大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ミュージシャン同士のカップルってどうなんですか?」

      2015/10/17

ミュージシャン同士に限らず、同業者同士のカップルは、
なかなかうまく行かないものだと言われています。

考え得る代表的な理由は3つ。
 
 

1.競い合ってしまう

学生時代は同じバンドにいたり、
同じライブハウスで対バンをしていた同士でも、

やがてそれぞれがプロとして活動をはじめると、
常に同じようなステージにばかり立っているというわけにはいきません。

キャリアの波は誰にでもあって、
それぞれ、うまくいっている時と、苦しい時の波長が一致しないことが、
すれ違いの原因になります。

自分の仕事がうまくいかなくて焦っている時期に
パートナーの方がどんどんキャリアアップしてしまうと
取り残された気持ちになってしまいます。

結婚して、お子さんが生まれて、
家庭に入った奥さんが旦那さんばかり好きな音楽をやっていることに、
(仕事なのですが・・・)
不公平を感じて、うまくいかなくなる、というようなパターンもあるようです。
 
 

2.内部の事情がわかりすぎてしまう

異業種同士の場合には、理解不能なことがたくさんあります。

私自身、近年、出版関係ややり手ビジネスマンの友人ができて、
その流儀やマナーの違いには、ただただ、驚くことばかりでした。

一方で、同じ業種だと、今日、どこで、誰と、何をしているのか、
今、どんな状況で、後どのくらいの検討で仕事が終わるのか、
仕事終了と同時に、どんな雰囲気になって、どの辺に流れて、
何時くらいにお開きになるのか・・・と言うようなことが、
手に取るようにわかってしまいます。

現場が違えば、多少のタイム感のズレはあるでしょうが、
概ね、流れは変わりません。

おまけに、同じ業界内、共通の友人や、ミュージシャン仲間がたくさんいて、
それはそれで、ずいぶん窮屈かもしれません。

 
 

3.コントロールしようとしてしまう

専門家なら自分の専門分野には一家言あるものです。

同じ業界にいるというだけで、
自分の美学にそぐわないことをパートナーがするのは気に入らなかったり、

相手によかれと思って、
「もっとこうした方がいい!」という意見をどんどん言ってしまったり、

同じ業界にいるだけでもそうなので、
まして同じ楽器(パート)だったり、
同じジャンルの音楽をやっていたりすると、

そうしたことが原因で言い争いなどが頻繁に起きそうです。

 

このほかにも、ミュージシャンカップルには、
経済的問題、浮気問題、生活習慣問題などなど、さまざまな問題が起こりえます。

確かに、継続するのはなかなかエネルギーがいるかもしれません。

 

一方で、うまくいっているミュージシャンカップルも、
もちろんたくさんいます。

うまくいっているカップルに共通の特徴は・・・

お互いを尊敬できる。
お互いにできないところを補い合える。
納得するまで話し合える。
相手のしていることを認める。
日々起きることを共有できる。。etc..

あれ?

「そんなの当たり前のことばっかりじゃん」
という声が聞こえて来そうですね。

そう。うまくいく人たちは、ごく当たり前のことを当たり前にできる人たち。

「幸せな家庭はどれも似かよっているが、不幸な家庭はそれぞれに不幸の形がある」
と言ったのは、トルストイでしたか。

ミュージシャンだからうまくいかないとか、
ミュージシャンだからうまくいくとか、
そんなことってきっとない。

おそらく、世のカップルがうまくいく確率と、
ミュージシャン同士がうまくいく確率は同じなのではないか。

というのが今日の結論。

だからね、将来のことなんか考えないで、思いっきり楽しく恋愛してください。

 
最近、ハードな記事が続いたので、今日は思いきりソフトな記事を書いてみました(^^)

 

16522194_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「長期記憶のゴールデンタイム」にあなたは何を記憶しますか?

「受験生といえば、まずは『でる単』」。 『でる単』、すなわち、『試験に出る英単語 …

「自慢話」してますか?

謙虚な人が好まれるのは、別に日本だけではありません。   欧米でも、 …

「持っているもの」に焦点を当てる。

自分の嫌いなところ、ダメなところを並べはじめたら、 誰だって、たくさん出てきます …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

「道場破り」「ゲリラ戦」「修行」・・・?

アマチュア時代、ちょっとでも自分の顔を売りたくて、 いろんな人のセッションやライ …

no image
書くことについて、思いきり語ってしまった。

昨年秋から「ことばの断捨離」と位置づけて、 ブログを綴っているわけですが、 書く …

いつでもどこでも、歌あればこの世は楽し。

欧米人の友達に、「あなたは歌ったりしないの?」と訊ねると、 よく返って来ることば …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …