大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「どうせ向いてない」を変える3つのプロセス

   

楽器の練習や歌の練習、パフォーマンスや創作活動がうまくいかないとき、
自分がどうも上達していない、進歩しないと感じられるとき、
思ったように認められないとき・・・

 

多くの人がハマりがちなのが、
「自分には適性がないのでは?」という罠です。

 

「適性がないんだ〜。じゃ、や〜めた!」となれれば、簡単ですし、

そもそも、そんなに簡単にあきらめられるということ自体、
文字通り適性がないということですから、さっさと次に進めばいいのですが、
多くの人はそうはいかない。

 

悩み、苦しみ、やさぐれ、親のせいにし、
自己憐憫や自己嫌悪や自暴自棄に走ります。

 

しかし、ちょっと、待って下さい。

その前に、「適性」とはなんであるかを考えてみましょう。

 

誰にでも、他の人より「得意なこと」というのはあるものです。
足が早い人もいれば、裁縫や料理が得意な人もいる。
数学ができる人もいれば、英会話が得意な人もいる。

 

「得意なのは適性があるから」という考え方も、もちろんあるでしょう。

 

しかし、一方で、
何かに秀でているということは、そのことがらの本質をとらえていると、
考えることもできます。

 

スポーツでも、学問でも、技術でも、
上達や向上のために必要なプロセスは同じです。

 

1.ゴールを明確にすること。
 

2.自分自身の現状を客観的にジャッジし、ゴールとの距離を見極めること。
 

3.その差を埋めるために必要なことを選び取り、こなしていくこと。

 

1~3は必ずしもこの順番で可能になるとは限りませんが、
この3つのプロセスは必ずたどる、必要不可欠なものです。

 

意識する、しないにかかわらず、
得意なことに関しては、こうしたプロセスをごく当たり前に、自然に踏んでいる。

それが「適性がある」という評価につながるのです。

 

 

うまくいかないときに、うまくいかないことにばかり焦点を当てるのではなく、
 

自分が得意なこと、苦もなくできることに注目し、
それらはなぜうまく行くのか、なぜ得意なのかを、
今一度、冷静に分析してみましょう。

 

集中力のあり方、リラックスの仕方、思考の回り方、
視点の置き方、カラダのつかいかた、時間のつかいかた・・・

 

そこに、必ず、今、うまくいっていないことに生かせるヒントがあるはずです。

 

スポーツ選手と話しても、著作家と話しても、アーティストやエンジニア、
ビジネスマン、子育てに励む親御さんと話しても、

いつも必ずといっていいほど出てくることばは、

「人間のやることって、なんでも本質はおんなじなんだね」

ということ。

 

「適性」は自分の心が決めること。

ネガティブチェックはそろそろやめにして、もう1歩前に踏み出してみましょう。

9265025_s

本日午前10時より、『ヴォイス&ヴォーカル オープンレッスン12』の増席分のお申し込みを開始いたします。
詳しくはこちらからどうぞ>>

 

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「歌われているように書く」で英語の歌は劇的にうまくなる

ちょっと怪しいタイトルですが、 今日はタイトルだけ読んでいただければいいくらい、 …

50分の2の法則

「世の中の“おもしろいヤツ”、“デキるヤツ”の存在確率は50分の2である。」 高 …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

英語の歌詞を完璧に覚えるオタッキーな方法

歌詞を覚えることの大切さについては、 もう、口が酸っぱくなるほど言い続けているの …

知っていること vs. わかること vs. できること

知っていることと、わかっていることの間には、大きな溝があります。   …

「とにかくやる」

「やりたくないときほど練習をすると、やってよかったと思えるわよ」   …

迷う余地なく行動できるよう自分を追い込む

あれは中学生くらいのことだったでしょうか?   新しい学年がはじまると …

ヴォーカリストがリハーサルの前に最低限準備すべき3つのこと

昭和音大では『アンサンブル』という授業を受け持っています。 アンサンブルというと …

「そこまでやる?」がオーラになる。

「そこまでやらなくても・・・」 思わず、そんな風に言いたくなるほど、こだわりの強 …

「曖昧なこと」「わからないこと」を放置しない

歌や楽器の上達のために必要不可欠なことは、 「曖昧なこと、わからないことを排除し …