大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「あ!あれね」

   

人気コメディアン、マイク・マイヤーズ主演、
『ウェインズ・ワールド』という映画の中の、楽器店での一コマ。

ストラトキャスターの試奏をしようと、ウェインが
“Stairway to heaven”(天国への階段)のイントロを弾こうとした瞬間、
店員が慌てて制し、店の壁に掲げてあるサインを指さします。

 

“No Stairway To Heaven”!(『天国への階段』禁止)

 

ハードロック好きのギターリストなら、
必ずといっていいほど練習したこのイントロ。

ものすごく簡単に弾けるのに、
それでいて、キャッチーで、魅力的。

そして、「お。ZEPじゃん」と言ってもらえる、
ちょっと自慢できるアイテムなんですね。

はい。もちろん、私も、弾いてました。

 

実際にはこの映画の中でつかわれているリフは
『天国への階段』のイントロとは似ても似つかないものですが、
ウェインが押さえているギターのポジションで、
「あ!あれね」とみんながわかってしまう・・・。

 

ある特定のバンドのファンが、
そのバンドの曲を一瞬で言い当てるというはあるでしょうが、

全世界で200億円もの興行収入をたたき出した映画の視聴者の大部分が、
「あ!あれね」というのは、ものすごい神度です。

 

同じような爆発的なパワーのある曲、イントロは、例えばなんでしょう?

世代よってばらつきはあるでしょうが、
たとえば60〜70年代ロックなら・・・

ビートルズの『ハードデイズ・ナイト』。

おなじみ『スモーク・オン・ザ・ウォーター』。

ジミヘンの『パープル・ヘイズ』。

ジェフ・ベックの『ブルー・ウィンド』
(あ。マニアック?だってハイハットだけでわかるってすごい!)

ローリング・ストーンズ『サティスファクション』

ジョン・レノンの『イマジン』・・・etc.etc.

 

メロディ、コードだけでなく音色や、録音の雰囲気のすべてが、
その曲を象徴する”サウンド”として脳裏に刻まれています。

 

そんな音楽を創り出したアーティストたちもすごいけど、
そんな音楽が生まれた時代もすごい。

そして、そんな音楽に出会えた、ときめいた、
自分の幸運に感謝しています。

 

あなたにとって、
かかった瞬間に「あ!あれね」とわかる曲はなんですか?

32819730_s

 - 音楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

39899599_s
ロック?メタル?ハードロック? (1)

ニューヨーク時代、久々にダイアナ・ロスが聴きたくなって、 タワーレコードへ出かけ …

collageit
何を切り取るか。どう切り取るか。

家族や友人たちと、昔の思い出話をしていると、 記憶に蘇ることや、「こんなことがあ …

14335981 - beautiful emotional woman in kitchen interior cooking  art  creative concept
感動を引き起こすのは、人の心に眠る「ストーリー」

学生時代、父と2人、よく軽登山に出かけたものです。 汗だくで、4〜5時間かけて、 …

32288068_s
「嫌い」なものは「嫌い」

人の好みはいろいろです。   納豆が大好きな人もいれば、あの匂いには我 …

IMG_4757
「無能な奴はロックをやれ」

ず〜っと見たかった、『セッション』という映画を見ました!   音楽映画 …

11765701 - studio portrait of a one caucasian young man listening to music lover with speakerphones isolated on white background
音ジャンク vs. 音グルメ

先日、お友達の某有名ドラマーKさんとお話していた時のこと。 レコーディングの際の …

4365807_s
人は、エネルギーに魅了されるのだ!

「音楽はエネルギー」     そんな風に考えています。 &n …

13536284 - dry t-shirt
自分の「スタイル」を持つ

昔のミュージシャンは、ひとつのバンド、1枚のレコードを、 それはそれはこだわり抜 …

28805951 - dj with record player woman at work
音源はお金を出して買ってくださいね。

レッスンなどで、「歌いたい曲を持ってきてね」というと、 いきなりスマホでYouT …

65204955 - teenager sitting at his piano with his head in his hands.
「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …