大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

テクノロジーから逃げない

   

機械音痴だというつもりはありませんが、
性格的に緻密なことが無理なようで、
 
というか、チェック機構がエメンタールチーズなみに穴だらけなもので、
定期的にいろいろやらかしては、みなさんにご迷惑をかけます。

 

 

ありがたいことに、これまで、
いつも近くに機械、機材に詳しい人がいて、
手取り足取り、何かと教えてもらって生きて来ました。

 

生まれて初めて、ステレオをいじる許可をもらったのは、
確か中学1年の時。

造園設計をやっていた叔父が実に丁寧な図を描いて、
根気よくつかいかたを教えてくれました。
 

当時はレコードでしたから、
レコードの拭き方から、針の扱い方、アンプの設定まで、
はじめのうちは、叔父の描いてくれたインストラクションを片手に、
緊張しながら機械をいじったものです。

 
生まれて初めてPAというものを触ったときは、
当時のボーイフレンドくんがつきっきりで教えてくれました。
 

「アンプのinputとデッキのoutput、
アンプのoutputとデッキのinputをつなぐんだ」
 

あたり前のようにできるようになった今でも、
アンプとデッキをつなげるときは、
そのことばを頭の中でリピートしながら取り組みます。

 

マルチ録音機器について、
丁寧に、これまた図解しながら教えてくれた人がいて、

シーケンサーの扱い方や、
簡易的な打ち込み法を指南してくれた人がいて・・・

 

やがて機材はPCオンリー、という時代がやってきて、
今度はLOGICを、なんとマニュアルを出版している大先生に、
これまたつきっきりで教えてもらいました。

 

ここ10数年は、機材も、ソフトも、
わからないことは、「よろしく」しちゃえる人がいらっしゃるので、
ちょっと音楽機器からは遠ざかっていますが、

 

今度は、PC関係のソフトやアプリを学ばなくてはならなくなって。

マニュアル首っ引きで取り組んだり、
周囲の方に丁寧に教えてもらったりしているのですが、

pages、パワポ、ワード、FileMaker、エクセル、photoshop、ワードプレス・・・

dropboxにクラウドにapplemusicにItunesに・・・

 

いやぁ〜ん。もうわからんっ!

もともと理系とは正反対なポジションで生きていた私としては、
最早あっぷあっぷです。

 

しかしね。

 

これまでの自分の歴史を振り返れば、

テクノロジーから逃げ出さず、
真摯に教えを乞い、
最低限のことができるよう取り組んできたおかげで、
そして、根気よく教えてくれた先生たちがいてくれたおかげで、
運を切り開いてこられたとも言えます。

 

テクノロジーは、日進月歩。
退化することは、あり得ません。
 

年齢と共に、新しいことを学ぶことはしんどくなります。
一旦、背を向けて、逃げ出してしまったら、そこでゲームオーバー。

最先端を追いかけるつもりはありませんが、
それでも、完全に取り残されれば、
いつか、新しい世界の扉を開けなくなります。

 

古き良き時代を懐かしむ気持ちは、私にもあります。
しかし、かつて、電話や手紙やパスポートが開いてくれた、
ドキドキ、ワクワクへの扉を、
今、開いてくれるのはテクノロジーなのだとしたら、
 

やっぱり、いつまでも、せいぜい鍵のありかくらいは、
見つけられる自分でいたいなと。
 

そんな風に思いながら、今日もPCに向かうのです。

15662604 - man crouched in a box holding one of his feet

 - Life, My History

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「変化」を恐れずに生きる

10代の頃は、10代のうちに死にたいと思っていました。 10代が一番美しい。 穢 …

「会いたい」というエネルギー

卒業式で「じゃ、またね」と別れて、 それきり一度も会っていない友達、何人くらいい …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …

バンド仲間の悪口は言わない

もう何十年も前のこと。   大好きなメンバーと、かなり楽しくやっていた …

ちゃんと仕事しろっ!

NYに住みはじめて、 寮の自分の部屋に電話を引き込むため、 電話会社に出向いたと …

多感なこどもたちにジョークは通用しない

小学生の音楽の授業のときの話です。 「ではこの曲を、誰かに歌ってもらいましょう。 …

逃した「チャンス」は本物の「チャンス」なんかじゃない。

「チャンスが来たのに、生かせなかった」と感じたことはありますか?   …

「初めて」が「自分の基準」になる!

オーディションなどの審査をするとき、 最初に出てきたパフォーマーが、まずは採点の …

撤退は失敗ではない!〜ポジティブに「リセットボタン」を押せ。〜

「継続か?撤退か?」   ビジネスで大切なのは「はじめる時期」よりも「 …