大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「無能な奴はロックをやれ」

   

ず〜っと見たかった、『セッション』という映画を見ました!

 

音楽映画であるにも関わらず、やたら刺激的な映画で・・・

と、はじめると、A面みたいになっちゃうので、
ここではあえて、映画のことについては触れません。
興味のある方には是非ごらんいただくとして。
「無能な奴はロックをやれ」という、今日のタイトルは、
超絶技巧と言われたジャズドラマー、バディ・リッチの写真と共に、
映画の中に登場するポスターに書かれていることばです。

バディリッチのことばのようですが、定かではありません。)

IMG_4757

 

長年、人間をやっているとしみじみ思うのは、
人は、自分が心酔し、一所懸命やっていることを、
重要なことであると感じるものだということ。

 

多かれ少なかれ、
自分は有能で、他の人にはわからないことがわかっていて、
だから、自分は重要人物であると、認められたいもの。

 

そして、その傾向は年齢を重ねるごとに、
地位が高くなるほどに、強くなっていくということ。

 

人は自分の価値基準で物事を見るもの。

他人の目で世の中を見ることは不可能なのだから、
それは仕方ないことですね。

 

超絶技巧のジャズプレイヤーの中には、
ロックは誰でもできる簡単な音楽と考える人もいるでしょう。

 

ジャズをやる技量がないから、
ロックをやってるんだと考える人もいるかも知れません。

 

それって、実は、

毎日「カネ、カネ」と騒いでいる人は、
お金を持っていない人は、能力がないからお金を持てなくて、
だから不幸だ考える。

一流大学に入ることがすべてと考える人は、
東大に入らないのは、東大に入る能力がないからだと考える。

 

みたいなのと似ている気がします。

 

理論やテクニックを死に物狂いで練習しなくても、
誰でもそこそこ演奏できるのがロックのいいところ。

シンプルな音楽に、
自分の情熱や感情をストレートにぶつけられる潔さ。

そして、胸のすくような圧倒的な、「ロック的」なカッコよさは、
ロックならではのもの。

 

 

「無能な奴はロックをやれ」

と言われたら、

はい。無能なんでロックやってますけど、なにか?

(Yes,I am playing in a rock band because I don’t have ability of ….what?)

 

な〜んて、やさぐれるのが、またロックでカッコいいんですけどね。

 

 - 音楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

コンサートの楽しみ方は、ホントにいろいろ

仕事柄いろんなコンサート会場に足を運んできました。 その度に、コンサートの楽しみ …

ねつ造できない感動が、人の心を動かす。

How じゃなく、Why。 このブログでも幾度となく取り上げてきているこの命題は …

音ジャンク vs. 音グルメ

先日、お友達の某有名ドラマーKさんとお話していた時のこと。 レコーディングの際の …

ロックへの反逆

「お前なんかロックじゃねぇよ。オレは認めね〜ぜ。」 少し前のこと。 ロック的なサ …

「これで完璧!」って、なぜ言える?

神は細部に宿る。 通り一遍やるなら、誰でもできる。 ひとつ、ひとつの精度をどこま …

楽器はプレイヤーの「心」なんだっ!

昨今、SNSで楽器が盗難に遭ったというニュースが次々に流れてきます。 昨年末も、 …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

「プロじゃない」から、すごいんだ。

最近、セミナーや講演を通じて、 全国の音楽愛好家の方たちと接する機会が多くなって …

「彼の演奏は完璧だ。だけど、彼の演奏はEmpty(空っぽ)なんだ。」

「この歌手は”お上手”過ぎて、面白くもなんともねーな。」 …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …