大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「この歌、いいなぁ」には必ず理由がある!

   

「売れる曲には、必ず理由がある」

あるヒットメーカーが教えてくれたことばです。

 

売るための仕掛けや、流通などのことではなく、
(もちろん、そういう要素なしに大ヒットはあり得ないでしょうが)
作品そのものに、「売れる理由」がちりばめられているというのです。

そして、

「その「売れる理由」を理解することなしに、
表面的にその曲をどんなに巧妙にパクっても、けしてヒットには結びつかない。」

「反対に、その「売れる理由」をパクることで、
曲自体は全然似ていなくても、ある程度「ウケる曲」はつくれる」

というのです。

 

「それは、コード進行であったり、イントロの仕掛けであったり、
ボーカルの歌い回しやエフェクターのかけ方だったり・・・
それを見極めるのがおもしろいんだよ」。

 

さて、今日のお話はここからです。

 

実は、「この歌、いいな。」「かっこい〜い!」と思うパフォーマンスにも、
必ず「理由」があります。
音色、歌い回し、ちょっとした間の取り方、ことばの発音、
繰り返し出てくるアドリブ的フレーズなどなど・・・
こうした、「どきっ」とする仕掛けや理由を、感じ取り、学び取り、
自分の表現バンクの中にどんどん取り込んで行くことは、
自分のパフォーマンスの精度や魅力をアップして行くために必要不可欠です。

 

反対に、どんなにその曲を練習し、
通り一遍歌えるように、演奏できるようになっても、
そのパフォーマンスの美味しいところを感じ取れないままでは、
練習の意味は半減してしまいます。

 

 

たとえば、どんな音楽学校でも、課題曲というのがあると思います。
先生方がその曲を選んでいるには、それなりの「理由」が必ずあります。
その曲が時代を超えて愛されている名曲ならば、なおさらです。
この曲の、パフォーマンスの魅力はどこにあるのか?
時代を超えてなおも「かっこいい」という人が沢山いる、理由はなんなのか?

 

音楽家なので、言語化する必要はありませんが、
カラダで感じ、体現することでしか、本当のよさはわかりません。
送り手となる以上、単なる受け手と同じように、
漠然と感じたり歌ったりしていたのではダメなのです。

 

そして、間違えても、「売れたのは顔や話題性のせいだ」と高をくくったり、
「所詮、おっさんたちの懐古趣味だ」などとうっとうしがったりするのは、
10年、いやいや、100年早いのです。

 

 

「よい」と言われる理由を感じ取り、理解した上で、
それを自分の表現ライブラリーに取り入れるのか、
「やっぱり嫌い」「違ったアプローチで歌いたい」となるのかを、
判断できるのが理想ですね。

 

 

 

 

 

15638856_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Comment

  1. 森 喜美子 より:

    こんにちは。
    Facebookで、大槻さんの投稿に“いいね”をする友人がおりまして、そこから大槻さんの記事を読ませて頂きました。

    最初は、ほんの趣味で歌が上手くなりたい‼️と思ってジャズボーカルに足を踏み入れました。
    今もその気持ちは、変わってはいませんが、更にもっと深くジャズボーカルを知りたい‼️と思うようになり、あちらこちらを彷徨っています。

    歌うことは、好きで、セッションにも参加するようになりました。
    そこでのマナーも皆さんにご迷惑がかからないようにしたいと思っている時に、大槻さんの記事で、セッションに参加する時のマナーなんていうタイトルを発見したり、とにかくとっても大槻さんの記事を楽しみに読ませて頂いております。

    大槻さんからしたら、全く知らない私ですが、とにかく感謝の気持ちをお伝えしたくて、コメントをさせていただきました。
    ありがとうございます。とても勉強になります。

    大槻さんのますますのご活躍とご健勝をお祈りしてしますね。
    ありがとうございました。

  2. otsukimisumi より:

    >森 喜美子さん
    メッセージ、ありがとうございます!
    とても励みになるおことば、本当に嬉しいです。
    これからも、お役に立てるブログを書けるよう精進して行きます(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「本番の女神」はベストを尽くした者だけに微笑む

「本番に突然、今まで出なかった高音が、ぽーんと出た。」 「思いがけないカッコいい …

自己表現のための”自分アバター化作戦”

かつて、ハワイ出身の日系アメリカ人女性シンガーに、 英詞の提供をしたことがありま …

批評家目線を捨てる

「Aさんって、うまいんですか?」 生徒の口からは、いわゆる本格派といわれる歌手で …

no image
なくて七癖、カツゼツ編

自分の発音のクセ、知っていますか? 方言やアクセントの話ではありません。 50音 …

人は生涯に、何曲、覚えられるのか?

優れた作曲家、アレンジャー、プレイヤー、 そして、ヴォーカリストの多くが、 びっ …

「自分の声の地図」を描く

「あなたの音域はどこから、どこまで?」 「え?」 「高い方はどこまで出るの?下は …

作業量の多さにひるまない

英語を勉強しはじめたとき。 英語の辞書の重さをずっしり感じながら、 「こんなにた …

プライベートか?グループレッスンか?

「歌はプライベートレッスンでなければ上達しない。」 長年、そう言われています。 …

人間がカラダをつかってやることの基礎って、すべて同じなんだ。

うん十年ぶりにスキーというものに出かけてきました。 ぶっちゃけ、学生時代に友だち …

知っていること vs. わかること vs. できること

知っていることと、わかっていることの間には、大きな溝があります。   …