大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「時間」

   

少し前までは平成生まれと聞くと、
隔世の感があって、がっくりきたものですが、

今やミレニアム生まれが続々とレッスンにやってくる時代。
 
ここ1~2年レッスンさせてもらっているアイドルグループ、
M!LKの子たちにも、ミレニアム=2000年生まれが3人もいます。

一方で、憧れていたロックスターや、
先輩ミュージシャンたちの訃報を聞くことも多くなり、

まさに諸行無常を実感しています。

 

 

時間って、なんなのでしょう?

 

「地球の歴史、46億年を1年に例える」という話を聞いたことがあるでしょうか?

1月1日に地球が誕生したとすると、

現生人類、ホモサピエンスが生まれるのは、
なんと12月31日の午後11時37分。

そして同じく12月31日の23時59分59秒に、
20世紀がはじまり、終わるそうです。

 

宇宙規模で考えると、私たちの一生は、
瞬きする間もないくらい、一瞬にしゅっと終わってしまうことになります。

 

 

その「しゅっ」の中に、どれだけの密度の喜怒哀楽が詰まっているか。

どれだけの幸福な時間と、どれだけの出会いが詰まっているか。

 

 

通り過ぎてしまった時間は、どこへいくのでしょう?

「しゅっ」と終わったその後は、私たちはどこへいくのでしょう?

 

今でも、鮮明に蘇る、数々のシーンが、
今もどこかで再生されているような感覚に捕らわれることさえあります。

 

 

時間や宇宙というものに対して、
完全無欠の明確な答えを持っている人はどこにもいません。

 

現代の科学の意味を根底から変えてしまう、
とんでもない発見が、これからなされないという保証は、
どこにも、一つもありません。

 

かつて、
「生まれてから死ぬまで、みんなただ、同じ場所で眠り続け、
夢を見ているだけなんだ」という内容の物語を読んだことがあります。

 

すべてが夢だとしたら、それは、希望なのか。
それとも絶望なのか。

そして、それは、今の「時間」という考え方と、
何が違うんだろうと、考えたものです。

 

 

答えは出ません。

 

ただ、わかっているのは、

知りうる限り、時間は前にしか進まないこと。

人の持ち時間には限りがあること。

人はひとつの時間軸しか体験できないこと。

 

 

 

何をしてもいい。
何もしなくてもいい。

 

ただ、可能な限り、その「しゅっ」が、
色彩と愛情と音楽と幸福と・・・ありとあらゆるワクワクで、
彩られていたらいいなと。

 

あなたの「しゅっ」も、私も「しゅっ」も、ね。

31345366_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

やりたいことを、「はじめるコツ」

人は「はじめられない」生き物です。   何かをはじめるということは、自 …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

18才のように夢見て、38才のように考察し、28才のように行動する。

18才のとき、夢は無限大でした。 自分自身にも、自分の可能性にも、未来にも、なん …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

前途洋々な若者に思わずアドバイスしてしまう5つのこと

時間は年齢とともに加速する。   噂には聞いていたけど、 そして、20 …

その瞬間、ちゃんと声出してますか?

一昨年の夏。満員電車の車内でのこと。 入口付近に、憔悴したようすのお年寄りが立っ …

世界はあきれるほど狭い

むか〜し、 と書きたくなるくらい、遠い昔のこと。 カナダでデビューしないかと持ち …

なにをハンディとするか、 なにをチャンスと考えるか。

「やっぱなぁ〜。東北人は、生まれながらにハンデ背負ってんだなぁ〜」 カツゼツとビ …

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

何を切り取るか。どう切り取るか。

家族や友人たちと、昔の思い出話をしていると、 記憶に蘇ることや、「こんなことがあ …