大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ザ・集中力!

   

プレイヤーも、ヴォーカリストも、
いや、おそらくパフォーミングアーティストなら誰もが、
集中力の大切さを知っているはずです。

 

「ワ〜ン、ツー・・・」とカウントがはじまった瞬間に、
自分がすべきプレイに集中する。

可能なら、その瞬間にズドンとゾーンにはいる。

 

緊張するのも、舞い上がるのも、
いっぱい練習したはずなのに歌詞が飛んだり、間違えたりするのも、
雑念に捕らわれて、集中できないから。

 

音源を聴くときも、練習するときも、
リハーサルでも、本番でも・・・
集中できるかどうかで、その結果は大きく変わります。

 

わかってはいるけれど・・・

 

この時代は、集中することが非常に難しい時代です。

 

インターネットを開けば、いつもなにか新しいことが起こっている。

LINEやメールで、ひっきりなしに誰かが話しかけてくる。

知り合いの誰かがどんどん発信してくる情報に、
無意識に心が反応してしまう。

 

音楽の聴き方ひとつにしてもそうです。

一瞬にして曲が切り替わるmp3プレイヤーやyoutube。

 

あふれかえる情報の対応に追わる日々の中で、
集中できる時間をつくり出すことに、みな四苦八苦しているようです。

 

 

こんなことを書くと、年寄りみたいでいやなんだけど・・・

テレビも電話も基本、一家に1台きり。
音楽を聴くのはレコードかカセットテープ。
ゲームもインターネットもスマホもなかった昭和の時代とは、
苦労したり努力したりする方向性が全然違って、おもしろいものです。

 

個人差はありますが、集中力を発揮するためには、
ある程度の訓練が必要です。

集中する習慣がない人が、
ここぞと言うときにいきなり集中できるということは、まずありません。

 

 

 

あふれかえる情報の対応に追わる日々の中で、
集中する習慣を身につけるためには、
意識的に情報をシャットアウトする努力も必要になります。

 

PCやスマホの電源をオフにしたり、
マナーモードにしておいたりすることに勇気がいりますか?

fbやLINE、twitterを数分おきにチェックしないと落ち着かないですか?

誰かのアルバムを最初から最後まで、集中して、じっくり聴けますか?

 

もしも一つもYesがなかったら、
真剣に集中力を身につける練習が必要かもしれませんね。

29044507_s

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ヴォーカリストがリハーサルの前に最低限準備すべき3つのこと

昭和音大では『アンサンブル』という授業を受け持っています。 アンサンブルというと …

お前の主観はいらんのじゃ。

人が音楽や歌をジャッジするポイントは、 大きく分けて3つあります。 1つめは「正 …

ちゃんと「聴く」!

さて、音源を買ったら、次にすることは当然「聴く」。   この「聴く」が …

「ツボ」をはずした練習は、単なる自己満足であり、時間の無駄。

実は私、とっても足が遅いのです。   いきなり、しかもB面で何を言い出 …

「ハモらない」時の覚え書き

人とコーラスをやっていると、 「あ、気持ちいい!」と思えるときと、 「う〜〜、ハ …

アドリブ上達の唯一の方法

「音程感のないアドリブをやるくらいだったら、 素直にストレートメロディだけ歌って …

「わ。ピッチ悪い」をどうするか。

初めて「ピッチが悪い」と言われたのは、 歌の学校に通いはじめて、しばらくしてから …

鍵盤楽器を買おう!

ボーカリストで、楽器をほとんど弾けないという人は多いと思います。 楽器が弾けない …

がんばれないのは「ご褒美設定」がうまく行っていないから。

誰だって、がんばってもがんばっても、なんのご褒美のない、 不毛な努力はできないも …

オリジナリティは模倣から生まれる

オリジナリティって、どんなことをいうのだろう・・・? そんなことを考えています。 …