大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「バンマス・マニュアル」を作成せよ! <バンド結成編>

      2016/02/02

音楽好きの仲間と集まると、
「バンド組みたいよね〜」と、やたら盛り上がるのに、
何年経っても、実現しないという人。

 

「ライブやりたいんだよね〜」と言ってばかりで、
気がつけば、また1年経っていた、という人。

 

バンド組んで、えいやっとライブ決めたはいいけど、
どうやってお客さんを呼ぶのか、
ライブハウスとはどんな風に話を進めたらいいのか、
当日はどんな風に流れるのか、不安でたまらないという人。
 

そして、記念すべき第1回ライブは終わったけれど、
本番当日、ドタバタになっちゃって、
自分も演奏に集中できなかったり、
ライブハウスのスタッフさんに迷惑かけて叱られたり、
「仕切り悪いね」と仲間にディスられてしまったという人。

 

ミュージシャンの多くは感覚派。
勢いはいいけど、マネージメントやコーディネートが苦手。
そもそも、音楽やるのは楽しいけど、「仕切り」は別のエネルギー。。。
 

しかし、バンドをやったり、ライブをスムーズにやったりするには、
現実的かつ、実務的な、面倒な作業がたくさんあって、
メンバー全員がそこから目をそらしていたのでは、
絶対に、バンドもライブも実現しません!

 

そこで、やるべきは、「バンマス・マニュアルの作成」です

マニュアルをつくりさえすれば、
後は、単純にひとつひとつの作業を分担してこなすだけ。

あーでもない、こーでもないと迷ったり、
考えたりする煩わしさから解放されます。
 

最初は面倒に感じるかもしれませんが、
一度つくれば、後はその都度、項目を入れ替えるだけ。
すべてをシステム化するだけで、
自分は一番大事な演奏に集中できる時間が増えます。

 

「じゃ、どうやってつくるの?」

という方のために、私なりのひな形をシェアします。
当たり前のことばかりで、ちょっと恥ずかしいのですが、
こんなのが、意外に役に立つんです!

 

実は私、このマニュアルで、某ミュージシャンを、
立派な「バンマス」として一本立ちさせた経験があります(^^)

【バンド結成】

(1)メンバー打診→仮・決定(下記に候補者の名前を書いて、次々連絡する)

ベース(            )(            )
ギター(            )(            )
ドラム(            )
キーボード(            )
ボーカル(            )
その他(            )

 

(2)音合わせ日程(音合わせをしてみて、しっくりこない場合は、(1)に戻る。)

・メンバーのNG日程、OK日程をチェック
ちなみに『調整さん』などのアプリをつかうと便利。

・グループLine、fbグループは今の時代、マストアイテムですね。
使えない大人ミュージシャンもまだまだいるんですが・・・・

・曲を決める。
オリジナル曲をやるためのメンバー集めというのでないなら、
いきなり「オリジナル!」と気張らなくても、まずはメンバーの腕試しとして、
カバー曲で充分。
やりたい音楽的方向性の曲を何曲か選ぶ。

・スタジオを探す→押さえる
今の時代、スタジオ探しには苦労しませんね。
値段と広さの見合った場所を。

・スタジオの場所、入り時間、曲の資料、当日のスタジオ代の負担について等を、
メンバーに連絡する。

 

(3)音合わせ

楽しくやるもよし。シビアにやるもよし。

これからライブをやろう!などと真剣に考えているなら、録音、録画はマスト。
イマイチだなぁ、と思ったプレイヤーと、音合わせ後に飲みに行ったりするのは、
やめておくのが無難。

(4)音合わせ結果をもとに、今後の方針を決める。

1人で決める場合、複数で決める場合など、いろいろ。
どちらにしても、音合わせの録音、録画はマスト。

・このメンバーで行こう!
・一部メンバーチェンジ。
・メンバー全取っ替え。

 

・音楽性をどうするか?
・曲をどうするか?……etc.etc.

 

ここまで見えたら、次の段階。「ライブ」へ!
異様に長くなっちゃいそうなので、

この続きはまた!

 

4343684_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, プロへの突破口

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「左脳で感じる」練習法

「おとなは左脳で感じる」。 私の持論です。 ある程度成長すると、 こどものように …

ボイストレーナーなんかいらない自分になる。

『ダイジェスト版MTL voice&vocal オープンレッスン12』が …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

「君たちには問題意識というものが足りない!」

「君たちには問題意識というものが足りない!」 大学4年の時、ゼミの担当教授が、 …

疑問や不安を放置しない!

学習の過程はいつも同じです。   1.気づく。 2.原因を探る。 3. …

記憶に残る「デキるやつら」は一体何が違ったのか?

かつて、教えていた音楽学校では、ヴォーカルの授業を 定期的にインスト科の生徒たち …

学習は、頑固で怠惰な自分の脳との戦いだ!

本来外来語であることばを、 そのまま日本語の音に置き換えただけの「カタカナ語」。 …

1つの曲に含まれる驚くべき情報量

「普段、どんな音楽を聴いているんですか? やっぱり、レコードとか、CDとか、たく …

「あなたのアイドルは誰ですか?」

「あなたのアイドルは誰ですか?」   いえいえ。 今日は、「ルックスが …

「残念なミスコピー」は、そろそろ卒業しましょう。

誰もが一度は、 人の歌や演奏を聞いて、カッコいい!マネしたい!カバーしたい! と …