大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ヴォーカリストこそ、もっと、ちゃんと「聴く」!

   

バンドのパートの中で、一番コピーしやすくて、
誰でも、そこそこやれるパートってなんでしょう?

 

はい。
もちろんヴォーカルです。

 

歌は、何回か聴いていれば、誰だって、
そこそこ口ずさめるようになります。

よほど、キーがあっていないとか、
とんでもなくテンポが速いとか、
はたまたちんぷんかんぷんな言語で歌われているのでもない限り、

歌は、誰でも、そこそこ歌えるようになるものです。

 

さて、ここからが問題です。

 

「最も上達しづらいパートはなにか?」と聞かれたら、
私は迷いなく「ヴォーカル」と答えます。

 

理由はいろいろありますが、

最大の原因は、ヴォーカリストこそ、
「ちゃんとやれているつもり」に最も陥りやすいパートだからです。

 

 

 

何回も、何十回も、何百回も聴いている曲。
完全に耳タコですから、誰だって、「この曲なら歌える」と思う。

音源を流しながら、本人と一緒に気持ちよく歌う。
メロも、フェイクも完璧。
なんなら歌詞も暗記している。。。

 

ところが、このレベルの歌を聴かせてもらって、
わかっているな、ちゃんと歌えているな、と思うことは、
そうですね・・・・10回に1回、あるかないかです。

 

つまり、ほとんどが、「ちゃんとやれているつもり」。

カラオケで、お金を払って、いい気分で歌うのなら、
もちろんそれでOKですが、
ハッキリ言って、そのままでは一生上達しません。

 

 

楽器の人は、ある程度の演奏をするには、
音源をそこそこ耳コピしなくちゃいけない。

たとえ楽譜があっても、
タイミングや、ニュアンスや、ヴォイシングや・・・

技術がある人ほど詳細に、
ない人でも、それなりに、
コピーしないと演奏になりません。

(時々、学生などで、演奏になっていないのに
知らん顔してやっているプレイヤーを見かけてびっくりしますが)
楽器の演奏をするには、それなりに努力がいるのです。

 

プレイヤーは、楽器をはじめてからこれまで、必ず、
ある程度の時間を楽器の練習に費やしてきたはずです。

 

一方でヴォーカリストは、どうでしょう?

 

「こどもの頃から歌が好きで、いっつも歌ってましたから」と、
自慢そうに言う子がいますが・・・

 

う〜ん。それってただのカラオケ好きな人と、
なにか違いますか?

 

はい。もちろん、いつものように、
これだけで、ものすごい歌手になってしまう、
一部の天才のことは忘れてくださいね。

 

このブログの読者のみなさんは、私と同じ。
下克上を夢見る同志と思っていますから(^^)

 

ごく普通の人が、
カラオケ好きな人と同じレベルのことしかしていなかったら、
頭ひとつ抜けることは非常に難しいでしょう。

 

 

では、どうしたらいいか?

 

まずは、もっとちゃんと「聴く」。

これに尽きます。

 

ポイントは「一緒に歌わないこと」。

 

細部に至るまで、徹底的に「聴く」。

 

音の変わり目はどうか?

ことばのニュアンスはどうか?

歌い出しのアタック感はどうか?

語尾はどうか?

リズムの乗り方はどうか?

フレージングのポイントはどこか?

ブレスの位置はどこか?

音色の変化はどうか?

音の強弱はどうか?

ビブラートのかけ方はどうか?

音の長さはどうか?

・・・etc.etc….

 

1曲、ワンコーラス、ワンフレーズの中の情報量は、
信じられないくらいたくさんあります。

 

その情報を拾う前に、気持ちよく歌い出さない。

まずは、じっくり聴く。

何度も聴く。

情報を拾う。

 

それから、「声を出さずに」、一緒に歌ってみてください。

まだまだ拾えていない情報に気づけるようになるはずです。
声を出して一緒に歌うのは、その後なんです。

 

歌でも、プレイでも、名演といわれる演奏には、
ぎっちり、情報が詰まっている。
そんな視点で聴き始めれば、
ますますたくさんの情報がアンテナに引っかかってくるはずですよ。

11633947 - young man wearing headphones

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, デモをつくろう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

オリジナリティ

「オリジナリティにこだわってるんで。」 と、オリジナル曲をやっているバンドや、 …

ボイストレーナーなんかいらない自分になる。

『ダイジェスト版MTL voice&vocal オープンレッスン12』が …

「ディレクター」や「プロデューサー」に過度の期待をしない

さて、夏休みもそろそろ後半です。   デモができたら、 オーディション …

no image
日本語の発音とリズム感の関係

歌のリズムがよくならない。 どうも、ビートが気持ちよく出てこない・・・ どんなに …

no image
話を聞かない生徒 話をさせない先生

「これは、こんな風に歌うのよ」と、 お手本を聴かせるためにこちらが歌い出した瞬間 …

「どうせ向いてない」を変える3つのプロセス

楽器の練習や歌の練習、パフォーマンスや創作活動がうまくいかないとき、 自分がどう …

何年「基礎練習」するよりも、1回の「本番」

何年「基礎練習」をするよりも、一回の「本番」がパフォーマーを上達させる。 &nb …

「好きになれない課題曲」から徹底的に学ぶ方法

自分が心から感動し、お手本にし、研究した、いい音楽を、後進にシェアしたい。 &n …

歌の練習で絶対にはずせない3つのポイント

連日、ご好評をいただいてます、『デモをつくろうシリーズ』。 今日は6回目です。 …