大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

91センチの挫折

   

自己啓発書の普及の名作といわれる『思考は現実化する』には、

金が採れるといわれる土地で、
お金をつぎ込んで採掘設備をそろえ、何年もがんばった末、
挫折して、設備を売り払い、故郷に帰ってしまった男の話が出てきます。

ところが、男が設備を売り払った相手がその土地を再調査したところ、
彼があきらめたところから、わずか91センチ下に、
金脈が眠っていることを発見したというのです。

 

 

さて、この話を読んで、どう思うでしょう?

今、置かれている状況に応じて、人それぞれ、感じ方も違うのは当然です。

 

○ばっかだなぁ。なんで、そんなタイミングであきらめるのかな?
だったら、もっと早くあきらめた方がいいだろ?

○あぁ〜、わかるなぁ。。。ついてないやつって、こういうもんだよね。
結局、運命なんじゃないの?

○「91センチ」って、わかってたら、誰だってやめないでしょ?
なんで、あきらめる前に、もっとちゃんと調べなかったんだろ?

○あとちょっとががまんできないのが人間だ。
そもそも、たまたま91センチだっただけで・・・
91メートル進んでも見つからないようなものを、
探しあてようと粘るなんて、時間の無駄だ。。。

 

この話には後日談があります。

設備を売った相手が金鉱で大もうけをしたと知った男は、
その後、どんな試練にあってもけしてあきらめないと決心し、
やがて、金鉱脈を掘り当てたのと匹敵する財を築いたそうなのです。

 

 

 

男にとって、金鉱は、次なる成功へのステップ。
失敗や挫折は必要な修行だったのかもしれません。
それとも、失敗に懲りた男は、次の成功に向けて、
「あきらめてはいけない」ということを学習したのでしょうか?
もしくは、たとえ、男があきらめずに金鉱を採掘し続けても、
結局、男には見つけられなかった。
すなわち、それが男の運命というものだったのか。

 

それとも、それとも、
男には思い込みが足りなかった、
だから、金鉱では成功を「引き寄せ」られなかったのでしょうか?

 

 

ずいぶん昔に読んだ本ですが、

今でも、私はことあるごとに、この幻の91センチを思い、

私にとっての91センチはなんだろう?と考えます。

 

あなたの91センチはなんですか?

9272915_s

 

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「時間」

少し前までは平成生まれと聞くと、 隔世の感があって、がっくりきたものですが、 今 …

音楽家として認められるために大切なこと

昨日は大学の卒業ライブでした。 終了後、旅立つ若者たちに、 「今後活動していくた …

「大学って夢をあきらめるために来るところなんですよね?」

夢と希望に胸を膨らませて日本全国からやってくる学生たち。 入学の時の夢は、 「自 …

落ちるときにはとことん落ちる

身も心も、奈落の底まで落ちるような感覚を経験したことのないという人は、 世の中に …

「魅せたい自分」を演出する

スポットライトの中の3時間を支えるのは、 何千時間もの、気の遠くなるような、自分 …

「○○っぽくないね。」と言われたときこそ、チャンス。

ハードなロックシンガーを目指しているのに、 「癒やし系だね」などと言われたら、 …

Pay it forward〜恩送り〜

今まで生きて来て、お世話になったなぁと思える人は、 何人ぐらいいるでしょう? そ …

「できる人」が集まる環境に身を置く

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、 きらりと光る知性を身につけたり、 楽 …

「ひどいことを言われた」と感じたときこそがチャンス

20代の前半で、当時10才前後先輩だったプロフェッショナルの先輩たちに、 それは …

「初めて」が「自分の基準」になる!

オーディションなどの審査をするとき、 最初に出てきたパフォーマーが、まずは採点の …