大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ヴォーカリストは「声」が命

      2016/10/27

歌に関することを、ずいぶんいろいろと書いてきました。

 

姿勢、呼吸などという根本的なことや、

ピッチ、リズムなどの基礎的なこと、

メロディ、グルーヴ、表現力など音楽的なことから、

はたまたメンタル系、人として系のことまで。

 

そうして、ヴォーカリストとして、極めていきたいさまざまな要素を並べるほどに、よりクリアになること。

それは・・・

ヴォーカリストは「声」が命ということ。

 

たとえフォームやピッチやリズムが完璧でも、どれだけ音楽性豊かでも、「声」に魅力がなければ、パワーがなければ、やっぱりヴォーカリストはダメなんです。

 

だからこそ、その命である「声」を鍛え上げ、磨き上げることが、ヴォーカリストとしての生涯の仕事といっても過言ではありません。

 

「声」は持って生まれるものという人もいます。

しかし、それでは身もふたもありません。

よしんば、そうだとしても、持って生まれたポテンシャルを100%、いや、200%生かせてから、やっぱり才能がなかったわよね、とがっかりすればよろしい。

 

器用に歌っても、そこそこ上手に歌えても、「声」ができていないヴォーカリストはやっぱり未熟。評価の対象になりません。

 

もっといえば、車と楽器は小さいほどコントロールもたやすいもの。

こぢんまりした楽器のように仕上げた、こぢんまりした声では、人の心を打つ歌は歌えないのです。

 

「声」は人間力。

自分自身の人間力を磨き上げるように、「声」と真摯に向かい合ったものだけが、人の胸を打つ「声」を手に入れることができる。

 

日々是精進です。

40718613 - furious model screaming

【明日メルマガ発行!】明日お昼ころ発行予定のメルマガno.126では、過去記事から、「いい声のために大事なこと」を抜粋してお届けします。

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - 声のはなし

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

誰もが、自由に歌えるカラダを持っている。

もしも、何も考えず、なんの苦痛もなく、 どんな曲でも、素晴らしい声で自由に歌えた …

「歌の練習、どこでしているの?」

昨日のこと、 レッスン中にいきなり「ドドドドドドッ!」という大きな音がしだして、 …

高い声はどうやって出したらいいのか?

「どのくらい高い声を出せるのか?」という議論は、 「どのくらい速く弾けるのか?」 …

音は「楽器」じゃなくって、「人」が出すものなのです。

かつて、ドラムの神様と言われたスティーヴ・ガッドが来日した際のお話です。 &nb …

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ!」とかって言いますけどね・・・。

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ」 ロックギターリストが口をそろえて言 …

「ボイストレーナーなんかいらない人」になるための3つのポイント

昨日、『MTL ヴォイス&ヴォーカル オープンレッスン12』初日、 Unit1と …

no image
声のクオリティを上げる!

あちこちで、最初の一声で「つかむ」ことの大切さを書いてきました。 それでも、話を …

「お腹は凹ますのか?突き出すのか?」問題について語ってみた

「歌うときは、おへその下10~15㎝下を少~しずつ凹ませましょう。 このとき、肋 …

「自分の声になんか興味ない」?

ずいぶん前、著者仲間と本の企画について話していたときのことです。   …

自分の声をディスるな!

「自分の声は、好きですか?」 講演会やセミナー会場で、そう質問して、挙手をお願い …