大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「本番の女神」はベストを尽くした者だけに微笑む

   

「本番に突然、今まで出なかった高音が、ぽーんと出た。」

「思いがけないカッコいいアドリブが自分の口から飛び出して、驚いた。」

「会場全体の空気が、ある瞬間、ぱきんと重なりあって、
信じられないエネルギーを感じた。」

 

そんな経験があるでしょうか?

 

それらはすべて「本番の女神」の仕業。

ベストを尽くした、
やりきった人たちだけがもらえる、特別なご褒美。

そんな風に考えています。

 

もちろん、広い世界のどこかには、
な〜んの準備もしなくても、女神様に愛されて、

いついかなるときも、
「ぽーん」や「どかん」や「ぱきーん」を起こせる人というのはいるでしょう。

 

私は違う。
そして、私が知るアーティストたちも違う。

 

女神様に振り向いてもらって、目をかけてもらうためには、

自分の中の「?」(クエスチョンマーク)を、
ひとつ残らず、徹底的に退治して、
一切悔いの残らない準備をしなくてはダメなのです。
「ま、こんなもんでいいか」もなければ、

「たぶん、大丈夫」もない。

 

「よっしゃ。これで完璧だ。これ以上の準備はもう無理だ。」

そう言い切った瞬間に、はじめて女神様に、声が、想いが、届く。

 

1.自分をどこまで追い込めるか。

2.なにも考えないでも、カラダが反応するレベルまで、繰り返し練習できたか。

3.本番中、はっとシラフに戻ってしまうような、見過ごしているポイントはないか。

4.完璧にはできなかったとしても、悔いの残らない準備をできたか。

5.やりきった安らかさで本番を迎えられるか。

6.体調は万全か?疲れは残ってないか?

7.メンバーやスタッフ全員と、いいエネルギーの連携をつくれているか。

…etc.etc….
もちろん、毎回、完璧にできるわけではありません。

さまざまな事情で、練習や準備に時間が取れないことも、
どうしても気持ちが向かないときもあるでしょう。

 

要は、なにが自分にとってスタンダードか。

つねに「こんなものか」というレベルの準備しかしない人に、
自分自身は超えられません。

 

自分のスタンダードは、自分自身の生き方が決めるのです。

 

ただし、自分を追い込む感覚に中毒するばかりに、
あれもこれもと欲張れば、ひとつひとつの精度は落ちて行きます。

無理は禁物です。

 

本番は一期一会。

ベストを尽くす。
ベストを尽くせる自分をつくる。

 

 

明日もまた、女神様が微笑みますように。

そう祈りながら、日々を紡ぐのです。

 

22528964_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ストライク率を限りなく100%に近づける

こどもの頃からずっと謎に思っていることのひとつに、 「ボーリングって、なぜゲーム …

「初めて」が「自分の基準」になる!

オーディションなどの審査をするとき、 最初に出てきたパフォーマーが、まずは採点の …

「練習」とは「工夫すること」

楽器や歌を習得したい。上達したい。   しかし、実際、何からはじめたら …

目一杯のインプット&勝負をかけてのアウトプット

どんな人にも、 スキルを上げるべく、目一杯インプットしたり、 勝負をかけて、アウ …

no image
歌の構成要素を分解する〜ラララで歌う〜

大好きな曲を、オリジナルを歌っている歌手と一緒に歌う。 何度も、何度も、繰り返し …

鍵盤楽器を買おう!

ボーカリストで、楽器をほとんど弾けないという人は多いと思います。 楽器が弾けない …

「ピッチが悪い!」を直すロジカルシンキング

「ピッチが悪い!」 年間通して、いや、1週間に、 このことばを、何回口にするでし …

「どうせ向いてない」を変える3つのプロセス

楽器の練習や歌の練習、パフォーマンスや創作活動がうまくいかないとき、 自分がどう …

ヴォーカリストこそ、もっと、ちゃんと「聴く」!

バンドのパートの中で、一番コピーしやすくて、 誰でも、そこそこやれるパートってな …

オリジナリティは模倣から生まれる

オリジナリティって、どんなことをいうのだろう・・・? そんなことを考えています。 …