大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「時間」

   

少し前までは平成生まれと聞くと、
隔世の感があって、がっくりきたものですが、

今やミレニアム生まれが続々とレッスンにやってくる時代。
 
ここ1~2年レッスンさせてもらっているアイドルグループ、
M!LKの子たちにも、ミレニアム=2000年生まれが3人もいます。

一方で、憧れていたロックスターや、
先輩ミュージシャンたちの訃報を聞くことも多くなり、

まさに諸行無常を実感しています。

 

 

時間って、なんなのでしょう?

 

「地球の歴史、46億年を1年に例える」という話を聞いたことがあるでしょうか?

1月1日に地球が誕生したとすると、

現生人類、ホモサピエンスが生まれるのは、
なんと12月31日の午後11時37分。

そして同じく12月31日の23時59分59秒に、
20世紀がはじまり、終わるそうです。

 

宇宙規模で考えると、私たちの一生は、
瞬きする間もないくらい、一瞬にしゅっと終わってしまうことになります。

 

 

その「しゅっ」の中に、どれだけの密度の喜怒哀楽が詰まっているか。

どれだけの幸福な時間と、どれだけの出会いが詰まっているか。

 

 

通り過ぎてしまった時間は、どこへいくのでしょう?

「しゅっ」と終わったその後は、私たちはどこへいくのでしょう?

 

今でも、鮮明に蘇る、数々のシーンが、
今もどこかで再生されているような感覚に捕らわれることさえあります。

 

 

時間や宇宙というものに対して、
完全無欠の明確な答えを持っている人はどこにもいません。

 

現代の科学の意味を根底から変えてしまう、
とんでもない発見が、これからなされないという保証は、
どこにも、一つもありません。

 

かつて、
「生まれてから死ぬまで、みんなただ、同じ場所で眠り続け、
夢を見ているだけなんだ」という内容の物語を読んだことがあります。

 

すべてが夢だとしたら、それは、希望なのか。
それとも絶望なのか。

そして、それは、今の「時間」という考え方と、
何が違うんだろうと、考えたものです。

 

 

答えは出ません。

 

ただ、わかっているのは、

知りうる限り、時間は前にしか進まないこと。

人の持ち時間には限りがあること。

人はひとつの時間軸しか体験できないこと。

 

 

 

何をしてもいい。
何もしなくてもいい。

 

ただ、可能な限り、その「しゅっ」が、
色彩と愛情と音楽と幸福と・・・ありとあらゆるワクワクで、
彩られていたらいいなと。

 

あなたの「しゅっ」も、私も「しゅっ」も、ね。

31345366_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「雰囲気」とは身にまとうもの

「わかってないなぁ。 ああいうスキャンダラスな雰囲気、お前、出せるわけ?」 &n …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

「嫌い」なものは「嫌い」

人の好みはいろいろです。   納豆が大好きな人もいれば、あの匂いには我 …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

自分が自分であることの奇跡

今日はお誕生日でした。   いくつになっても、誕生日はとてもワクワクし …

ミュージシャンに、定石も王道もない!

「MISUMIさんは、何才から歌っているんですか?」 「やっぱり楽譜が読めないと …

ノドをウィルスから守るためできる10のこと

東京の冬場の平均湿度は40~50% 。 そこまで低い数字と感じないかもしれません …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

夢中になれる音楽は「一生の宝」

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、 「若い頃、影響を受けた音 …

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。 周りの友人たちは次から次へとお仕事を …