けた音楽は?」と聞いたら、
「主にELPだね。」という返事が返ってきました。

なるほど。
彼の大好きな音楽はプログレ。
中でもELPのキース・エマーソンは彼が大尊敬する、スーパースターです。
もちろん、彼の口から「ELP」という答えが返ってくるのは当たり前のことです。

彼がELPに影響を受けた時代からかれこれ30年以上。
そこで、私は続けて質問しました。

「最近はどんなの聴いてるの?」

彼はにやりと笑って言いました。
「主にELPだね。」

 

 

大好きな音楽はどれだけ聴いても、
飽きるどころか、どんどん好きになる。

聴くたびに興奮するし、新しい良さを見つけてしまう。

 

本気で夢中になれる音楽は一生の宝です。

音楽というものが生まれたその瞬間から、
地球上には、ありとあらゆる音楽が、文字通り無数に生まれてきました。
今、この瞬間も、世界のどこかで、誰かが音楽を生み出しています。

そんな、星の数より多いかもしれない音楽の中から、
自分の一生に影響を与えるような、素晴らしい音楽に出会えてしまうということは、
本当に幸運なことです。

聴いた瞬間に心をとらえて離さない曲。
人生を変えるような、強烈なインパクトを与えてくれる音楽。

世界中の、たくさんの人たちに、そんな影響を与えられる音楽を創り出してきた、
音楽の偉人たちには、心から感謝するばかりです。
ラジオや、テレビから、
親兄弟、友達のラジカセや、レコードプレイヤーから、

流れてくる音楽に心奪われて、
お小遣いを必死でためてレコードを買ったり、
夢中でラジオ番組を録音したり。

音楽雑誌を本屋で立ち読みして、
レコードのライナーノーツを熟読して、
事情通の友達に根掘り葉掘り質問して・・・

そうやって、1ミリずつ、
大好きな音楽に近づいていった時のぞくぞくするような興奮は、
おそらく一生、カラダのどこかに刻まれていくのでしょう。

近年、若者たちの、
音楽とのつきあい方はとんでもなく様変わりしています。

「ヴォーカリストは誰が好きなの?」

「チャカ・カーンです。」

「ほぉ〜。どのアルバム聴いてるの?」

「??・・・あ、あの、『勉強になるから、これ聴いてみなって』
事務所の社長にいただいたCD-Rに入っていたので、アルバム名とかはちょっと・・・」

「そっか。なんて曲?」

「あ・・・いえ。曲名もちょっと。。。」

不思議に思って、もらったという資料を見せてもらったら、
チャカに、スティービーに、ホイットニーに・・・という寄せ集め。

そして、その資料を聴いていることで、満足してしまっている彼女。。。

彼女は特殊な例ではありません。

 

「好きなアーティスト」の曲のCDなんて、1枚も持っていない、
すべてYoutubeで聴いていると言う子。

次々、youtubeに上がっている曲や、
みんながシェアしている流行の曲を聴いているから、
曲名もアーティスト名も一切知らない、と言う子。

 

 

時代を否定するつもりはありません。
今はおそらく過渡期なのでしょう。

情報をどんどん掘り下げる子は、もちろん今でもいますし、
音楽好きの人の中から、ホンモノのミュージシャンや音楽愛好家が生まれる確率は、
時代が変わってもたいして差はないのかも知れません。

情報が多すぎて、音楽の共通言語をなくした子たちは、
SNSに共通の言語を見出して新しいコミュニケーションを展開しているのかも知れません。

変わっていく音楽シーンの行く末を憂いてしまうのは、
私自身が年寄りになりつつある証拠なのかも知れません。

 

 

でも、です。

そんな若者たちに・・・一度でいいから、

一生を変えてくれるような強烈な音楽を探す旅に出てみて欲しい。

気になる曲やアーティストの背景、そのルーツを追いかけながら、
次々と、関連する曲やアーティストを掘り下げて行ってみて欲しい。

そして、よりドキドキするもの。
よりワクワクするものを、求めて、求めて、
徹底的に音楽を聴きまくってみて欲しい。

その結果、それほどの興奮に出会えなくても、
何か出会えること、自分の中に見つけられることはあるはず。

こんな時代に、馬鹿みたいに時間とお金を使って、
音楽を追究してみる。

そんな「無駄」が、実は大きな宝物をくれるかも知れません。

 

36153967_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

「人生のピーク」なんて、死ぬまでわからない

世界的に活躍し、海外の大きなホールでコンサートなども行ったことのある、 ミュージ …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

「人前で歌うのが怖い」?

人前で歌う事に恐れを感じる人が多いのは、なにも日本人だけの話ではありません。 & …

「夢喰って生きられないぞ」

大学3年だったか、それとも4年生だったか。 アルバイトをしていた東京タワーのおみ …

年齢の制限なんか、単なる幻だ。

中学のときのこと。 当時、クラスで常に成績の1〜3位の上位を争っていた、仲のよい …

やりたいことを、「はじめるコツ」

人は「はじめられない」生き物です。   何かをはじめるということは、自 …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …