大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

いつも初演のつもりで準備して、 初舞台のように、パフォーマンスすること

   

「いや〜、感動しました!!次も楽しみにしています!」

 

オーディエンスやお客さんに、こう言ってもらうことは、
パフォーマー冥利に尽きる、幸せなことです。
 
しかし、ライブでも、セミナーでも、おそらくは一般のお客商売でも、
感動を売る仕事をしている人なら、
こうしたことばをもらった時ほど、身を引き締めなければいけないとき。

 

大切なのは、「次」なのです。

 

期待に胸膨らませてやってきてくれるお客さんたちに、
では、どうしたら、また、感動を新たにして帰ってもらえるのでしょう?

 

前回のパフォーマンスが素晴らしければ、
オーディエンスの期待の基準は「前回のパフォーマンス」になります。
 
「次」が「前回のパフォーマンス」くらい素晴らしくても、
オーディエンスの感想は、「まぁ期待通り。。。」になってしまう。
 
「期待値×実際に支払うチケットの値段×会場に足を運ぶなどの労力」
 
ここから導き出される答えを超えなければ、
「その次」はないかもしれないのです。

 

できたばかりのレストランに出かける。
内装もメニューもキレイで新鮮。
味もいいし、サービスもいい。
格別に美味しい料理もいくつかあって、
しかも、お酒が美味しく、居心地もいい。
おまけにびっくりするほどリーズナブルなら、
もちろん、感動して、また来ようと思います。

 

しかし、問題の2回目。
内装もメニューも、2回目なので、新鮮には感じません。
反対に、最初の時には気にならなかったところがいろいろ見えてきます。
 
味も、サービスも、値段も最初の感動はありません。
「あぁ、こんなもんだったかな」と思ってしまう。
 
その時点で、「新しい、感動のレストラン」は
自分の中で、「最近できた悪くない店」に格下げされてしまいます。

 

では、どうしたらいいか。
 
「いつものあれ」で、同じパフォーマンスを繰り返していたのでは、
お客さんの心もやがて離れてしまう。
 
とはいえ、奇をてらって、あの手この手で責め立てれば、
やはり受け手はうんざりしてしまう。

 

 

・・・いったい、どんな「次」を見せたらいいのか。

 

長年、考え続け、挑戦し続けてきて、辿りついた結論は、
けして、演目を変えるとか、目新しいことをするとか、
そういうことではありませんでした。
 
「いつも初演のつもりで準備して、
初舞台のように、パフォーマンスすること。」
 
これに尽きます。

 

人の心を動かすのは、やっぱり人の心だから。
 
自分が新鮮と感じて歌わなければ、絶対に人には新鮮に伝わらない。
 
自分が感動したり、ドキドキしたりしなければ、
聞く人も、絶対に感動したり、ドキドキしたりしない。
 
慣れや手癖でやる演奏には、
ある程度の安心感こそあれ、新たな感動は生まれない。
 
もっと、もっとと貪欲に準備をした、駆け出しの頃の、
あのストイックさが、人の胸を熱くしたのではないか。
 
まだまだ、まだまだと、初演まで自分を追い込み続けた、
自信と不安のないまぜになった気持ちが、
いい意味での緊張感を伝えたのではないか。
 
いつもいつも初演や初舞台の新鮮さと一所懸命さと情熱を持って、
準備し、パフォーマンスできたなら、
「次」は「前回」の延長線上ではなく、毎回毎回が新しいステージになる。

 

この、新鮮さと情熱を持ち続けられるかどうかが、
パフォーマーとしての真価を問われるところなのかもしれません。

12761222 - a sad dancer in a spotlight on a black background

12761222 – a sad dancer in a spotlight on a black background

【Day-to-day】

本日、『MTLヴォイス&ヴォーカルレッスン12』の先行予約をスタートしました。さすがに第1期ほど瞬殺とはいきませんが、順調にお席が埋まってきています。
ダイジェスト版で網羅してお伝えした膨大な情報を、「レッスン12」では、カラダレベルで消化吸収できるまで、猛烈に、パワフルにたたき込みます。
本当に伝えたいことばかり。。。あぁ、みなさんに会えるのが楽しみです。

一般予約受付は29日(水)10時〜(HPのリンクがアクティブになります。)

 - The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「見せ方」にこだわる

Honda ZのCMのお仕事で、ZZ topのボーカルレコーディングに立ち会うた …

「華がある人」になる

「あの人は華がある。」、 反対に「華がない」ということばを耳にします。 &nbs …

「リハーサルって何回くらいやるんですか?」

ライブに来てくれる学生たちによく聞かれる質問のひとつに、 「リハーサルって何回く …

「観客総立ち」を演出するプロの仕掛け

先日、キャロル・キングのケネディー・センター名誉賞をたたえて、 アレサ・フランク …

「できる人」が集まる環境に身を置く

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、 きらりと光る知性を身につけたり、 楽 …

「曲が降ってくる時」?

世の中にはたくさんの優れた作品を残しているアーティストがいます。   …

「音の立ち上がり」を正確にとらえる

歌い出す瞬間の音。 音を移動するとき、音の階段を上った、その瞬間の音。 その瞬間 …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ビジュアル・チェック編〜

昨日のブログ、人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜の続編で …

最後に「正解」を決めるのは誰だ?

とあるレコーディング現場でのことです。   ブースに入って、ソロプレイ …