大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ことばの解釈に「正解はない」

      2016/01/18

高校時代の大半は、ロックとバンドとギター(そして男の子)に夢中で、
「学校の勉強なんてくだらない」と思っていました。
 

点数を取るための勉強に何の意味がある?

そもそも、点数で私の何をジャッジできる?

つまらないオトナが決めた基準で、自分自身の価値を計られてたまるか!

 

そんなロックな高校生でした。

 

さて、そんな私でも、やがて、「勉強」というものにおもしろさや意味を見出して、
時間を惜しんで教科書に向かうようになります。

 

ことばの意味は、時代や文化の変化とともに変わるといわれますが、

それよりなにより、ことばをつかう個人個人の経験や考え方によって大きく違うもの。

そして、ひとりひとりの成長や変化とともに、変わっていくものです。

 

「勉強」という意味ひとつからでも、取り出される情景や感情は人さまざま。

それが、ことばというものを深く、美しくしているとも言えます。

 

では、詩や歌詞はどうでしょう?

 

こちらのブログでもよく登場する私の父は、
こどもに「こども向け」なものを与えるのは、
つまらないと思っていたようなところがあります。
 

子守歌の代わりにサラ・ボーンやビリー・ホリデイといったジャズを聞かせ、

童話を読み聞かせる代わりに、
萩原朔太郎や、草野心平の詩を読み聞かせたり、
私たちに暗唱させたりしていました。
 
もちろん、本当の意味などわかるわけもないのですが、
父は姉と私がわからないということばの意味を根気強く解説しては、
「で、ここは、どういう意味だ?」「これ、どう思う?」と聞いてきます。
 
そして、そのたびに、とんちんかんな答えをする私たちの話を、
 
「ほほぉ。おもしろいね。」
「なるほど〜」とおもしろそうに聞くのです。
 
父に、「この詩はそんな意味じゃない」と否定されたり、
「この詩はこういう意味だ」などと押しつけられたことは、ただの一度もありません。

 

時折、「そうかなぁ?」「もっとよく考えてごらん」と促されたり、
父の解釈を教えてくれては、「お前たちはどう思う?」と、
意見を求められたりしたことはありますが、
 
それでも、いつでも、父は、私たちに、
ことばの解釈は、正解は、人間の数だけあって、
人間はいつもことばの世界で自由だと言うことを教えてくれたように思います。

 

 

解釈の難しい歌詞を歌うときも、
自分が経験したことのない内容を歌うときも、

 

作者の気持ちや、表現しようとした世界を追求するのも、

自分自身の経験に置き換えてみるのも、

全然違う意味づけをするのも、

拡大解釈や縮小解釈をするのも、

全部自由。
 
そうやって、発想を転換したり膨らませたりすることこそが、
歌の楽しさ、自由さです。

 

誰かの考えに捕らわれる必要はない。

まして、作者と同じ気持ちで歌わなくちゃいけない、なんてことも絶対にない。

誰かに解釈を押しつけられることも、
誰かに自分の解釈を否定されることもない。

未熟なら未熟なまま、
年を取ったら、その年齢相応に、
自由に、奔放にことばを解釈し、表現して行けばいい。

同じことばを歌う時も、人それぞれが違う歌になる。

それこそが、詞の深さ。おもしろさです。

 

 

歌い手も、聞き手も、そして、教える側も、教わる側も、
お互いのことばの表現を尊重し、受け入れていかれたら、
もっともっと、ことばは深く、楽しいものになるはずです。

 
17190684_s

 - Life, My History

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「想像力」と「思いやり」がコミュニケーションの鍵!

ここ2~3日、ものすご〜くいろいろな社会の、 いろんなタイプの人たちと、いろんな …

「長期記憶のゴールデンタイム」にあなたは何を記憶しますか?

「受験生といえば、まずは『でる単』」。 『でる単』、すなわち、『試験に出る英単語 …

自分自身の変化にどこまで鈍感かつ寛容でいられるのか?

人間は自分自身の変化には非常に鈍感かつ寛容なものです。   24時間、 …

「好きだから」っていう動機が一番すごい!

「キミのためなら死ねる」 『愛と誠』という漫画の脇役である岩清水くんの名セリフで …

no image
安心領域から出る

「自分の年収は親しい友達10人の年収の平均だ」という説があります。 親しい人とい …

「夢を叶える日記」の勧め

  日記をつけていますか?   実は私、小学校1年生から日記 …

つい、この間まで二十代だった気がする?

「先日、MISUMIさんがUPしてたママさんたちのコーラス、 すごくカッコよかっ …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …

「妄想」は所詮「妄想」です。

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、 (今となっては理由は定かでは …

バイブレーション

人は同調し合うもの。 長いこと一緒にいると、しぐさや話し方、果ては声まで似てくる …