大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

表現者には、いつだって、責任がともなうもの

      2016/10/27

「ブログ読んでます!」
最近、出会う人にそう言っていただくことが、とても多くなりました。

ちょっと照れますが、本当にありがたいことだと思っています。

 

ことばを発信することは、人前で歌うことと、実によく似ています。

 

「思い」を声やことばに変えて、自分の中から取り出す。

 

思い通りに表現できるときも、
どうにも形にならないときも、
気持ちいいとき、幸せを感じるとき、苦しいとき、悲しいときさえも・・・
その「思い」は、形にしなくちゃいけなくて、
自分の中から取り出さなくちゃいけなくて。
ひとたび、自分から旅だった声や、ことばは、
最早自分だけのものではなく、
それらを受け取ったすべての人と共有されるもの。
誰かを幸せにしたり、不快にしたり、

誰かの人生に何かしら影響を与えたり、

誰かからときに好意的な、ときに好戦的な、ときに熱烈な、
ときに冷ややかなリアクションを受け取ることになったり・・・

 

表現者には、いつだって、責任がともなうものです。

 

人を傷つけたり、人に傷つけられたりすることは、
誰だって回避したい。

 

しかし、あらゆる恐怖に打ち勝って、

怠惰な自分や弱虫な自分のお尻を自分で蹴飛ばして、

ステージの中央で素っ裸に自分をさらけ出せるものだけが、

本物の表現者となれる。

 

そうやって歌ってきました。

そうやってことばを紡いでいます。

 

ブログを毎日読んでくださって、本当にありがとうございます。

いつだって、表現者=パフォーマーを支えてくれるのは、
オーディエンスの愛ある視線。

 

これからも、がんばります。

2.16.6.26ダイジェスト版_571

2.16.6.26ダイジェスト版_3133

【Day-to-day】

第2回『ダイジェスト版 MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12』、
無事終了いたしました。

今日も、素晴らしい参加者のみなさんと、
めくるめくボイトレ・タイムを共有させていただきました。

いよいよ明日からメルマガ読者さんの本コース『MTLヴォイス&ヴォーカル レッスン12』の予約受付がはじまります。
6月27日(月)メルマガ読者様、およびダイジェスト版ご参加の方の先行予約スタート。

一般予約は29日(水)スタートです。今回も定員はタイトです。ご興味のある方はお早めに。
まだまだドキドキは続きます。

メルマガの登録はこちらから。

 - ボイストレーナーという仕事, 今日のレッスンから

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

どんなに「ふり」をしても、オーディエンスは一瞬で見破るのです。

「わからないことを、わかっているかのように、 できないことを、できるかのように語 …

no image
「情報」は量より質!

私はボイトレや声、カラダに関する本など、 気になるものを定期的にどかっと大人買い …

「いい声が出ない」には、いつだって理由がある。

歌うというのは、カラダの中と外を繋げる作業。 少しスピリチュアルな言い方をすれば …

ボイトレ七つ道具、公開(^^)

最近、講演やセミナーをするときだけでなく、通常のボイトレをするときにも、 声のし …

no image
話を聞かない生徒 話をさせない先生

「これは、こんな風に歌うのよ」と、 お手本を聴かせるためにこちらが歌い出した瞬間 …

「落としどころ」か?「限界突破」か?

完璧主義というほどではないですが、私はなにかと採点が辛いようで、 生徒やクライア …

1人では越えられない壁

なにごとも、どんなやり方や、どんなフォームで行っても、 なんにもやっていない人よ …

生徒たちとの距離感。

「生徒たちとの距離感」は、人にものを教えるものにとって永遠のテーマとも言えるでし …

弟子と生徒とクライアント

「あぁ、○○ね。あいつはオレの舎弟だから。」 「ありゃオレの弟子だよ。」 ミュー …

「そういう素人臭いのじゃなくて、ちゃんとフレーズ歌って!」

「声くださ〜い」   音楽の現場に長くいるので、 この「声ください」と …