大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

表現者には、いつだって、責任がともなうもの

      2016/10/27

「ブログ読んでます!」
最近、出会う人にそう言っていただくことが、とても多くなりました。

ちょっと照れますが、本当にありがたいことだと思っています。

 

ことばを発信することは、人前で歌うことと、実によく似ています。

 

「思い」を声やことばに変えて、自分の中から取り出す。

 

思い通りに表現できるときも、
どうにも形にならないときも、
気持ちいいとき、幸せを感じるとき、苦しいとき、悲しいときさえも・・・
その「思い」は、形にしなくちゃいけなくて、
自分の中から取り出さなくちゃいけなくて。
ひとたび、自分から旅だった声や、ことばは、
最早自分だけのものではなく、
それらを受け取ったすべての人と共有されるもの。
誰かを幸せにしたり、不快にしたり、

誰かの人生に何かしら影響を与えたり、

誰かからときに好意的な、ときに好戦的な、ときに熱烈な、
ときに冷ややかなリアクションを受け取ることになったり・・・

 

表現者には、いつだって、責任がともなうものです。

 

人を傷つけたり、人に傷つけられたりすることは、
誰だって回避したい。

 

しかし、あらゆる恐怖に打ち勝って、

怠惰な自分や弱虫な自分のお尻を自分で蹴飛ばして、

ステージの中央で素っ裸に自分をさらけ出せるものだけが、

本物の表現者となれる。

 

そうやって歌ってきました。

そうやってことばを紡いでいます。

 

ブログを毎日読んでくださって、本当にありがとうございます。

いつだって、表現者=パフォーマーを支えてくれるのは、
オーディエンスの愛ある視線。

 

これからも、がんばります。

2.16.6.26ダイジェスト版_571

2.16.6.26ダイジェスト版_3133

【Day-to-day】

第2回『ダイジェスト版 MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12』、
無事終了いたしました。

今日も、素晴らしい参加者のみなさんと、
めくるめくボイトレ・タイムを共有させていただきました。

いよいよ明日からメルマガ読者さんの本コース『MTLヴォイス&ヴォーカル レッスン12』の予約受付がはじまります。
6月27日(月)メルマガ読者様、およびダイジェスト版ご参加の方の先行予約スタート。

一般予約は29日(水)スタートです。今回も定員はタイトです。ご興味のある方はお早めに。
まだまだドキドキは続きます。

メルマガの登録はこちらから。

 - ボイストレーナーという仕事, 今日のレッスンから

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

photo
「そういう素人臭いのじゃなくて、ちゃんとフレーズ歌って!」

「声くださ〜い」   音楽の現場に長くいるので、 この「声ください」と …

8217456_s
「先生」と呼ばれたら、自分の胸に問うべき質問。

人には誰にも、その人特有の成長のスピードというものがあります。   小 …

47293173 - portrait of angry woman pointing finger at camera isolated on a white background
「ダメ出し」こそが、プロの技を試される仕事なのだ

他人にダメ出しをする人には、 自分のためにダメ出しをする人と、 相手のためにダメ …

IMG_2552
「歌」は行動する力

昨日、1月から全6回にわたって行ってきた、 『MTL voice&voc …

37109149 - very nice emotional image of a beautiful afro american woman giving thanks
そして、戦いは続くのだ。

最近、ブログを読んでくださっているというさまざまな方とお話するたびに、 「あぁ、 …

580553_s
勇気を出して、「酷いことを言う人」になる。

言ってあげた方がその人のためとわかっているけれど、 言えば必ず、相手はショックを …

5322449 - portrait of 5 years old gap toothed girl
「5才のこどもにもわかるように説明しろ!」

学生時代、授業のためにと、 さまざまな本を購入するように言われました。 難しい名 …

2015.11.21ダイジェスト版_6494
ボイストレーナーなんかいらない自分になる。

『ダイジェスト版MTL voice&vocal オープンレッスン12』が …

36222792 - a severe teacher
先生たるもの、いつだって「文句あるかい!?」くらい、気合いを入れて立ち向かわなくてはいけません。

世の中の「先生」と呼ばれる人や「学者」と呼ばれる人たちにも、 やっぱりパワーゲー …

19563374_s
「厳しい先生」

「MISUMIさんは、なんで僕のことだけ叱らないんですか?」 そんな風に、言われ …