大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分が自分であることの奇跡

   

今日はお誕生日でした。

 
いくつになっても、誕生日はとてもワクワクします。

プレゼントをもらったり、
ケーキを買ってもらったり、
お祝いのメッセージをもらったりすることも、
もちろん幸せなのですが。

 

自分が生まれてからこれまでのことに思いを馳せるほどに、
なんだか心が満たされて行きます。

 

この世の中に、自分自身として生を受けるということは、
数え切れない奇跡に選ばれたということ。

 

何千何万の、いやそれ以上かもしれないけれど、
たったひとつの要素が違っても、
今の自分はこの世の中に存在していないわけです。

 

そして、
生まれてからこれまで、
出会ってきたもの、出会ってきた人たち、

そのすべての組み合わせが今の私をつくっている。

 

たとえば、

 

小学生の時、たまたま聴いていたラジオから、たまたま流れた曲が、
私の人生を変えました。
高校時代に、たまたまとなりの席に座った同級生が、
教えてくれたバンドが、私の音楽人生を決定づけました。

 

大学時代に、たまたまバイト先のラジオで流れた曲が、
私のヴォーカルスタイルを変えるほどのインパクトをくれ、

 

卒業直前に友達のおねえさんに頼まれて、
たまたま出かけたシロウト通訳のお仕事がきっかけで、
さまざまなCMの仕事をするご縁をいただき、

 

音楽学校でたまたま出会った友達が、
たまたまできなくなった仕事のトラを引き受けたおかげで、
はじめて全国ツアーをまわることになり・・・

たまたま×たまたま×たまたま×たまたま×たまたま×たまたま×・・・・

 

無限の「たまたま」、偶然が、
今の私をつくり、今、この瞬間、私がいる場所に私を連れて来てくれた。

 

そんな風に考えれば、
どんなに平穏、平凡に見える人生も、
ダイナミックで圧倒的な奇跡の上に成り立っているもの。

 

年を重ねるほどに、
一足先に旅立って行く友を見送る機会が増えてきました。

 

「当たり前」なんてことは、この世にひとつもない。

どんな価値観だって、一瞬で崩壊するし、
どんな瞬間だって、だから、感謝に値するほど、
素晴らしい贈り物。

 

今日という日に感謝。

私と出会ってくれたすべての人に感謝。

私とすれ違ってくれた、すべてのものに感謝。

 

THANK YOU FOR MY HAPPY BIRTHDAY!

 

FullSizeRender 33

 - Life, My History

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

自分の「スタイル」を持つ

昔のミュージシャンは、ひとつのバンド、1枚のレコードを、 それはそれはこだわり抜 …

風邪に克つ方法

普段、どんなに目の前でゲホゲホやられても、 「そんな風邪は絶対にうつらない」、と …

カラダを粗末に扱わない。

カラダは神様がくれる、生涯たったひとつの大切な宝物。 大切につかえば、ちゃんとこ …

その瞬間、ちゃんと声出してますか?

一昨年の夏。満員電車の車内でのこと。 入口付近に、憔悴したようすのお年寄りが立っ …

落ちるときにはとことん落ちる

身も心も、奈落の底まで落ちるような感覚を経験したことのないという人は、 世の中に …

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

「苦手なことは、時間と共にますます苦手になる」悪循環を断つ3つの方法

人は、得意なこと、適性があることを、 好んでやる傾向があります。 また、自らは、 …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …

なにをハンディとするか、 なにをチャンスと考えるか。

「やっぱなぁ〜。東北人は、生まれながらにハンデ背負ってんだなぁ〜」 カツゼツとビ …

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。 バイトは朝の9時から夕方5時まで …