大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「○○っぽくないね。」と言われたときこそ、チャンス。

   

ハードなロックシンガーを目指しているのに、
「癒やし系だね」などと言われたら、
もちろん、あまり嬉しくはないでしょう。
 

一方で、萌え系アニメの声優さんを目差している人が
「ロックぽい、ドスのきいた声だね」
などと言われれば、悩んで眠れなくなってしまうかもしれません。
 

ポップスを歌いたいのに、「本格派だね」と言われたり、
ハイトーンヴォーカルを目指しているのに、
「君は低音の方が魅力的だね」などと言われたり・・・
 

人は言いたいように言いますから、

いちいち傷ついたり、

「それならやっぱり癒やし系歌った方がいいのかしらん?」
などと、ぶれていたのでは、もちろんどこにも行かれません。
 

世の中の人はなんでも、
ステレオタイプに当てはめようとするものです。

理由は、「その方が自分にとってわかりやすいから」。

 

ユニクロには庶民的な商品が並んでいて欲しいものですし、

ヴィトンだから、目の玉飛び出るようなバッグもありがたく感じる。

たいがいの人は、ラベルやタグを見て、商品の価値を判断しているのです。

 

 

しかしです。

 

「メタルを歌うのは、長髪でごつい、ハイトーンヴォイスの男性」
というステレオタイプに捕らわれていたのでは、

今や世界で注目の的になっている、
BabyMetalは生まれなかったでしょう。

 

もちろん、奇をてらうことがいいことだと言うつもりはありません。

どんな世界にも王道や正統派はありますし、
なんでもかんでも、人と違う事をやればいいということではない。

大切なのは、
 
1.既成概念に捕らわれないこと。

2.他人の尺度や価値観に振り回されないこと。

3.自分のやりたいことを、ただ、極めること。
「○○っぽくないね。」と言われたときこそ、チャンス。

 

自分を信じることでしか、前には進めないのです。

39462188 - beautiful little girl in white dress with her guitar

 - プロへの突破口, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

15分間の名声(15 minutes of fame)

「誰もが知っている有名人」は、 自分が有名であるという認識こそ、もちろんあるけれ …

いわゆる「事務所」ってなにしてくれるの?

ミュージシャン志望の若者たちと話していると、 「事務所」ということばが頻繁に登場 …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

18才のように夢見て、38才のように考察し、28才のように行動する。

18才のとき、夢は無限大でした。 自分自身にも、自分の可能性にも、未来にも、なん …

「やってみたい」「できたらいいな」を叶える7つのステップ

やってみたいことはありますか? できたらいいな、と思っていることは? ギターを弾 …

鍵盤楽器を買おう!

ボーカリストで、楽器をほとんど弾けないという人は多いと思います。 楽器が弾けない …

プロへの突破口『「最初の仕事」をゲットするために』

メジャーデビューのような、大きな話でなくてもいい。 とりあえず、業界で仕事をして …

ウサギとカメはどっちがすごい?

私の生涯の夢のひとつに、 「徒競走で旗の下に座りたい」というのがあります。 笑え …

「今に見ていろこのヤロー」

フリーターで、アマチュアで、 仕事もお金も彼氏もなくて、 地を這うどころか、 地 …

「与えるチカラ」と「欲しがるチカラ」のパワーバランス

音楽は人に感動やエネルギーを与えるもの。   音楽家であれば、誰もが多 …