大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「人生のピーク」なんて、死ぬまでわからない

   

世界的に活躍し、海外の大きなホールでコンサートなども行ったことのある、
ミュージシャンとお話したときのことです。

「すごいですね!あんなホールでライブしたなんて!」

「もうあの時のことは忘れることにしてるんだ。
あれが、自分のピークだったなんて、思いたくないからね。」

桜は4月になるといっせいに花開いて、
この世のすべての花がかすんでしまうほどの人気を集めます。

しかし、1~2週間であっという間に散ってしまえば、
翌年の4月が来るまで、足元を行き交う人たちにさえ、
見上げてもらえることもなくなります。

 

一方で、竹は最初の4年ほどは、地面から顔を出すこともなく、
地道に地道に根を育てる。

そして、5年目に芽を出すと、
いきなり、わずか数週間で20メートルにも成長すると言われています。

 

植物に、それぞれの「時」があるように、
人間にだって、ひとりひとりの「時」がある。

 

たとえば芸能界で一世を風靡した子役スターが、

麻薬やアルコールなどのスキャンダルを起こしたり、
名声が忘れられないまま転落してしまったり、
早世してしまったり、
はたまた、あっさりと芸能界を引退してしまったり・・・

というのは、実際に名前を挙げるまでもなく、よくある話。

 

一方で、何をしてもうまく行かなかった人が、
30代、40代、50代になってからキャリアをスタートさせて、
作家、デザイナー、音楽家、アーティスト、実業家、などなどとして、
いきなり成功したという例もたくさんあります。

 

もちろん、
ただ、何もせず「時」を待っていても、何も起こりません。

 

心の声を聞いて、
ワクワクすること、ドキドキすることを追いかける。

もがいたり、苦しんだりしながらも、
ワクワクとドキドキを、
追いかけて、追いかけて、追いかけて。。。

 

すると、あるとき、

ぱぁ〜っと視界が開けるように、

もしくは、ギギギギッと重たいドアが開くように、

はたまた、ドサンと隕石が降ってくるかのように、

その「時」はやってくる。

 

 

派手に咲いて、短い命を、ぱぁ〜っと散らす桜も潔いけれど、
今に見てろよと、4年もの間、虎視眈々と時を待つ竹も相当渋い。

 

 

 

さて。あなたの、私の、「時」は、いつでしょう?

すでに来たと感じる人は、次の「時」を。
未だ、来ていないと感じるなら、これから迎える、素晴らしい「時」を。

 

思い描きながら、今日もワクワクもがきましょうか?

 

43295082_s

 

 

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【自己評価を上げるためのチャレンジ】

「あなた、ホントにきれいよね〜」 「キミって、カッコいいね。」   そ …

「この辺でちゃんと仕事に就こうかなと思ってるんですけど・・・」

「MISUMIさん、俺、この辺でちゃんと仕事に就こうかなと思ってるんですけど・・ …

ウソをつくなら、自分を騙せ!

ウソはダメだとわかっているのに、人は時々ウソをつく。 いや、時々じゃなく、意外に …

心のノイズを打ち消して、ただがむしゃらに進むのだ

こんなこと、やってみたい! こんなこと、やったらどうだろう!?   そ …

あたりまえ過ぎて、今さら言えない10のこと

あまりにも、あたりまえのことすぎて、 最早、口にすることさえはばかられるようなこ …

ハリネズミのジレンマ〜「安心距離」に過敏にならない〜

そんなつもりじゃないのに・・・なんでわかってくれないんだろう? 一所懸命やってい …

飽きず、 腐らず、 あきらめず。

自らが選んだ道の上で、 人に選ばれ、 人に望まれ、 人に期待されること。 &nb …

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。 バイトは朝の9時から夕方5時まで …

「やった感」はいつだって、ちょっと痛い。

みなさん、明けましておめでとうございます! 2017年がはじまりました。 みなさ …

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …