大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「時間」

   

少し前までは平成生まれと聞くと、
隔世の感があって、がっくりきたものですが、

今やミレニアム生まれが続々とレッスンにやってくる時代。
 
ここ1~2年レッスンさせてもらっているアイドルグループ、
M!LKの子たちにも、ミレニアム=2000年生まれが3人もいます。

一方で、憧れていたロックスターや、
先輩ミュージシャンたちの訃報を聞くことも多くなり、

まさに諸行無常を実感しています。

 

 

時間って、なんなのでしょう?

 

「地球の歴史、46億年を1年に例える」という話を聞いたことがあるでしょうか?

1月1日に地球が誕生したとすると、

現生人類、ホモサピエンスが生まれるのは、
なんと12月31日の午後11時37分。

そして同じく12月31日の23時59分59秒に、
20世紀がはじまり、終わるそうです。

 

宇宙規模で考えると、私たちの一生は、
瞬きする間もないくらい、一瞬にしゅっと終わってしまうことになります。

 

 

その「しゅっ」の中に、どれだけの密度の喜怒哀楽が詰まっているか。

どれだけの幸福な時間と、どれだけの出会いが詰まっているか。

 

 

通り過ぎてしまった時間は、どこへいくのでしょう?

「しゅっ」と終わったその後は、私たちはどこへいくのでしょう?

 

今でも、鮮明に蘇る、数々のシーンが、
今もどこかで再生されているような感覚に捕らわれることさえあります。

 

 

時間や宇宙というものに対して、
完全無欠の明確な答えを持っている人はどこにもいません。

 

現代の科学の意味を根底から変えてしまう、
とんでもない発見が、これからなされないという保証は、
どこにも、一つもありません。

 

かつて、
「生まれてから死ぬまで、みんなただ、同じ場所で眠り続け、
夢を見ているだけなんだ」という内容の物語を読んだことがあります。

 

すべてが夢だとしたら、それは、希望なのか。
それとも絶望なのか。

そして、それは、今の「時間」という考え方と、
何が違うんだろうと、考えたものです。

 

 

答えは出ません。

 

ただ、わかっているのは、

知りうる限り、時間は前にしか進まないこと。

人の持ち時間には限りがあること。

人はひとつの時間軸しか体験できないこと。

 

 

 

何をしてもいい。
何もしなくてもいい。

 

ただ、可能な限り、その「しゅっ」が、
色彩と愛情と音楽と幸福と・・・ありとあらゆるワクワクで、
彩られていたらいいなと。

 

あなたの「しゅっ」も、私も「しゅっ」も、ね。

31345366_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …

「会いたい」というエネルギー

卒業式で「じゃ、またね」と別れて、 それきり一度も会っていない友達、何人くらいい …

多感なこどもたちにジョークは通用しない

小学生の音楽の授業のときの話です。 「ではこの曲を、誰かに歌ってもらいましょう。 …

「自信」に根拠なんか、いらない。

ヴォーカルのプロとしてさまざまなお仕事をしながらも、自分に全然自信が持てなかった …

大きな波を引き寄せる

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、 来るときには、ど〜〜っと来て、 …

「真っ白な灰」に、なりますか?

リングの上で真っ白な灰になった、『あしたのジョー』。 命を賭けられるほどのものに …

no image
安心領域から出る

「自分の年収は親しい友達10人の年収の平均だ」という説があります。 親しい人とい …

やりたいことを、「はじめるコツ」

人は「はじめられない」生き物です。   何かをはじめるということは、自 …

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …