大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌の練習がきっちりできる人の5つの特徴

   

「練習しなくちゃと思ってたんですけど、なかなか・・・」

 

状況にもよりますが、
レッスンに来て、こんな言い訳されるとたいがいイラッとします。

 

まぁ、最初の1〜2回は笑ったり、軽くジャブ打つくらいですが、
繰り返し言い訳する子には、ガツンと・・・

 

そもそも、練習を「練習」と思っている時点でダメなのよ。

好きだから歌やってるんじゃないの?

人生の優先順位どうなってんの?

本気でうまくなりたいの?

家で練習できないんじゃ、レッスン料なんか単なる無駄遣いよ。

・・・etc.etc….

 

あぁ、先生。ごもっともです。です。。ですぅ〜〜。

というぐうの音のでないような理論展開をしてしまいます。

 

そうやって、言いながら、胸に手を当てて考える。

そういえば、学生時代、ピアノのレッスンに行くたびに、
先生に、こんな風に言い訳してたっけ・・・

レッスンに行くその日に、
前回のレッスンから楽譜が入れっぱなしだったことに気づいたことも、

慌ててピアノの前に向かって、
ちょちょいのちょいと練習して、
そのままピアノの上に肝心の楽譜を置きっぱなしにしたことも、

ありました。ありました。
先生、ごめんなさい。。。。

 

 

歌の練習、楽器の練習がきっちりできる人には、
いくつかの特徴があります。

 

  1. 歌ったり、楽器をいじったりするのが楽しい。

「先生は学生時代、毎日何時間くらい歌の練習したんですか?」

そんな風に聞かれて、あらためて、

自分は練習しているという意識すらなく、
ただ、毎日、毎日歌っていただけだと気づきました。

優秀なプレイヤーやヴォーカリストは、
みな、同じようなことを言います。

気づいたら弾いていた。
楽器をいじるのが大好きで・・・
うまくなることにワクワクした。

 

 

この感覚が今ひとつわからないという人は、
自分に質問してみましょう。
頼まれもしないのに、
何時間でも時間を忘れて没頭できることはなんだろう?

そもそも、ホントに、歌、好きなのかなぁ・・・?と。

 

2. 練習環境を整えている。

「家で練習できる人、うらやましい・・・」

そんな風に言う人がいますが、そうとは限りません。

 

今まで見たアーティストたちの中で、
もっとも言い訳の多い子は、
家がいくらでも歌える環境だったり、
会社のスタジオ使い放題だったりしたものです。

 

ここでも、そもそも・・・ですが、

そんなに練習したくてたまらないのなら、
さっさと練習環境を整えればよろしい。

音の出せるところに引っ越すとか、
自宅の防音をくふうするとか、
近所のカラオケボックスや、個人練習スタジオをみつけるとか。

 

「お金が・・・」とか「近所が・・・」とか、
言い訳してしまう時点で、違う。

本気でやりたいことなら、絶対に方法は見つかるものです。

 

3. 日々のスケジュールに「練習」を組み込んでいる。

習慣にしていること、
日常のスケジュールに組み込まれていることには、
「やらなくちゃ」という感情的な努力がいりません。

 

勝手にカラダが動く。

 

例えば、「朝起きたら練習部屋に入る」。

「夕食前の1時間は練習にあてる」。

「個人練習スタジオを定期予約する」。

 

歯磨きと同じように、
やらないと気持ち悪いくらいになればしめたものです。

 

4. 情報をシャットアウトできる潔さがある。

現代は「気が散る」ことが黙認されている時代です。

 

メールやSNSなどが入ってこないようにしても、

例えば音源を聞こうと思えばスマホをいじる。

録音しようと思えばスマホをいじる。

練習してる様子、後でSNSにアップしよう〜、
とスマホで写真を撮る。

他にも、英語の意味や発音を調べよう、アーティストの経歴を調べよう、
あ、腹式呼吸ってなんだっけ・・・??

などと、何かと気になることがあれば、スマホをいじる・・・

どんな情報も、集中したいときにはノイズです。

 

 

練習中はスマホのスイッチを切る。
気になることが出てきたら、メモを取る。
練習が終わってから調べる。
それだけです。

5.自分のお金を投資する。

人間ってキャッシュな生き物。

投資をすれば、元を取ろうと思うものです。

しかも、自分のがんばり次第で、
投じた資本の価値がどんどん上がる。

 

先ほどもお話ししたとおり、私自身、
学生時代はたいがい不真面目な生徒でした。
しかし、おとなになってから通ったスクールは、どれも、

誰よりも予習復習をきっちりこなし、
自主勉強をあれこれ工夫し、
片っ端から関連書籍を読み、

(学生時代は遅刻魔だったのに)
どのスクールへも一番につくのが常でした。

 

自分でせっせと稼いだお金を投じると、
人はわかりやすくがんばれるものなのです。

 

 

いかがでしょう?

今ひとつ、練習ができなくて・・・と思っている人は、
是非、チェックしてみてくださいね。

26366771 - he got creative soul. handsome young bearded men playing piano and singing

 

 

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

知っていること vs. わかること vs. できること

知っていることと、わかっていることの間には、大きな溝があります。   …

記憶に残る「デキるやつら」は一体何が違ったのか?

かつて、教えていた音楽学校では、ヴォーカルの授業を 定期的にインスト科の生徒たち …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

「最後に頼りになるのは自分の耳!」って、言いたい。

世の中には、耳のいい人というのはいるものです。   バンドがどんがらが …

「君たちには問題意識というものが足りない!」

「君たちには問題意識というものが足りない!」 大学4年の時、ゼミの担当教授が、 …

no image
「リズム感がない」なんてことばをつかわない!

レッスンの話をもっと書きたいと思っていても、 なんだか、生徒やクライアントさんの …

「宝物」と呼べる情報、いくつ持っていますか?

「この写真は19〇×年の△△コンサートのやつだね。 持ってるギターが○○で、ピッ …

ギターの「早弾き」 vs. ボーカルの「高い音」

ボイトレというと、高い音ばかり練習している人がいます。 実際に、スクールなどでも …

学習は、頑固で怠惰な自分の脳との戦いだ!

本来外来語であることばを、 そのまま日本語の音に置き換えただけの「カタカナ語」。 …

何年「基礎練習」するよりも、1回の「本番」

何年「基礎練習」をするよりも、一回の「本番」がパフォーマーを上達させる。 &nb …