大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

やりたいことを、「はじめるコツ」

   

人は「はじめられない」生き物です。

 

何かをはじめるということは、自分との戦い。

「自分」という、臆病で保守的で怠惰で自己評価の低い最大の敵を、
納得させ、その気にさせ、さらには行動を起こさせなくてはいけません。

 

まず、「今日じゃなくてもいいか」がある。
それから、「お金ができてから」があって、
「時間的に余裕ができたら」があります。

 

人間、「やりたい!」と思い立った時が一番エネルギーが出るもの。
そこからは、基本、エネルギーレベルは下降線です。
 

条件が整うのを待ったり、時期を見計らったりしているうちに、
やりたい気持ちはどんどん薄れ、エネルギーレベルは落ち、
気がつけば、やりたかったことさえ忘れてしまう。

 

そんな、「いつかやりたいこと」、
いや、「いつかやりたかったこと」のリストがどれくらいあるでしょう。

 

そうこうしているうちに、

人生はどんどん複雑になり、
仕事はどんどん多忙になり、
体力はどんどん衰えます。

気がつけば、あれもすればよかった、これもすればよかったと後悔ばかり。

 

そんな人生はごめんですね。

 

私の場合、「はじめる」にはコツがあります。

 

それは・・・お金をつかうこと。

 

「はぁ〜?お金ぇ〜?」と思うでしょうか?
ちょっと考えてみてください。

 

行きたかったコンサートに実際に行けるか行けないかは、
チケットを手に入れたかどうかが決め手になるのではありませんか?

お稽古事が身につくのは、お金を払ったからでは?

お金をかけてそろえた道具は、なんであれ、
やっぱり、もったいないからつかわなくちゃと思う。
だから、それなりに、練習するのではないですか?

 

 

「お金はエネルギー」とは、よく言われることばです。

 

「○○したい!」と自分の中から生まれたエネルギーは、
本来、行動という形で外に放出すべきなのですが、

なんだかんだと行動にブレーキがかかるなら、
「お金」という、シンプルで楽な方法で、
自分の内なるエネルギーを外側に出し、具現化してしまうのが正解ではないか。

 

すると、外に出た、具現化されたエネルギーの力で、
今度は自分が引っ張ってもらうことができるはず。

 

たとえば、ギターを上達したいと思ったら、ギターを買う。
そのギターの魅力に、今度は自分が引っ張られ、
練習をするようになる。

そのギターを誰かに見せたくなって、バンドをやる。
せっかくだから、もっと上達したいと思ってレッスンに通う。

 

旅行に出かけたいと思ったら、その思いを、チケットに変える。
そうすれば、チケットのエネルギーが、
必ず旅行に連れて行ってくれるようになります。

 

いかがでしょうか?

ひょっとしたら、私がケチだから、うまくいくだけなのかもしれませんが、
思い当たることがあったら、是非、やってみてくださいね。

 

36184679_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ハリネズミのジレンマ〜「安心距離」に過敏にならない〜

そんなつもりじゃないのに・・・なんでわかってくれないんだろう? 一所懸命やってい …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …

「もっと遊べ!」という謎のワード

「MISUMIちゃんは、もっと遊ばなくっちゃ。」 来る日も来る日も歌のことばかり …

ちゃんと仕事しろっ!

NYに住みはじめて、 寮の自分の部屋に電話を引き込むため、 電話会社に出向いたと …

人が日課をつくる。 日課が人をつくる。

朝起きた瞬間、 テレビをつけてその前に座り込む人。 もう一回寝ちゃおうと、二度寝 …

「お前は一体、どんな行動をして、今の状況を気に入らないと言っているんだ?」

週末なので、インサイドストーリー的お話を。 生まれて初めての音楽の仕事は、音楽学 …

声の変化と向き合う vol.2〜変化を受け入れ、味わい、楽しんだものが勝ち

「声の老化」についての第2回です。   第1回は、年齢を免罪符にせず、 …

居心地のいい場所では一生学べないことをアウェイは一瞬で教えてくれる

「一般の人向けの本を出版したいんなら、 一般向けセミナーくらいやらなくちゃダメで …

「人前で歌うのが怖い」?

人前で歌う事に恐れを感じる人が多いのは、なにも日本人だけの話ではありません。 & …

時間の密度を高める集中のコツとツボ

作品をつくりあげるとき、 制作現場で、 そして、トレーニング、練習、リハーサルで …