大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「落としどころ」か?「限界突破」か?

      2016/08/28

完璧主義というほどではないですが、私はなにかと採点が辛いようで、
生徒やクライアントさんたちに恐れられています。

正直、ダメ出しをしたり、もっとよくなるのではとアドバイスをしたり、
まだまだやれるはずとしごいてみたりするのは面倒くさい。

適当に「うん、いいんじゃない。」とか「やりたいようにやりなさい」と、
言ってしまえば、生徒もご機嫌でしょうし、
こちらも余計なエネルギーをつかわなくていいわけです。

 

生徒たちが一所懸命歌っているのを聴くとき、心の中にはさまざまな思いがあります。

 

ときに、どきっとするくらいいい歌を歌う子がいて、泣きそうになることもあります。

この子の素晴らしさを誰かに伝えたいと思うこともありますし、どうしたら次のステージに行けるか、誰と会わせたらいいかまで真剣に考えてしまうこともあります。

自分が感動した理由をなんとか言語化しなくちゃとか、この感動をより確かなものにするにはどうしたらいいか、もっともっといい歌にするにはどうすべきかと、とにかく必死に考えたりもします。

 

そんなレベルまでは行かなくても、

「あ、すごく一所懸命練習してきたなー。」と誉めてあげたくなる子や、
「先週よりはずいぶんよくなっているわよね」ととりあえずOKをあげる子もいます。

 

一方で、「あーあ。なにやってたのかしらね〜・・・」とがっかりしたり、
びっくりするくらいひどくて、苛立ったり、
「前回のレッスン、伝わらなかったなぁ」と反省するときもあります。

 

 

彼らの歌を聞く間に頭の中を走馬燈のように巡ることば。。。

 

この歌でお客さんからお金を取れるか?

業界の人を納得させられるか?

それよりなにより、誰かに興味を持ってもらうことはできるのか?

この実力でレコーディングに耐えうるか?

ライブで、ちゃんとお客さんをつかめるか?

彼の、彼女の魅力がちゃんとでているか?

CDを買いたいと思うほど、魅力的か?

モノマネになっていないか?

アイデンティティはあるか?

この子の歌を誰かに紹介したいか?

 

そんなプロレベルな思考が展開するときもあります。

 

そうかと思えば、生徒のレベルによっては、

 

ずいぶんがんばってるけど、いやぁ〜、まだまだ厳しいなぁ。

あんまりひどいダメ出しすると、やる気がなくなっちゃうかな。

誉めてあげられるのはどこだろう?

この子はどこへ向かっているのか?

何て言ってあげるのがベストだろう・・・?

 

などなどと、悩み多きときもあります。いや、その方が圧倒的に多いです。

 

とはいえ、1曲をこちらの納得いくレベルまでやらせ続けるわけにもいきません。

がんばっても、なかなか上達しない子もいれば、
私生活がガタガタでろくに練習できない子もいる。
プライドばかり高くて、素直に人の話を聞けない、残念な子もいます。
言うべきことは言うという姿勢を崩さないまでも、
しかし、どこかで「落としどころ」を見つけなければ、
意地の張り合いのようになって前に進めません。

音楽が楽しくなくなってしまう子もいるでしょう。

 

いつも迷うのが、この「落としどころ」なのです。

 

落としどころを模索しながら、また自分に問います。

 

面倒くさくなってなったのじゃないか?

本当にこんなレベルでOKしていいのか?

生徒をいい気分にさせるために誉めていないか?

この歌を誰かに聴かせたとき、責任は自分にあるとハッキリ言えるか?

ここでOKするのは彼らのためになるか?

 

人にものを教えるということは、葛藤の連続です。

だからこそ、奥が深くて、やりがいもあるのです。

 

今日のあなたの「落としどころ」は、適正でしたか?

20277586 - one man and teenager girl dispute conflict in silhouette indoors isolated on white background

7月24日(日)いよいよ『MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12 』第2期がスタートします!

 - The プロフェッショナル, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

「500円玉大の打点」を求めて、今日も声出していこうっ。

先日、よくご一緒する、某有名ドラマーの楽器の前に座らせてもらう機会がありました。 …

口コミで仕事がくる人の秘密の習慣

音楽業界のような、入れ替わりの激しい、熾烈な場所で、 私のようなヴォーカリストが …

「あなた、ジャズを勉強したこと、あるの?」

ニューヨークにある音楽学校、マンハッタンスクールオブミュージックの、 奨学金試験 …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …

人生はリハーサルのない、1度限りのパフォーマンス

ひとりのミュージシャンの生涯には、 どのくらいの苦悩や葛藤、挫折があるのでしょう …

一流の人は「飽きない」。

「一流ってのは、飽きないものなんだ」   友人が、バンドでメジャーデビ …

音楽をやる理由?

自分とおなじくらい「音楽に夢中」という友達に出会えないことが、 学生時代の悩みで …

You can never have too many guitars?

“You can never have too many guita …

「あきらめていた夢」を、もう一度追いかけるということ

「音楽は、何才で始めなくちゃいけない」、なんていう制限はありません。 「好き!」 …

お金、時間、労力、そして愛情をかける

楽器の人たちが機材をそろえるのに使っているお金、時間、労力は、 並大抵ではありま …