大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「この歌、いいなぁ」には必ず理由がある!

   

「売れる曲には、必ず理由がある」

あるヒットメーカーが教えてくれたことばです。

 

売るための仕掛けや、流通などのことではなく、
(もちろん、そういう要素なしに大ヒットはあり得ないでしょうが)
作品そのものに、「売れる理由」がちりばめられているというのです。

そして、

「その「売れる理由」を理解することなしに、
表面的にその曲をどんなに巧妙にパクっても、けしてヒットには結びつかない。」

「反対に、その「売れる理由」をパクることで、
曲自体は全然似ていなくても、ある程度「ウケる曲」はつくれる」

というのです。

 

「それは、コード進行であったり、イントロの仕掛けであったり、
ボーカルの歌い回しやエフェクターのかけ方だったり・・・
それを見極めるのがおもしろいんだよ」。

 

さて、今日のお話はここからです。

 

実は、「この歌、いいな。」「かっこい〜い!」と思うパフォーマンスにも、
必ず「理由」があります。
音色、歌い回し、ちょっとした間の取り方、ことばの発音、
繰り返し出てくるアドリブ的フレーズなどなど・・・
こうした、「どきっ」とする仕掛けや理由を、感じ取り、学び取り、
自分の表現バンクの中にどんどん取り込んで行くことは、
自分のパフォーマンスの精度や魅力をアップして行くために必要不可欠です。

 

反対に、どんなにその曲を練習し、
通り一遍歌えるように、演奏できるようになっても、
そのパフォーマンスの美味しいところを感じ取れないままでは、
練習の意味は半減してしまいます。

 

 

たとえば、どんな音楽学校でも、課題曲というのがあると思います。
先生方がその曲を選んでいるには、それなりの「理由」が必ずあります。
その曲が時代を超えて愛されている名曲ならば、なおさらです。
この曲の、パフォーマンスの魅力はどこにあるのか?
時代を超えてなおも「かっこいい」という人が沢山いる、理由はなんなのか?

 

音楽家なので、言語化する必要はありませんが、
カラダで感じ、体現することでしか、本当のよさはわかりません。
送り手となる以上、単なる受け手と同じように、
漠然と感じたり歌ったりしていたのではダメなのです。

 

そして、間違えても、「売れたのは顔や話題性のせいだ」と高をくくったり、
「所詮、おっさんたちの懐古趣味だ」などとうっとうしがったりするのは、
10年、いやいや、100年早いのです。

 

 

「よい」と言われる理由を感じ取り、理解した上で、
それを自分の表現ライブラリーに取り入れるのか、
「やっぱり嫌い」「違ったアプローチで歌いたい」となるのかを、
判断できるのが理想ですね。

 

 

 

 

 

15638856_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Comment

  1. 森 喜美子 より:

    こんにちは。
    Facebookで、大槻さんの投稿に“いいね”をする友人がおりまして、そこから大槻さんの記事を読ませて頂きました。

    最初は、ほんの趣味で歌が上手くなりたい‼️と思ってジャズボーカルに足を踏み入れました。
    今もその気持ちは、変わってはいませんが、更にもっと深くジャズボーカルを知りたい‼️と思うようになり、あちらこちらを彷徨っています。

    歌うことは、好きで、セッションにも参加するようになりました。
    そこでのマナーも皆さんにご迷惑がかからないようにしたいと思っている時に、大槻さんの記事で、セッションに参加する時のマナーなんていうタイトルを発見したり、とにかくとっても大槻さんの記事を楽しみに読ませて頂いております。

    大槻さんからしたら、全く知らない私ですが、とにかく感謝の気持ちをお伝えしたくて、コメントをさせていただきました。
    ありがとうございます。とても勉強になります。

    大槻さんのますますのご活躍とご健勝をお祈りしてしますね。
    ありがとうございました。

  2. otsukimisumi より:

    >森 喜美子さん
    メッセージ、ありがとうございます!
    とても励みになるおことば、本当に嬉しいです。
    これからも、お役に立てるブログを書けるよう精進して行きます(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

音楽家としての「表現の自由」を謳歌する

「テクニックを身につけるのは、選択の余地を増やすためである」 そんなお話をよくし …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

とにかく歌う。毎日歌う。それを続ける。

生まれて初めて包丁を持つときは誰だって、 なんのことはない作業、 例えば、単に「 …

ヴォーカルが絶対上達するスーパートレーニング

何年歌ってもなかなか歌が上達しない理由は、 1.ピッチやリズムなど、ちゃんと歌え …

「どうやったらできるか」じゃなくて、「どうやったらなれるか」。

「どうやったらできるか」が知りたいのは、 真面目に学ぶ気のある人のお話です。 た …

「Fが難しくて弾けない」って理由でギター、やめる〜?

昨日、某大手プロダクションのお偉い方との会話。   M「最近、ギター科 …

「曲を知らなければ演奏できない」

「曲を知らなければ演奏できない」   当たり前のことのようですが、 こ …

「情報」との関係性を見極める

学校で音楽や歌を学ぶ一番のメリットは、プロフェッショナルの先生方に、 そのノウハ …

「最後に頼りになるのは自分の耳!」って、言いたい。

世の中には、耳のいい人というのはいるものです。   バンドがどんがらが …

「無駄な努力」は、 果たして本当に「無駄」なのか?

「あ。これやってみたい!」 ちょっとした閃きに、心をつかまれて、 どうにもこうに …