大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

   

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。

バイトは朝の9時から夕方5時まで。

本が大好きだった私は、
春休み、夏休み、冬休みと、大学が休業期間に入ると、
毎回必ずそこでバイトをさせてもらっていました。

 

実家のあった品川から、神田神保町までの往復時間を入れて、
(お金がなくて、ロードランナーでバイトに通っていた時期もあります。)
バイトに取られる時間は10時間×週5.5日。

その以外の時間に、歌のレッスンがあり、
ピアノレッスンがあり、ダンスレッスンがあり、
バンドの練習があって、

レッスンも練習もないときは、
家に帰って練習するか、曲や歌詞を書くか、
本屋に寄って、本を見て回るか・・・
 

それが私の日常で、いかに、スキマ時間をつくらないように、
自分の夢に向かって時間を最大限に使うかということが、
当時の(今もですが)ひとつの目標でもありました。

 

同じバイト先に、実家住まいで花嫁修業中の、まぁ、今で言うフリーターのような、
20代半ばくらいの女性がいました。

 

いつもほんわかした、優しい空気感のある人で、
私は彼女が大好きでした。

 

あるとき、私が、毎日の暮らしぶりを何の気なしに話したところ、
彼女はふと、こう言ったのです。

「あらまぁ、な〜んて毎日、盛りだくさんで忙しいんでしょう。」

 

そのとき、生まれて初めて、
「あ。何にもしないっていう暮らし方もあるんだ。」と気づいたのです。

 

当たり前のことのようですが、
私のように生きて来た人間にとっては衝撃でした。

そっか。
朝起きて、バイト来て、帰って、寝る。
それ以外、何にも予定のない毎日というのが存在するんだ!

 

なんてゆとりのある、なんてゆったりした時間だろう。
だから、彼女のように、優しい空気感が出せる人になれるんだ。。。

 

言うまでもないことですが、人間の価値観はひとつだけではありません。

 

夢に向かってがつがつ生きる。
一分一秒も無駄にしないで目標に向かって邁進する。

そんな生き方は、別に美徳でもなんでもない。

 

それはひとつの生き方であるというだけです。

 

 

学生たちを見ていると、
なんだか、ひとつの価値観にとらわれている気がするときがあります。

つまり、「がつがつ邁進」「ビッグになるぜ」というマインドを持つのが正しくて、
がんばっている人はすごい。前進している人こそカッコいい。

という価値観です。

 

あのね〜。講師やっているんで、練習なんかしなくていいよ、とは言えません。

高っい高い授業料を払って、いろんなことを投げ打ってやってくる、
ポテンシャルもやる気もたくさんある人に最高の教育を、
というのが音楽大学というものと信じているので、
もちろんこちらも、それなりに厳しくやります。

でもね。そもそも、ほんわか、優しい毎日に幸せを見出している人が、

「がつがつ邁進」的価値観に自分の価値観を転換しようとするのは苦痛なはず。

 

それは、私にとって「ゆったりのんびり優しい人生」があり得ないのと同じくらい、
あり得ないし、苦しいはずです。

 

インターネット、SNSのおかげで、
人々の嗜好は多様化してきたと言われていますが、
今まで以上に、価値観は似かよってきていると思えてなりません。

人に注目されること。評価されること。
お金をたくさん持っていること。
有名になること。
成功すること。
可愛く見られること。若く見られること。。。

目標を持つのは素晴らしい。

そういう生き方はカッコいいかもしれない。

 

でも、がつがつ生きない。
今の自分の人生をゆったり楽しむ。
毎日、時の流れるのを味わう。

 

そんな生き方だって、絶対カッコいい。

 

春が来ました。

自分にとって、本当はどんな風に生きるのが心地よいのか、
じっくり考えてみたいシーズンです。

15135417_s

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「そんなんで、どうやって食べていくんだ?」

昨日、街で前を歩くオシャレでダンディな年配の男性と、 若い女性の会話が、聞くとは …

「謙遜しない」という生き方

「私はただのシロウトなので」 「下手のよこずきで」 音楽やっているんですか?と聞 …

「悔しい」「うらやましい」「憎たらしい」がパワーの源

自分が叶えたくて仕方のない夢を、 身近にいた人があっという間に実現してしまったと …

年齢を重ねることは「変化」であって「劣化」ではない。

「今さら」、「この年で」、などとということばを聞くたびに、 本当にいらっとします …

わかってないのは、そいつの方じゃないのか?

「自分のこと、めっちゃ美人だと勘違いしてる、ぶっさいくな女っているよね? &nb …

「雰囲気」とは身にまとうもの

「わかってないなぁ。 ああいうスキャンダラスな雰囲気、お前、出せるわけ?」 &n …

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

『The ワークショップ Show』という挑戦

ヴォイス&ヴォーカルトレーナーとして、著者としての記事はB面、 ヴォーカリスト、 …

ひっぱたかれても納得できないことはやらない!

  まだ幼稚園に通っていた頃。 つまりとんでもなく昔のお話ですが。 & …

オレの方がすごい?「優越感シンドローム」

ある程度キャリアのあるプロフェッショナルなら、 誰しも、自分自身の仕事や能力にプ …