大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「コネ」のつくりかた、教えてくださ〜い!

      2017/05/13

音楽業界にコネが欲しい!
少しでもたくさんの業界人と知り合いたい!

 

仕事や縁は人が運んでくれるものである以上、
そんな風に思うのは、音楽で生活をして行こうと思う人なら、
当然のことです。

 

「コネ」とは、
「便宜・利益が見込める人・組織との親しい関係のこと」(by日本語俗語辞書)。

アマチュア時代、右も左もわからずに、
どうやったら業界人と知り合えるんだろう・・・と、
苛立つ気持ちは、痛いほどよくわかります。

 

そんなとき、藁にもすがる思いで・・・
オーディションに応募する。

事務所やレコード会社に音源や資料を送る。

ライブやコンサートなどを見に行って、
その場で、自分のCDやプロフィールを配る。

「プロへの道が開ける」という謳い文句の音楽学校に入学する。

プロの弟子やローディーになる。

「○○さんに紹介してよ!」と友達のコネを頼る。

「プロになりたいんです!よろしくお願いします!」と
出会う人に言いまくる。。。

 

などなど、次々と試みる人たちがいます。

 

もちろん、行動することには絶対的な力があります。
どれも、チャンスがゼロというわけではありませんから、
家で、ニートしているよりは、100倍も建設的な努力です。

いろいろ試しているうちに、道が開ける人もいますし、
より、現実的な方法を模索する助けにもなるでしょう。

 

しかし、ここで、今一度、考えてみるべきことがあります。

 

それは、「準備はできているか?」ということ。
すなわち、

それなりのクオリティの演奏ができるのか?

いい歌が歌えるのか?

ある程度、人の心をつかむだけの曲を書けているか?

人の目を奪う、耳を奪う、何かを用意できているか?

 

そういった準備もできていないのに、
やみくもにデモをオーディションに送ったり、
事務所に送りつけたりすることは、

「モデルのスカウトがたくさんいる」という噂の原宿の通りを、
イケてないルックスで、行ったり来たりするのに似ています。

どんなに頻繁にスカウトの人の目に触れても、
目立てなかったら、絶対に声をかけてもらうことはできません。

 

どんなに有力な人に紹介してもらっても、
業界人の知り合いが何人できても、

パフォーマー、ミュージシャンとしての自分自身をアピールできなければ、
誰からも誘われませんし、
お仕事をもらえたり、人間関係が広がったりすることもないでしょう。

いつでもどこでも顔を出す、
彼氏、彼女のできない、「いいやつ」になってはいけません。

 

それより、なにより、

まず、今、置かれた状況の中で、いかに目立っていくか、
立っていくかを、頭が痛くなるほど考えるべきです。

 

本当にいいものなら、人は必ず、誰かに話したくなる。
おもしろいヤツなら、紹介したくなる。

 

 

大事なのは、「コネ」より、「口コミ」なのです。

 

学校に出入りしている先生が、自分の仲間に紹介したくなる。

ライブハウスで、次々いろいろな人に声をかけられるようになる。

「デモとかないの?」と聞かれるようになる。

どんどんバンドやライブに誘われるようになる。

噂を聞いた誰かに声をかけられる。。。

 

 

自分のクオリティが高まれば、
まわりが自分を放っておかなくなります。

 

行動するなといっているわけではありません。
小さな世界で満足しろと言っているのでもありません。

 

ただ、

闇雲に、コネ、コネ言う前に、
やれることは、まだまだたくさんあるんじゃないか。。。

今一度、そんな風に考えてみて欲しいのです。
9466091_m

明日12時頃発行の、およそ1ヶ月ぶりになってしまったメルマガno.118では、
私自身の経験を元に、『業界でコネが広がるリアルな方法』をお届けしようと思います。

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - プロへの突破口, 音楽業界・お金の話

  関連記事

「ちょっと歌ってみる?」・・・売られたケンカは必ず買うのだ。

「はじめまして!私、Y子と言います!うた、歌ってます! どうぞよろしくお願いしま …

ミュージシャンのランク付け

ランク付けをしたがるのは人間という動物の本能と言います。   「天は人 …

「ギャラ、おいくらですか?」

「ちなみに、MISUMIさん、おいくらですか?」 プロとして仕事をするようになっ …

「譜面なんか読めなくてもいいっすよね?」

「音楽、やらないんですか?」 一般の方とお話していて、ふとそんな質問をすると、 …

サポートミュージシャンを目差す人が取り組むべき、最も大事なトレーニング

一流のアーティストたちと大きなホールをツアーして回る、 いわゆる、サポートミュー …

オーディションに失敗したくらいで、いちいち落ち込んでる暇なんかないのだ。

長年業界におりますが、 いわゆる「オーディション」を受けたのは2回だけ。 2度と …

no image
音楽のプロは、まだまだ肩身が狭いのだ。

プロのボーカリスト、ミュージシャンとひとことで言っても、 その収入、グレード、仕 …

自分のギャラの基準 <前編>

さて、『「ギャラ、おいくらですか?」』、『音楽業界のお金の話』に続く、 お金シリ …

音楽業界のお金の話

「でさぁ、その歌手にくっついて旅して、バックコーラスやらせてもらうのに、 いくら …

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …