大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

   

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった?
パイロット〜?それとも、プロ野球選手〜?」
先日、通りがかったスポーツ施設の前で、
小学生のこどもが体育の先生とおぼしき人に、
熱く質問していました。
そういえば、小学校の卒業文集の『将来の夢』の欄には、
プロ野球選手、宇宙飛行士、電車の運転手、パイロットなどなど、
男の子たちが夢見る、さまざまな職業が書かれていたっけ。

小学生は、やがて中学生になり、高校生になり・・・

そんな夢は、いったい、いつの間に忘れ去られ、
あきらめられていくのか。
何を根拠に、「昔は○○になりたいと思っていたんですけど、
それは無理だってわかってるんで」などと、言い切るようになるのか。

 

「大学って、夢をあきらめるためにくるところなんだって、
先輩が言っていました。」

少し前、大学の学生が、こんなことを言っていました。

 

一所懸命勉強して、練習して、
世の中というものを学んで・・・

学びとは、夢を叶えるため、夢に少しでも近づくためにあるはずなのに、

 

自分と夢との間に境界線を描く、

気の遠くなるような距離感をカラダに刻みつける、

そして、夢に「無理」「不可能」とタグ付けをする・・・

 

そんな学びのために、人生の一番素敵な時間を費やすなんて、

なにか間違っていると思えてなりません。
「もっと現実的で安全な仕事につくべきだ」というけれど、

世の中がめくるめくように移り変わっている、こんな時代。
「現実的で安全な仕事」ということばの方が、
よほど、非現実的に聞こえるのは私だけでしょうか?

 

純粋であると言うことが、一番強力なパワーです。

知恵や知識は、もちろん大切な財産ですが、

心を惑わすだけの余計な情報なら、シャットダウンする勇気も必要です。

 

いくつになっても、夢に近づいていくための学習に、
時間を、エネルギーを、集中して使っていきたいものです。

31782680 - happy kid playing with toy wooden airplane against autumn sky background. retro toned

【Day-to-day】
マジカルトレーニングラボ(株)のHP、とても素敵にリニューアルしていただきました!
可能性が思いきり広がる、ワクワクのHPです。
http://magicaltraininglab.com

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「やった感」はいつだって、ちょっと痛い。

みなさん、明けましておめでとうございます! 2017年がはじまりました。 みなさ …

小さな選択の連続がやがて大きく流れを変える。

人生にはいわゆるターニングポイントというのがあります。 それがいつ訪れるのかはわ …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

地球の裏側まで、掘って掘って掘りまくる。

「チャンスをつかむこと」や「物事が好転すること」をたとえて、 「扉が開く」と言う …

「で?いくら稼ぎたいの?」

「で?MISUMIさんは、いくら稼ぎたいの?」 不躾に、こんな質問をされたことが …

憎っくき「容姿端麗組」に負けない方法

認めたくはないですが、 こんなこと書くのもちょっぴり悔しいですが、 ハッキリ言っ …

「○○っぽくないね。」と言われたときこそ、チャンス。

ハードなロックシンガーを目指しているのに、 「癒やし系だね」などと言われたら、 …

発信することは、ライブ・パフォーマンス。

「毎日、すごい勢いでブログをあげてるね」 最近、そんな風にいわれます。 しばらく …

「欠落」はことばではなく、行動で埋める

歌うこと、話すこと、書くことを通じて、日々、ことばと向き合っていると、 ことばの …

ロックへの反逆

「お前なんかロックじゃねぇよ。オレは認めね〜ぜ。」 少し前のこと。 ロック的なサ …