大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「練習」とは「工夫すること」

      2016/10/27

楽器や歌を習得したい。上達したい。

 

しかし、実際、何からはじめたらいいのか。

やっぱり先生につかなくちゃダメなのか。

それとも、まずは自分でがんばるべきなのか。

そもそもクラシックでもないのに、習う意味はあるのか・・・etc.etc…

 

音楽はあまりにも素晴らしく、
そして、音は目に見えないものだから、
思いが強いほどに、みんな遠い目になってしまいます。

 

さて、ちょっと乱暴と自覚しつつもハッキリ言えば、

 

歌だって、楽器だって、
練習さえすれば、絶対に上達します。

 

どんな練習をしようが、
どんな先生につこうが、
どんな曲を選ぼうが、

練習をして、下手になることはあり得ません。

あらゆるスポーツと同じです。

 

それなりに時間をつかって、体力をつかって、
繰り返し、繰り返し、ひとつの動作を学習していけば、
その精度は必ず上がりますし、筋力もつきます。

 

つかってこなかった筋肉が動くようになり、
持久力や瞬発力が身につき、
やがてパフォーマンスに必要なパワーさえついてくる。

 

あらゆるスポーツと同じなんです。

走りこむほどに遅くなる人も、
球を打ち続けるほどに、打てなくなる人もいません。

絶対に上達します。

 

 

ただし、「ある程度までは」です。

 

ランニングのトレーニングを想像してみてください。

 

これまでの人生で走ったことのない人が、毎日走ることを日課にしたとします。

最初は全身が重いと感じ、足もすぐに疲れてしまうけれど、
走り込むほどに、どんどんカラダは軽くなり、
走れる距離も伸びていきます。

 

楽器や歌だって、たとえ我流でとりあえず必死に練習しても、
確実に指は動くようになり、声帯も自由を手に入れていくものです。

 

しかしです。

 

こうしたトレーニングも、ある時点にくると、

フォームが悪い、力の流れが悪い、
よくないクセを持っている、
不要な力が入っている、
必要な筋肉が不足している・・・などの理由で、
急に伸び悩んだり、故障に苦しんだり、理想を見失ったりしてしまう。

 

 

実は、こうして行き詰まったときこそが、
本当の「練習」のはじまりです。

 

「練習」とは「工夫すること」。

 

まずは思いつくままやってみる。
徹底的に、やり倒す。

行き詰まる。
悩む。
工夫する。

修正を加えてやってみる。

徹底的にやり倒す。
行き詰まる・・・

 

この繰り返しで、
本当の意味で、楽器や歌のことをわかるようになり、
自分なりの正解を感じ取れるようになる。

それこそが、真の意味での練習なのです。

 

もちろん、今日も、ほんの、ほんの一握りの、
センスのある天才たちのことは、放って置いてください。
彼らは正解を嗅覚でかぎ分ける。
最初から、なんとなくできる。
・・・ふん。・・・です(^^)

 

そうでもない私たちは、
必死に工夫し、試し、修正を繰り返すのみです。

 

メソッドやトレーナーの存在意義は、
こうしたトライ&エラーの回数を節約させること。

「正解」のあり方を教わることで、
トライ&エラーの回数や精神的負担が軽減されます。
音楽的な段階へ進むのも早まるでしょう。

 

もちろん、どれだけ正解を教わっても、
実際に素振りをしたり走り込みをしたりするのは自分自身ですが。

(ただし、トレーナーさん次第では、
時間短縮になるどころか、かえって回り道してしまう場合があることも、
否定できないので、慎重に選ぶことはMUSTです。)

 

とはいえ、まずは我流でもなんでもいいから、徹底的に練習してみることは、
自分自身を知るためにも、何がやりたいかを明確にするためにも、
必要なことなんですけどね。

 

19661808 - woman covering ears while teenage girl sings

【いよいよ、第2期スタート】
『MTLヴォイス&ヴォーカル レッスン12』、いよいよ第2期がスタートします。

6月27日(月)メルマガ読者様、およびダイジェスト版ご参加の方の先行予約スタート。
一般予約は29日(水)スタートです。メルマガの登録はこちらから。

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ボイストレーナーという仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
なくて七癖、カツゼツ編

自分の発音のクセ、知っていますか? 方言やアクセントの話ではありません。 50音 …

批評家目線を捨てる

「Aさんって、うまいんですか?」 生徒の口からは、いわゆる本格派といわれる歌手で …

1つの曲に含まれる驚くべき情報量

「普段、どんな音楽を聴いているんですか? やっぱり、レコードとか、CDとか、たく …

リズムの「点」に意識を向ける

リズムのある音楽には、必ず「点」がある。 これが、私の解釈です。   …

「じゃ、”ハモる”って、どうするの?」コーラス上達法②

さて、昨日の投稿『きみ、ホントに、よくプロになれたよねぇ。』②でも、 紹介したと …

人間がカラダをつかってやることの基礎って、すべて同じなんだ。

うん十年ぶりにスキーというものに出かけてきました。 ぶっちゃけ、学生時代に友だち …

ピッチの悪い歌が致命的な理由

音楽はピッチ(音の高さ)という概念があるから成立するもの。 どんなにリズム感がよ …

基本中の基本!「コーラス3原則」

コーラスということばに抱いている印象は、 その人の音楽経験によって違うでしょう。 …

アドリブ上達の唯一の方法

「音程感のないアドリブをやるくらいだったら、 素直にストレートメロディだけ歌って …

「とにかくやる」

「やりたくないときほど練習をすると、やってよかったと思えるわよ」   …