大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「できないこと」は「やらないこと」よりも、ずっとずっとマシ

   

「いつかやりたい」「いつかやろう」と思い続けていること、いくつありますか?

 

こどもの頃、「いつかやりたい」と思っていたこと。

世界一周をする。トゥシューズを履いて、バレエを踊る。
スキューバダイビングをする。新体操をやる。
飛行機を操縦する。フルマラソンを走る。英語ぺらぺらになる。
バンドをやる。富士山に登る。海外留学をする。乗馬をする。。。。

 

こどもの頃の「いつかやろう」は、

やがて、「お金ができたら」「時間ができたら」になり、

「こどもが大きくなったら」「仕事が一段落したら」になり、

気づいた頃には、「いつかやりたかった」「今さら無理だ」になっていく。

 

もちろん、「やりたい」の程度にもよりますし、
なんでもかんでも片っ端からやればいいということではないけれど、

 

心の中にずっとひっかかっている「憧れ」のようなものがあるなら、
それはGOサインととらえるべきではないか、というのが私の考えです。

 

「今さら」と思うかも知れないけど、
これからの人生の中で、今日、この瞬間の自分が一番若いわけで。

できない理由を数え上げてため息をついたり、
周囲への言い訳を考えては恥ずかしくなったりする暇があったら、
とりあえず、やってみればよろしい。

 

絶対に確かなことは、
やらないことはできないということ。
そして、やってみなくちゃ、できるかできないかはわからないということ。

 

年齢が、体重が、筋肉が、反射神経が、記憶力が・・・

しのごのしのごの、いいたい気持ちはわかります。

っていうか、この文章は、私自身にも書いているわけで、
だから、思いっきり、しのごのしのごの、言いたくなります。

 

でも、どんな状況でも、可能性はいつだってフィフティ、フィフティ
できるか、できないか。つまり確率は50%なわけです。

 

じゃ、やれば・・・?

 

年齢を重ねることで、若い頃何かをやるよりも圧倒的に有利なことがいくつかあります。

 

1.余計な見栄や競争意識がない分、失敗してもいいや、と力を抜いてやれるから、楽しい。

 

2.物事の本質はみな似たようなところがある。積み上げたさまざまな経験やスキルから、挑戦する物事の本質もとらえやすい。

 

3.人脈やお金があるので、最短距離、最善の方法を選び取れる。

 

いかがでしょう。

 

できないことは、やらないことよりも、ずっとずっとマシ。
少なくとも納得できる。

一歩を踏み出すことが肝心なのです。

6069051_s

 

 

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「環境を変えれば、夢が叶う」と思っていませんか?

「やっぱり、歌う夢を叶えたいんです!」 そんな風に熱く語る人に、最近、とてもよく …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …

「なに、夢みたいなこと言ってるの!?」

何年か前。 知人の家に幾人かの人と集い、 他愛もない話をしていたときのこと。 誰 …

「うちの子、音楽で食べて行かれるのでしょうか?」

まもなく成人式。 今年、新成人となる前途洋々の若者たちも、たくさんいることでしょ …

限りない偶然に選ばれてきた「特別な自分」

一瞬の選択で人生は大きく変わります。   もしもあの時、あの瞬間にラジ …

「お前は一体、どんな行動をして、今の状況を気に入らないと言っているんだ?」

週末なので、インサイドストーリー的お話を。 生まれて初めての音楽の仕事は、音楽学 …

「自慢話」してますか?

謙虚な人が好まれるのは、別に日本だけではありません。   欧米でも、 …

「無駄な努力」は、 果たして本当に「無駄」なのか?

「あ。これやってみたい!」 ちょっとした閃きに、心をつかまれて、 どうにもこうに …

最後は「自分の声」を聞くのだ。

「MISUMIサンはね、 もっと、自分じゃ恥ずかしくって赤面するくらい、 下世話 …

「たった5分」に情熱を傾けるのは不毛ですか?

高校時代のお話です。 文化祭前に来る日も来る日も練習に明け暮れる私に、 同級生の …