大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

アイドルは一日にして成らず

   

「しかし、へったくそだなぁ。。。。」
 

音楽好きの父は、本当に歌手に厳しく、
母がテレビで歌謡番組にチャンネルを合わせるたびに、
登場する歌手を次々とこき下ろしていたものです。
 
そんな、よく言えば耳が肥えた、悪く言えばひねくれた父の影響で、
すっかりアンチ歌謡曲に育ってしまった私。

 

小学校高学年で洋楽に目覚めて以来、
まったくといっていいほど歌謡番組を見ることも、
いわゆるJ-POPを聴くこともなく過ごしました。

 

さて、そんな私も、トレーナーのお仕事をはじめたことで、
さまざまなJ-POPアーティストたちとのご縁をいただき、
 
ここ数年は、女性男性問わず、
アイドル的なアーティストやグループを指導する機会さえいただくようになって・・・・

 
はじめて、

アイドルになるということ、
アイドルで居続けるということの本当の大変さ。過酷さを知ったのです。
 

アイドルは、顔がよけりゃなれる。
アイドルは、歌が下手でも関係ない。
アイドルは、スタッフの言われるままに仕事をこなすお人形だ。

アイドルは。。。
アイドルは。。。

そんな偏見のすべてが覆されました。

 

可愛いだけの子、イケメンなだけの子はいっぱいいる。

そんな、「ルックスがいい子」の中で、
いかにアーティストとして、アイドルとして立っていくか。飛び抜けていくか。

 

常に本気度を試される真剣勝負の厳しさに、
めげず、腐らず、あきらめず、必死に食らいついていくものにしか、
チャンスは巡ってきません。
 

食らいついても、食らいついても、
芽の出ない子もたくさんいる中で、
「選ばれしもの」になることが、どれだけ大変なことか。

 

そして、選ばれたら選ばれたで、

歌のレッスン、踊りのレッスン、
イベント出演、レコーディング、撮影、SNS・・・

 

学業の傍ら、大忙しのスケジュールを、
文句ひとつ言わずにこなさなくてはなりません。

 

 

コンサートが決まれば、
20曲近い曲の振り付けをすべて覚えて、
曲も歌詞も覚えて、
MCの準備もして・・・
 
何千人、何万人というお客さんに向けて、
最高の自分たちを見せ、さらなるステップアップを狙わなくてはなりません。
 
代わりはいくらでもいる。
下から追いかけてくる子たちもたくさんいる。
そんな空気の中で感じるプレッシャーは、並大抵のものではないはずです。

 

彼らのがんばりには、日々、頭が下がるばかりです。

 

一回一回、一瞬一瞬が真剣勝負。

 

リアルなアイドルの姿には、
ちゃらちゃらした、ぽっと出の、お人形さんの影はありません。

 

 

教えられているのは、いつも、私のほうです。

 

8536165_s

 - クライアントさんたち

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
MTLブック、ついにデビュー!

・・・といっても、出版するわけではありません。 ず〜〜っと前から、我が家にやって …

デビューにこぎ着けた若者に共通の特徴

最近、かつての教え子たちの活躍がめざましく、 SNSなど開くたびに彼らのニュース …

タフであること。 楽天的であること。 そして適度に鈍感であること。

少し前のこと。 とあるアーティストの子が、こんなことを言っていました。 「悪口を …

ボイトレで笑顔も輝く!

昨日とあるセミナーで、 以前マジカルトレーニングラボのマジトレBIZ6Daysと …

自分をつかって「人体実験」をしないこと

1964年に行われた「断眠実験」というのを 聞いたことがあるでしょうか? &nb …

no image
ビジネスコース”マジトレBIZ6Days”の嬉しい副作用

先日もボイトレでキレイになった方のお話を書いたばかりです。 あんまり、「ボイトレ …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …

「本当に有名な人」は、意外なほど気づかれない。

「あら?今日はマネージャーさんの車で来たんじゃないの?」 ドラマに、CMにと、活 …

no image
レッスンの価値は受け手の情熱が決める

トレーナーひとりでどんなにがんばっても、 レッスンを受ける側の情熱やモチベーショ …

素直じゃない人

「ハイという素直な心」。 女子校時代、朝礼の訓示で、 時の校長先生が必ず唱えた『 …